Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

建築家隈研吾

いまや「飛ぶ鳥を落とす勢い」あるいは「総まるどり」ともいうべき建築家
隈研吾さん

何度か授業や講演会やらで、昔から存じあげていますが私の能力では、何故今隈研吾なのか?を説明するのは困難です。
しかし
英語は達者であり、妙な様式論やスタイル・志向はよくいえば柔軟、悪く言えば頻繁に変わる設計論は絶妙で、黒川紀章さん他メトボリズムグループ(これもいわくつきの方々ですが別の機会に)がいなくなった現在では比較するような方がいないのは事実です。

個人的には、1991年のM2ができたとき「何じゃこりゃ!」とたまげたことを覚えています。バブルの象徴ではないか、とあまり建築物としての価値を評価せず外部デザインだけで拒絶したのを覚えています。
a0020434_249881.jpg


さて

そんな素晴らしい隈さんですが、「吉祥寺ハモニカ横丁の居酒屋を設計し工事忠だから見にいかない?」と若き建築家と老獪な大先輩にお誘い受け行ってきました。

若い「建築バカ」とでもいうべき、エネルギッシュな若き建築家はいろいろな情報を教えてくれます。フムフム。なんだって?設計料込みで○○円??そりゃ作品集には載せられないだろう。。。
大手ゼネコンの設計本部長、元大編集者、元大ファンド責任者、歯医者さん?などと一緒に卓を並べても臆することなくいろいろなことを語りかけてきます。多くは同窓らしいですがそれにしてもたくましい!

ウーーム。しばらく「ハモニカ通い」が続きそうな予感はしますね。。。。。
[PR]
by gentas | 2014-08-27 02:56 | Town Walking

カメラマン村角創一

何年か前に畏怖すべき知人と話していて、「いろんな話を聞くけど、結局
何がしたいの?」
と指摘されました。

そういえば、ガッコウを出るとき何になろうとしていたんだっけ?
はるか昔を思い出すとカメラマンになろうかと漠然と思っていました。。。。そんな話は以前のしていたのですが、先日の神宮花火大会で偶然にも
本モノに会うことができました

カレラマンだと紹介された村角さんの穏やかなまなざしとするどい視線は、正にプロのものです(実際少し年上なので当たり前ですが)
素晴らしいサイトもありました
http://murazumi.exblog.jp/
担当された写真にはこのようなものがあるようです

アメリカの名作住宅に暮らす

田中 厚子 / 建築資料研究社



「ANAの機内誌『翼の王国』の表紙なども以前撮影されている」と連れてこられた方が説明していたとおり、静謐な雰囲気は素晴らしい。こういうプロの成果を見ると、ああやっぱりカメラマンを選んでもなれなかっただろうな、と得心しました。
ちっとも自慢できないあやふやな生活をしている私ですが、すすむべき道の選択を少なくともひとつを消したことは正しかったような気がします(現在が正しいとは思えませんが。。。)

ps村角さんの.高校の同級生という、共通の知り合いがいるのを聞いて驚きました。世間は狭いものですね
a0020434_21453456.jpg

[PR]
by gentas | 2014-08-27 02:35 | Recommendation

ラ・ボエーム

ラ・ボエーム LA BOHEME - DVD決定盤オペラ名作鑑賞シリーズ 3 (DVD2枚付きケース入り) プッチーニ作曲

永竹 由幸(ながたけ よしゆき) / 世界文化社


いやあ、本物はちがうね。やっぱり高い席には意味がある
畏敬する知人がかような俗人発言をしているので、オペラを見始めています。ただし、ごくごく庶民である私はDVDで見るだけですが。。。

ひとつ気づいたのは歌劇場とは何かが少しわかってきたようなことでしょうか
[PR]
by gentas | 2014-08-20 05:45 | Recommendation

PMS審査員研修

8/18、何気なく「そういえば
プライバシーマークのISO審査員研修
教育訓練給付金制度で受けてみようかいな。。。」などと悠長なことを思いつき、該当の講習を実施しているスクールを見ると、なんと!運営講習は4つになっていました。

教育訓練給付金制度もすでに以前のように過半補助ではなく、20%補助になっていますが講習自体がこれほど減少しているとは思わなかったなあ(※不正申請や不正講習があった、ことを理由に削減されたようです。

審査員はすでに技術士やコンサルタントあるいは企業の技術担当部長クラス経験者を中心に
1,200名以上の有資格者がいらっしゃるようで、高い講習受講しても仕事がイキわたっていないらしい、とは聞いていますが、急激な講習減少は将来の審査員不足問題や能力問題が起きそうな気がします。。。。

