Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

復興開発方針

7月28日は、7月内に決定される予定の復興基本方針がようやく政府から発表されました。偶然にも、復興構想会議のメンバーである大西先生がその経緯や説明をしてくださると聞いたので、建築学会の会合と重なっていたのですが学会を諦め、本郷にいきました。

説明は簡潔でポイントをするごく分析していました。残念ながら聴衆はいまひとつの反応でした。卑俗的な、あるいは個人的な理解ばかりをくりかえし、問題点をするどく指摘する、という方は皆無でだったように思いました。やっぱりいくつになっても良くも悪くも学生だなあ、という感じでしょうか。
http://www.mlit.go.jp/common/000162066.pdf

会合後、不動産鑑定士の方と話したら同じような意見でした。

すなわち

1.復興=高台移転とは区画整理事業の域を超えないのではないか
2.マストラ計画(高規格道やJR)との進捗が肝要だが不明
3.移転避難者のうち、どれくらいが定住するか、あるいは計画人口をどう設定するのかの根拠はどのような設定方法で行うのか
4.被災総額1~20兆円の規模設定をどうするか(官民の割合がごちゃまぜ)
5.(阪神淡路で厳しい査定だったが)焼け太り批判があるのではないか
6.20兆円超といわれるファイナンスに対し、2兆円義援金との関係は?不明
※6については奥尻島での「被災太り」(建て替えに対して義援金が高額だったので無償で改築できた)などの批判あった

決して、償却しきった建物を無償で建て替えできたとしても復興は大変なので、このような表現をするのは厳しすぎるとの批判はわかっていますが、純粋に手法を議論する場合には国や自治体から当然に事後あるであろうこのような指摘について疑問を持ち、議論してもいいだろうと思います

※参考: 【復興構想7原則】(1)「いのち」への追悼と鎮魂こそ、生き残った者の復興の起点
(2)地域主体の復興が基本。国は支える
(3)東北の潜在力を生かし、技術革新を伴う復旧・復興を目指す
(4)地域の絆を守り、災害に強いまちづくり、自然エネルギー活用型地域の建設を追求
(5)復興と日本再生の同時進行を目指す
(6)原発事故の早期収束を求めつつ、原発被災地への支援と復興に配慮
(7)国民全体の連帯と分かち合いで復興を推進
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/
[PR]
by gentas | 2011-07-30 17:19 | Urban Design

街人のひろば

7月29日は、浦安市で
液状化の現状と対策をメインテーマに、専門家有志による勉強会が開催されます。

先日、浦安市の松崎市長に液状化の対策や再現可能性について伺ったとき、「もう液状化はおきない」という認識をされていて少し驚きました。自然の摂理に対して、1回起きたらもうしばらく起きない、という暗黙知はないでしょう。従って、市は恒常的対策は行う、次回起きた時への一時的対策はしない、という認識だそうです。

※前回、専門家ではないですが、自宅が被災した芝浦工大中野先生が迅速に調べ、その結果地盤改良工事を施し、近隣に対してもアドバイスを示した認識とは大きく異なります。
すなわち、「地盤改良対策によっては、次回再び液状化が起きた時は、自宅を建て替えるしかなくなる」という危惧や姿勢はないようです。

また、都市計画制限によって良好な宅地として発達・整備してきた地域を「しょうがないから集合住宅にしたらどうか」との発言もありましたが、内容の詳細については不明ですが、発言だけからは納得しにくい対応だと思いました。

従って、今日はそのような点についても議論をしたいと思います。

※ところで、勉強会では某氏が乗り込んで単なる飲み会になることがある。そのせいであまり参加したくない、と前回隣に座ったoさんに何気無く前回語りました。すると「ごめんなさいね。彼に声かけたのは私なの。何人かの人からも言われているんです、私から言わなくちゃ」と返答ありました。
謝ってもらうことではないので少し恐縮しました。でも「時間のムダなので彼が来るなら参加しない」とはその日に決めた、私のルールですが
a0020434_174685.jpg

