Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大西隆先生

1/17 午後11:00頃のTBSラジオDIGに大西隆先生が出演されていました。

番組は
「阪神大震災から17年。東日本大震災復興にその教訓は生かされているのか?」
と、マスコミサイド(批判的態度?)からの課題の再整理、といったところが目的のようでした。
a0020434_17552599.jpg
復興住宅を中心に活動されてきた神戸大学塩崎賢明先生が電話が阪神大震災の教訓を生かした、特に復興住宅(仮設住宅)になっていないのではないか、とコメントされていましたが、かなり批判的に聞こえたような気がします。

一方

復興構想会議の一員として参加し、学会や東大サイドでのとりまとめ役でもあった東京大学大西隆先生は、阪神大震災だけでなく、中越地震などでの対応を踏まえ住宅計画においても一定の改善がなされていること、計画だけでなくコミュニティなどの形成などにも一部では工夫されていること、阪神大震災と違い、対象地域は広域で状況も様々であることなどを細かくていねいに説明していたような印象でした。相変わらず、言葉を選びつつも正確に表現されたように思いました。

。。。。ごく限られた時間ではありましたが、ラジオパーソナリティも取材をしてきた崎山記者を含めポイントを的確に表現した印象です。※念のためfacebookでもお知らせしました

私は、TVを見たり、現地へ行ったりして、例えば長野栄村などの仮設住宅での雪囲いの設置など、一定程度の個別対応がすすみ、災害救助法の運用もずいぶん進歩しているなあ、と思いました。
a0020434_17404041.jpg

。。。そんなことをしていたら、PCで作業していたファイルがブレーカが落ちたせいで一瞬に消えてしまったようです!みなさん、ながら作業はやめましょうね。小まめなsaveが重要です
[PR]
by gentas | 2012-01-18 17:48 | Urban Design

17年

阪神大震災から17年目の朝を迎えました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120117-00000121-yom-soci

a0020434_1814530.jpg
前日深夜には、民放で
神戸再開発ビルの苦境
を放映していていました。読むべき資料を持ってホテルに泊まっていた私は、いつの間にか再開発が実施され、整然としたビルはできたけど客足はもどらず、シャッター街化する店舗と、市のすすめに応じて大きな借金をして保留床を購入したが、売り上げは予想より大幅に減少した店主と「開発は成功したのです」と胸をはる行政責任者の対峙から目をそむけることができず、気がついたら空が白々と朝を迎えていました。。。。。
a0020434_1814304.jpg

(シャッターばかりが目立つ。1Fだけは賃貸の問い合わせあるが、他は購入の打診皆無)
双方の気持ちや立場は痛いほどよくわかります。番組では比較的穏やかな対応でしたが、機敏な対応を行い復興計画をすすめてきた市の努力は十分評価すべきだと擁護できます。そのため、悪者をみつけるわけではなく、「なんとか解決できないものか?」と一人考え込んでしまいました

さて

TV報道によれば、地元では、震災が発生した午前5時46分に黙祷がささげられ、たくさんの方が参集されていました。リアルタイムに、哀しくもある種美しくも見える映像が写っていました。

津波災害が、話題の中心となった広域複合災害の「東日本大震災」と異なり、阪神大震災は、
限定地域での都市型災害
であるためでしょうか。
最終的には阪神での死者6,402名:行方不明者数は3名に対し、東日本では死者15,841名:行方不明者3,493名です(警察庁調12/9現在)

当時、私が住んでいた吹田市千里山で、翌18日にゴルフバッグを下げて歩いているサラリーマンやテニスにでかける女子大生をみかけ、大変驚いていたのを覚えています。

「彼我の差はなんだろう、本当にあの地震はすぐ近くで起こっていることなのか?」

すぐ近くでは大規模火災が発生し多数の命が失われているのに、あの人たちは何をしているのだろう?と。

この教訓を活かし継承していかなくてはいけない、のが我々残された人間の課題だと深く思いました
[PR]
by gentas | 2012-01-17 09:37 | News

センター試験

この数年は、突然の大雪や交通渋滞が、何故かセンター試験の日におこっている印象がありますが、1月14、15日はセンター試験が実施されています。

国公立以外にも、私立大学や専門学校、高校などを会場にして実施されている、今や国家的な事業となっているようです。

個人的には、あたかも高水準な学習能力判定を効率的に実施することを目的とするのはわかるとしても、重畳的ではないかな、と思っています。
グローバル化がすすむ、といいながら横並びの、しかも1回だけの試験結果が重要なのか。
ましてや、大学機関での個性を埋没させ、縦並びの試験結果で妙なコンプレックスを持ったりしないのだろうか、と少し危惧します。
※実際、試験結果を納得できず浪人している親戚もいるんです。

所詮、試験ではないか?と思うのは私だけでしょうか。

いずれにせよ、十分な準備をした人にもまんじりとしたまま受験する人もいるでしょう。
受験生の皆さん、全力を出し切り、後悔だけはしないようにがんばって下さい。
a0020434_1804860.jpg

※でも、個人的には大学図書館が使えず、少し困っていますが
[PR]
by gentas | 2012-01-15 10:30 | Town Walking