いずれにせよ、今夏の用事のひとつは検討する前になくなったようです
[PR]
by gentas | 2014-08-18 21:52 | Internal Audit
再びベネッセの話ですが、総務省が緊急セミナーを開催するらしい、と某所で知りました。
8/15終戦記念日の落ち着いた日のはずです。午後になって事務所に帰り、時間があえば参加しようかな、などと悠長なことを思いながらアクセスしてみると、250名定員にセミナーは1時間ちょっとの間に満員御礼となっていました。本当か?マスコミとか官公庁の方が参加するのでしょうか??

タイトルは
企業の内部不正防止緊急セミナー
経済産業省 独立行政法人情報処理推進機構 共催
1.日時
 2014年8月26日(火) 13時30分~16時30分
2.場所
 経済産業省 本館 地下講堂
3.プログラム
 13:40~14:10 内部不正の現状について ~国内外の内部不正の動向より~
   講師:IPA セキュリティセンター 情報セキュリティ分析ラボラトリー長 小松 文子
 14:10~15:10 内部不正の実例と対策 ~内部不正防止ガイドラインより有効な対策を探る~
   講師:IPA セキュリティセンター 情報セキュリティ分析ラボラトリー 研究員 益子 るみ子
 15:20~15:50 防止技術紹介~JNSA内部不正対策ソリューションガイドより~
   講師:NPO 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) 小川 博久氏
 15:50~16:30 個人情報保護ガイドラインの紹介
   講師:経済産業省 商務情報政策局 情報経済課
4.定員
 250名(先着順 定員に達し次第、申し込み受付を終了させていただきますので、ご了承ください)
5.対象者
 主に下記の方を対象とします。 
  経営層、マネージメント層の方 部門内などのセキュリティ管理を担当される方 等
6.参加費用
 無料
7.申し込み方法
 下記、IPAの申し込み専用サイトよりお申し込みください
  URL: http://www.ipa.go.jp/security/event/2014/insider_semi_20140826.html


13:00から公表して15:30には満員になったようです。。。。

併せて、しばらく改定されていなかったガイドラインの改定も予定されているようです。

個人情報管理徹底へ指針見直しへ 経産省が9月にも
2014年8月15日(金)13:37
 茂木敏充経済産業相は15日の閣議後会見で、9月をめどに個人情報保護法の指針を見直す方針を明らかにした。ベネッセコーポレーションの顧客情報が大量に流出した事件を受けた措置で、企業に対して情報管理の徹底などを求める。

 見直しでは、個人情報の管理を外部に委託する際の監督強化などを求める。経産省は、所管する独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)が作る内部不正防止に関する指針も9月に見直す方針。

 また、企業による個人情報保護の強化を周知徹底するため経団連など5団体に対して要請文を来週に送るほか、今月26日に内部不正の防止に関する緊急セミナーをIPAと共同で開く。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/communications/snk20140815528.html

このガイドラインは、関係省庁のお手本となっている中核ですので、個人情報管理について緩和されるかと予想していたのですが、たぶん具体的な条件が制定され従って緩和ではなくよりストリクトになりそうです
[PR]
by gentas | 2014-08-16 15:10 | Internal Audit

丹下健三を語る

先日の「浅田孝を語る」の影響を受けたせいではありませんが、「丹下健三を語る」を偶然読みました。

丹下健三を語る: 初期から1970年代までの軌跡

槇 文彦 / 鹿島出版会



丹下シューレといえる弟子や教え子、丹下研・丹下事務所(URTEC)の方々の思い出話が中心です。最近の歴史家や設計士の方も名を連ねていますが、特にコメントもなく(まあ、ないでしょうけど)、若い読者に対して親近感を伝えるために名前を追記しているのか、と推察します。

ところで、丹下シューレの重要人物の一人、磯崎新さんが
架空座談会を書いていて、実に面白い!!先生である岸田先生などは現代の建築学徒や設計士の方々にはもはや名前ぐらいの存在でしょうが、先日の浅田孝さんも登場し、大所高所の議論好きとバッサリ表現されても、蛙の面になんとやら、いっこうに気にせず爽快ですらあり、一読に値します。