[PR]
by gentas | 2011-07-30 11:52 | Research

東京未来シナリオ2035

7月26日は森記念財団主催の
東京未来シナリオ2035が開催されます。

自民党政権で辣腕をふるった竹中平蔵さんの記念講演を始め、
東京の現在と4つの未来シナリオ
を議論される模様です。

※なお、事前に参加者には自分の考えるシナリオを伝えるのですが、私は「(日本は)長期に亘って低迷」という選択を予想しました。

少しおもしろいなあ、と思ったのは、ロバートフェルドマンさんなどの金融専門家ではなく、永らくシンクタンクで都市計画の専門家として活躍されたであろう市川宏雄明治大学教授なども参加されていることです。
a0020434_1525345.jpg
どうやら人気シンポジウムらしく、すでに参加できないようなのでustreamでも配信されるようです。お忙しい方はそちらでご覧いただけるようです
http://www.mori-m-foundation.or.jp/seminar/strategy/20110726/notice.shtml
[PR]
by gentas | 2011-07-25 23:31 | Urban Design

神楽坂祭り

7月23日は、神楽坂祭りがありました。

地域振興策というよりイベントとして定着し、発展した行者として毎年非常な盛況です。
あの急勾配の坂の沿道にぎっしりと座り込み、が始まるのを今かと来街者が集まっていました。
残念なことに、事務局の誘導案内を聞いていると、掏摸や置き引きが発生しており注意するようにとのことでした。あの混雑ではモノを落としても発見できないでしょうね。
a0020434_1423913.jpg

同日は、日本橋図書館で中央区日本橋祭りもあり、いよいよ日本の夏、そして秋に向かっているんですね。

PS.しかし、当たり前のようにあった花火については異変が起きています。取りやめになったり、延期になったり、規模を小さくしたり。理屈でいえば、むしろ改編せずに集客に役立ってほしいですね
[PR]
by gentas | 2011-07-24 21:52 | Town Walking
7月22日
日本計画行政学会東日本大震災報告会(ミニシンポ)が本郷でありました。

ちょうど東日本大震災の復興基本方針骨子が21日(昨日)、に政府から公表されたタイミングに対応したものです(最終方針は7月末までにまとまるはずです)

プレゼンターの一人である大西先生は復興構想会議のメンバーのお一人だったので、構想会議の意見がどのように基本方針に盛られたか、あるいはなぜか削除されたか、などが重要なテーマでした。
もう一人のプレゼンターはコンサルタントとして、また大学教員として復興活動に参加されており、こちらは「結局どのような開発規模になるのか」、例えば造成費用をいくらと見込んでいるか、などといった具体的な報告が垣間見えました。

実務的な、復興に向けた多くの報告は今月中に公開されるようです
[PR]
by gentas | 2011-07-22 17:43 | Urban Design

祭り

7月16、17日に東北では、青森ねぶた祭り、秋田竿灯祭り、山形花笠祭り、盛岡さんさ踊り、仙台七夕まつり、福島わらじ祭りなど東北を象徴するともいえる祭りの競演
東北六魂祭りが仙台でありました。

どれも見たことがない私はたいへん興味があったのですが、残念ながらこの日は仙台にお邪魔することはできませんでした。
開催は東北6市が実行委員会を組織し、5万人/日を想定して実施したようですが、うれしい悲鳴というのでしょうか、どうやら人が集まり過ぎて開催できなかったパレードもあったようです。

しかし

かかる非常時に合同して大きなイベントをした姿勢と実行力はたいへん素晴らしいと思います(※どこかの政府の日々流される、呆れるような政争とは同じ国の出来事とは思えませんね

さて

場所はかわって、中野では
中野チャンプルーフェスタ2011
が同日実施されました。
a0020434_15574351.jpg

フェスタは今までに東京商店街グランプリ(イベント事業部門)、東京都広報コンクール映像部門などいろいろな賞を受賞している、大きなそして有名な地域イベントです。
a0020434_1558142.jpg


今回は、東北六魂祭りの逆で、常陸太田市久自楽舞、いわき市じゃんがら念仏踊りなどの方々が集まり、17グループのエイサー””とは別に参加されました。
好天にも恵まれ非常に盛大なイベントになりました。
[PR]
by gentas | 2011-07-21 15:58 | Town Walking

