Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

もうひとつの「天下り」

政治 - エキサイトニュース
「。。。任期満了に伴う香川県知事選は29日投票、即日開票の結果、無所属新人の元東京税関長浜田恵造氏(58)が、無所属の元県議渡辺智子氏(56)と共産党の党県委員長松原昭夫氏(54)の2新人を破り、初当選した。。。」

縮退する経済や社会は未経験の世界です。地方に予算をばらまき、美術館など施設や道路などインフラ整備をほどこし続け、その構造変革が急がれている現在に、まだ中央官庁経験者を首長につける循環がかわっていないようです。

何故、彼らを首長にするのか

答えはすごく単純です。要は、予算を確保する仕組みやそのつながりを地元が期待するわけです。
しかし、それでいいのでしょうか?
大体地方にばらまく予算的余裕や準備がまだあるのでしょうか?
高度経済成長にすべてを犠牲にして創った空港や首都高速道路は破綻寸前ではないのでしょうか。
むしろ日本全体を俯瞰すれば、首都機能の無駄や機能低下を回避し、縮退する少子高齢化社会にむけた準備をしないとたまりません。ずばりいえば、地方は衰退するはずです。自民党のバラまき施策は終わったのです。人口が少なく経済発展が期待されないところに美術館や温水プールや高速道路の工事は劣後するのです。その現実をしるべきです。

首長を中央官庁の天下りの器にしては、自己改善機能がなくなり、予算依存態勢から脱却しないと、地方は不満ばかりたまってしまい疲弊してしまう。
そんな予感を感じます
[PR]
by gentas | 2010-08-30 06:52 | Urban Design