座談会中?に引用された
浅田さんの卒業論文「日本国民建築様式」(1943)
丹下さんの卒業論文「ミケランジェロ公頁」(1939)
は一度読んでみたいですね

それしても、先週から少し”建築小僧”になっていることに気づきました。

PS.本書の執筆者に阿久井喜孝先生の名前を発見し、これまた過去の思い出がよみがえりました。何がきっかけだったか忘れましたが、新建築誌の紹介だったかでお会いしたとき、AACHENにいくとお伝えしたら、軍艦島の資料を預かったような気がします。そういえば帰国してから連絡していなかった失礼を今頃思い出してしまいました。先生、たいへん失礼しました。ネットがない時代に写真などを託されたことを重要さを今頃になって気づきます
[PR]
by gentas | 2014-08-16 14:03 | Urban Design

景観法10年

もうひとつ、日本都市計画家協会でのシンポジウムのお知らせです。こちらはまだ時間あります。。。

■(NPO)日本都市計画家協会連続セミナー 第12シリーズ
『景観法10年のあゆみとデザイン・レビューの可能性』-景観計画の実効性を問う-                                
まず景観法10年の到達点と課題を総括し、デザイン・レビューを質の高い都市空間づくりに活かしていく方法や課題を通じて、実効性のある景観計画のあり方を考えたいと思います。

第1回:わが国の景観行政の到達点と課題
講師:西村幸夫氏(東京大学教授)
日時:2014年9月25日(木) 19:00-21:00
日本の景観行政を支えてきた第一人者の講師が、日本の景観行政の歩みを踏まえながら、景観法10年の歩みを振り返り、その到達点と課題を解き明かします。その上で、今なぜデザイン・レビューが必要であるのかを解説します。

第2回:景観計画の実効性を高めるためのデザイン・レビューの可能性
講師:坂井文氏(北海道大学准教授)&小出和郎氏(都市環境研究所代表)
日時:2014年10月10日(金) 19:00-21:00
英国CABEをいち早く日本に紹介した講師が、CABE成立の背景から活動の実態・課題について、具体的な開発計画の事例をもとに解説し、日本の景観行政が参考にすべきポイントを論じます。

第3回:わが国におけるデザイン・レビューの実践
講師:国吉直行氏(横浜市立大学特別契約教授)
日時:2014年10月16日(木) 19:00-21:00
日本においてもデザイン・レビューの試みは行われています。具体的な都市デザインの現場でデザイン・レビュー的手法やデザイン調整に携わっている講師が、景観法を活用したデザイン・レビューの可能性とともに、その実践に向けた技術や課題、景観法運用の課題について解説します。

受 講 料:事前振り込み:5000(正会員4,000)円、
     当日支払:6000円(正会員5,000)円
     ※全3回分
場 所:3回とも日本都市計画家協会事務局会議室にて
定  員:30名(※先着順とさせていただきます。)
詳細&申し込み
http://bit.ly/1ovUu6y


西村先生をはじめ、どなたのお話も魅力的です。国吉先生、このあいだお会いしたときには言っていなかったけど、たぶんまだ時間あるからなんでしょうね。実践的なお話は実は聴くほうが注意していないとその価値がわからないときがあるんですよね。。。。。。。
[PR]
by gentas | 2014-08-16 00:04 | Urban Design
都市計画関連のお知らせです
小泉先生からのお知らせは大体直前なので悪しからず。関心ある方に念のため。。。。

-----------------
東京2030:再生にむけたコミュニティ・デザインワークショップ開催 

■名称  東京2030: 再生にむけたコミュニティ・デザイン
■日時  2014年8月18日(月)、19日(火)(両日とも10:00-20:00)
■場所  ホール丸の内3×3Labo 東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル 3F
■参加料 無 料■参加大学
東京大学(都市工学、経済学、情報学環(吉見研)、社会学(祐成研)など)/首都大学東京(川原晋研)/明治大学(山本俊哉・鈴木俊治研究室)/東京理科大学(伊藤香織研)/東京芸術大学(椎原晶子/文化複合施設HAGISOサマースクール)/慶応義塾大学(中島直人研)ほか

■発表内容(詳細は別紙参照のこと)
8月18日:午前事例1:郊再生のまちづくり、午後事例2:歴史文化とコミュニティ再生、事例3社会的包摂、事例4農と都市再生、事例5東京都心の再生
8月19日:午前事例6ものづくりまちづくり、午後最終プレゼン(18:00-20:00)
■本件に関するお問い合わせ先
後藤智香子(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 特任助教)
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 03-5841-6256 chikako@cd.t.u-tokyo.ac.jp

