人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ラジオ体操

さびしい話題ですが最近は脛が痛みます。ジョークではなく、終日座りっぱなしが多くなってしまったようです。そのため、数名で部屋を独占していることをいいことに、いらなくなったmp3プレイヤーを持ち込み、図書館でCDを借りてきて変換し、なるべく毎朝始業前に
ラジオ体操をしています。

同室の方々には好評で、みなさん運動不足を気にしているので、数分で終わる体操で自分のカラダの不調をチェックしています。
a0020434_193022.jpg

さて、通勤する道沿いに某消防署があります。朝はだいたいサイレンを鳴らし、動くかどうかチェックしています。そして体操を毎日しています。たいへん御苦労なことです。
でも、
よくよく考えるずいぶんと無駄なことをしているのではないでしょうか?

緊急車両の整備は毎日する必要があるのでしょうか?(かつてそうゆう必要があった時期があったのかもしれませんが、他の運送会社も定期的に実施しているだけではないでしょうか)。毎日やることで不備率が下がることを検証しているのでしょうか?(まさか効果をチェックしないでやっているわけではないと思いますが。。。)。体操は基本的には各個人の調整ですから勤務時間にすることなのでしょうか?(勤務時間にやる根拠はあるのでしょうか?)
a0020434_1933041.jpg


きっと、多くの方や関係者は、「毎日のことかもしれないが、高々10数分のことではないか。細かいことを言うな」ということでしょう。

しかし、体操10分+チェック20分とすると、

30分×20人×365=219,000分=3,650時間  1,000円/時間としても、20人の消防署だけで
年間365万円のロスです。※1人あたり約18万円払いすぎ

※手元の資料では、国内に消防署職員は17万人いるようです。
すると(あくまで机上の試算ですが)
年間306億円のムダといえそうです。

事業仕訳には話題にはなりませんが、このように普段の習慣を見直すだけでも、必要のない作業や支出が確認でき、結果として多くの節税になるのではないでしょうか?
by gentas | 2010-05-11 19:03 | Research