Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鼓門

大阪の帰りに、せっかくなので開業する前の金沢に寄ろう、と予定を変更して寄ってみました。

JR金沢駅を降りると、いきなり真新しい駅舎と、駅前の超高層ホテルが目に入ってきました。予想どおりANAとJALの新しいホテルです。「こんな雰囲気だったっけ?」と思い出しながら駅をでようとすると、
鼓門が立ちふさがります。

体調悪い家人を、新幹線が開業したら連れてこようと、いろいろ考えてきた私としては、このような大きな存在感強い金沢を想定していませんでしたので驚きました。

東京銀座に新しくできた石川県物産館も、なんだかどこにでもあるような内容がきらびやかな装丁で、妙に高めの価格設定になっている気がしている私としては、「わざわざ金沢に行かなくてもいいかな。。。」と悩むことになりそうです。

実際、主計町片町に行って女将さんたちに聞くと、駅前に進出する店もでているが、そんなに客が駅前に停留するのか、そんな来街者が増えるのか、と躊躇しているようです。「金沢の人は見栄っ張りだから」という意見も聞きました。
a0020434_081358.jpg

[PR]
by gentas | 2015-02-08 23:52 | Town Walking

歌舞伎

正直にいえば、いままで歌舞伎に行ったのは数えるほどですし、なんともなじみのない世界と思っているだけに興味はもっています。たぶん、歌舞伎より人形浄瑠璃(文楽)のほうが回数いっているし、画面の大きさ、謡いへの重要さの違いなどから好きなほうだと思います。

しかし、なにげなく読んだこの1冊を読んで、久しぶりに歌舞伎に行こうと思いました。考えてみれば普通の家庭の我が家では、新しくなった歌舞伎座にはいっていませんし、家人とどれに行こうかと相談しています

ビジネスマンへの歌舞伎案内 (NHK出版新書 446)

成毛 眞 / NHK出版



どうやら2月歌舞伎は幸四郎さんが出るようです
[PR]
by gentas | 2015-02-08 23:43 | Book Worm

隈研吾さん

某日、隈さんの設計した吉祥寺某所での勉強会ありますから来て下さい、と若い建築家に誘われました。
建築設計に携わっていれば建築家、と勘違いしているようなので、正直にいえばあまり関わりたくないのです。

しかし、これからを担う若者の誘いなのでたぶん行くだろうなあ。

老兵は死なず、ただ後身に従うのみ、なんて気分でしょうか

※ただの飲み会だろうけど、勉強会なのでしょうから内容を用意しないとね。
[PR]
by gentas | 2015-02-08 23:37 | Urban Design

明治大学

2/5どうやら
明治大学の入試がはじまったようで、明大前はたいへんな人波です。たいへん大きな大学なので、学部や入学方法の違い、高校などの入試も続くのでしょう。

明大前に近いオフィスのひとつでは、昼食をどうするか、でこの時期は毎年悩むのだそうです。

そういえば、学内の喫茶店で2月は休みが多いから注意して下さいね、と言われたなあ。
[PR]
by gentas | 2015-02-08 23:31 | News

会社法改正

有限監査法人トーマツによる
コーポレイトガバナンスコードの基本的考え方緊急セミナー
に参加させていただきました。

日頃の不勉強を明かすようで情けないことですが、ご説明いただいたことは予想外なことばかりでした;

1.張り詰めた会場と出席者
内容からいえば、トーマツが運営するものは啓蒙的なものはなく当然実務につながるものですが、今回は正に「嵐の前の静けさ」を感じる、張り詰めた会場でした。ハンドアウトは一部を除き用意されていましたが、聞き入っていた方が多かったようです。年齢は若い世代から中高年まで広かったようです。

2.会社法改正が早い
3.コーポレイトガバナンスコード適用が早い

パブリックコメントが年末で1月末には「適用は6月からです」と説明されて唸るばかりです。
※たぶん、担当業務からいえば直接影響は少ないはずですが、会社としては対応がたいへんなはずです。
4.会社総務部の方々はたいへん
上場企業に限るのでしょうが、東証での適用が6月となると3月決算に関連する書類、株主総会関連の諸書類には修正が必要になりそうです。説明を聞いた後日、親しい某社の方に「今回は、次回からやるからさあ、などと最低限の注記を書けばいいんじゃないの?」などと聞いたところ、「そんな対応はしないはず。監査役設置のはじめ、書き直しするはず」という真摯な回答いただきました。
うーん、恐れていたけどやはりそうですか。。。

従って、アベノミクス失速、ドルをはじめとする為替変動、原油急落などの大きな経済や企業活動を支える環境変化をにらみつつ、膨大な数の株主あるいは金融機関など、つまりステークホルダーへの対応をはっきりと明確に方針決定し、それを明かにしないといけないため、
今回の3月決算はたいへんな作業がありそうです。。。。。ああ

※有限監査法人トーマツ様、参加させていただきありがとうございます。以降もよろしくご指導下さいませ
参考にリンクさせていただきます
http://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/strategy/articles/cg/corporate-governance_code.html
[PR]
by gentas | 2015-02-08 16:38 | Internal Audit