首都圏の学生が集い、東京の未来について提言
「東京2030:再生にむけたコミュニティ・デザイン」

■当日参加者及び発表内容

* 東京大学GCL GDWS参加学生(都市工学、経済学、情報学環、社会学など)
・都心部における空き家・歴史的資源活用・木密・リノベーション・コミュニティプレイス(谷中、後楽園コーポラティブ、向島、丸の内、日本橋)
・現代の貧困(例:山谷ふるさとの会など)
・都市菜園(例:藤沢「農スクール」)
・ものづくりとコミュニティ(例:Fab Labなど)
* 首都大学東京 川原晋先生+学生
・ 大田クリエイティブタウン研究 オープンファクトリーのねらい、
・ 鶴岡 山王商店街の活動舞台と仕組みづくり、まちづくり市民事業 ストリートマネジャー
・ 都市祝祭空間 と 景観整備、コントロールへのアプローチ
*明治大学 山本俊哉先生+鈴木俊治先生+学生
・神楽坂
*東大都市工国際WS 都市デザイン研究室M1 渋谷
・築地
*理科大 伊藤香織先生+学生
・郊外まちづくりについて
*東大/東京芸大 吉見先生WS
・上野地域の文化的資源
*文化複合施設HAGISO+椎原さん+東京芸大
・谷中地域への提案WS

■ 当日スケジュール詳細(予定)

<8月18日>10:00-10:15  趣旨説明
10:15-10:30 自己紹介、アイスブレーキング
10:30-11:30 発表準備等作業
11:30-12:30 事例紹介1 郊外再生のまちづくり
       昼食
13:30-15:00  事例紹介2 歴史文化とコミュニティ再生
15:30-17:00 事例紹介3 社会的包摂と東京再生
17:30-18:30 事例紹介4 農と都市再生
19:00-21:00 事例紹介5 東京都心の再生/懇親

<8月19日>10:00-10:30 前日の議論のまとめと振り返り
10:30-13:00 事例紹介6 ものづくりとまちづくり
       昼食
14:00-18:00 最終プレゼン準備
18:00-20:00 最終プレゼン+今後にむけたアクション+フェアウエル


私?仕事が終わったら駆けつけみよう、かな。。。。
[PR]
by gentas | 2014-08-15 23:51 | Urban Design

雇用保険被保険者証

「番号なんばんですか?」

え?そんなの個人で持っているんでしたっけ。。。。。。

いろいろな社会保険関連の番号にまみれた日々を送っていますが、自分のことはよくわかっていない、お粗末なことがわかりました。。。

気をつけましょう!
[PR]
by gentas | 2014-08-14 23:33 | Town Walking

ガイドライン

ベネッセの情報漏洩事件はジワジワと仕事にも影響し、原因はAndroidのO/Sなのか?持ち込めるようにした人災なのか?ブルートウースではないのか?セキュリティソフトのアップデーションやパッチもれか?他にも「穴」が開いていないのか?などと内部統制、内部管理の方々は日常業務の傍ら、これから実施すべき課題を想定しさぞや気をもんでいることでしょう。。。

8/14、なにげなく昼食をとっていたら、おいてあった読売新聞の記事に目が止まりました:
「個人情報の管理部署にカメラ…保護指針見直しへ  2014年08月14日 14時04分
 経済産業省は、個人情報の保護に関するガイドライン(指針)を見直す方針を固めた。
 ベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件を受けて、企業に個人情報の厳格な管理を求めることにした。
 具体的には、顧客などの個人情報を一括管理する部署にカメラを設置することを求める方針だ。企業が名簿を売買する業者など、第三者から個人情報を入手する場合は、適正な方法で取得されたかどうかの確認を求めることも検討している。
 7月に発覚したベネッセの流出事件では、同社のグループ会社に派遣されていたシステムエンジニア(不正競争防止法違反で起訴)が、顧客データベースの管理を担当していた。個人情報の管理を外部に委託する企業には、委託先の業務を監督するため、社内の体制を強化することも求める考えだ。経営者に対しても、個人情報の管理が社内で適切に行われているかどうかチェックすることを求める。一方で、企業が個人情報の管理を外部委託した場合、委託を受けた会社がさらに別の会社へ「再委託」することは容認する方向だ。」

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140813-OYT1T50168.html

しばらく改定されていなかった、経済産業省のガイドラインが改定されるらしいです。
[PR]
by gentas | 2014-08-14 23:31 | News