Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

斉藤祐子さん

「君の名前だけはよく目撃したり聞くんだけど、最近何してんの」

斉藤さんに久しぶりにお会いしたら、いきなり厳しくも鋭い質問を受けました。

斉藤祐子さん、といえば、数々の名セリフを思い出します。
ボーナスでたでしょ、ってご馳走になるつもりでU研に来た人がいてびっくりしたわ。ボーナスあるわけないじゃない」とはアトリエ時代に聞いた話ですが、あまり思い出ばかりを整理してもボケそうなのでやめておきましょう。

さて

そんな活動的でステキな斉藤さんが
神楽坂建築塾で「住まいからまちへ」というタイトルの
トークショーを開催するそうです。
関心ある方は参加下さい。
斉藤さんは、6月23日(土)15:00~16:30 神楽坂建築塾
a0020434_13134297.jpg


ところで、斉藤さんといえば吉阪隆正研究書です。タイトルは多少肩ひじ張っているように思われますが、内容は施主の内面にも入った、実に愛にあふれた作品を通した方法論の解釈であり、整理された内容だと思います。おすすめです。

吉阪隆正の方法 浦邸1956

斉藤 祐子住まいの図書館出版局


PS.偶然にも私も「浦邸」にお邪魔したことがあります。実に温かく迎えていただき、いかに住むのがたいへんなのか、しかしいかにこの家が素晴らしいか、を滔々と説明され、こんな素晴らしい施主がいるのだろうか、と感動したものです。
[PR]
by gentas | 2012-06-11 13:16 | News

吉阪隆正蔵書公開

有名な蘭学者である
箕作阮甫(みつくりげんぽ)を祖に持つ吉阪隆正先生所蔵の書籍の一部が公開されています。

公開場所は建築会館の喫茶アゴラの一画です。既報のとおり、7月9日を持ってアゴラは閉室され、以降は書籍販売コーナーになる予定です。
a0020434_1252065.jpg

常に書籍に囲まれていた先生故に、その蔵書もまた膨大です。U研の方に伺うと雑誌類は相当部分は処分され、保存状態の良いもののうちから抜粋し展示しているそうです。従って、いわゆる稀覯本はなく、専門書類が中心ですがお人柄が垣間見えるような展示です。

そういえば、亡くなられた後形見分けと言われて数冊の本をいただきました。ほとんどの方は建築関係の本に関心あったようなので、私は「それ以外」を観ていて、結局は先生の家庭教師だったらしい
大内兵衛先生から贈呈された簡装本を、確かジュニア(大竹ジュニア)から数冊いただきました。

理性ある人びと 力ある言葉―大内兵衛グループの思想と行動

ローラ・E. ハイン / 岩波書店




大内兵衛先生を知ってみると、吉阪隆正という人格ができた要素のひとつがこの素晴らしい知識人大学人であるような気がしました。そのせいか、本郷にいくときは経済学部図書館の中でいかめしい顔で睨んでいる先生の写真をなるべく見上げ、感慨にふけるようにしています。
[PR]
by gentas | 2012-06-11 12:58 | Book Worm

SDカード

なにげなく年少期より立ち寄る都内某所で店内表示を見ていると、

SDカード 16GB(class10)900円
と書いてありましたので、そそくさと購入しました。

明るいレンズのコンパクトデジカメは大活躍していますが、最近動画も撮ってしまうのでこれはいい!と判断しました。

しかし

どんどん安くなりますね
[PR]
by gentas | 2012-06-07 12:50 | Electronics