天才

日本銀行におられた翁邦雄さんの編著書が出版されました。

金融業と人口オーナス経済 (トラスト60研究叢書)

日本評論社



昨晩、TVだったかラジオだったかを聞いていたら、ある男性歌手の方が
天才っていうのはその才能を発揮すれば食べていける奴のこと言うんだ」と発言しているのに気づきました。
例えば、陽水とかユーミンとか拓郎がそううなんだよ」。非常に世代的に共感を得る、妙にスルドイような、冷静に考えると庶民的というか卑俗的というか、わかりやすい解釈をしていました。

自分を振り返ると、なるほど食べていける”道具”を持っているか、と問われると甚だ心細いですね。
つまり、彼に言わせると明らかに天才ではありません(当たり前、か。。)

しかし

天才という言葉はもう少し慎重に使っても良さそうです。
残念ながらお会いしたこともないので、日銀出身者から伝え聞くところしかありませんが、翁先生は間違いなく、その天才のお一人のようです。
[PR]
by gentas | 2011-07-19 15:26 | Book Worm

閑話休題:清澄庭園

今回の台風は久しぶりのストライクだよ」、と地球物理出身の知人から先週は連絡あり、憂鬱な週末でした。

えい! 
と掛け声かけ、周りの邪気?を振り払うようにして、資料探しに
深川図書館に行ってきました。
a0020434_15165024.jpg

ここは別所で「探している古い住宅地図があるはず」と示唆受け、往訪する必要があったのです。一見すると、

昭和モダンな外見ですがRC造に建替えられており、ゆったりしたレイアウトですが節電実施され、蒸せるような暑さでした。

予定していた資料はありました(予想していた関連資料はまったくありませんでしたが)ので、図書館を包むようにある
清澄庭園に寄りました。
a0020434_15171154.jpg

江戸時代から残る庭園式公園とでもいう公園は、藩主屋敷が多いのですが、この庭園は紀伊国屋文左衛門屋敷跡と言われているようです。巨万の富を築いた持ち主ですが、その後所有者は転々としたようです。岩崎弥太郎が回遊式林泉庭園とし、震災後東京都に寄贈したようです。

現在この地域は運河沿いの倉庫地区であり、急激に住宅地やオフィス地区に変貌を遂げているようですがぜひ残ってもらいたい公園の一つです。
※写真は図書館側から撮ったものです。
[PR]
by gentas | 2011-07-19 15:18 | Town Walking

閑話休題:世界遺産

 「乗り鉄」気味の私は、年初より東北をあちらこちら移動しています。そして、3月11日発生した東日本大震災を受け、震災復興の一助になれば、と何度か現地入りしています。
a0020434_17465658.jpg
主として、大学や学会の研究チームと、このときばかりは「都市計画の専門家」(過去の遺物かもしれませんが)と看板を替えてお手伝いをしています。仮設住宅、被災実態調査、復興計画などへ展開できていれば幸いと思っています。

被災地には、予断を許さない未経験のそして厳しい現実があります。
そして、その周辺には早々と復興に向け歩みを始めた「被災者間格差」が歴然とあります。芸能人が立ち寄り、お笑い芸人やスターが立ち寄る一時避難所にデジカメを持って着飾って集まる明るい人と、寝たきりで単なる騒音にしか聞こえない疲れきった人もいます。
※TVの画像などでもよく見ると、避難所でモノに溢れた一画と何もなく寝たきりの区画の存在がわかりますね

遠く離れた関東圏でも被災した人がいます。実際、実母が一人住む私の実家も屋根瓦が大きく崩れ、いまだに業者が対応しておらず、外見上は東北にいかずとも似たような光景です。

しかし、そんな中
平泉が世界遺産に認定され、新聞紙上で大きく光明であると取り上げました。

平泉? 私にとっては、中学生の頃に行ったようなボヤーとした記憶があるだけです。いいものに気づかない、おやつだけが楽しみ?なできの悪い中学生だったのでしょうね。

平泉いいなあ。私も行きたいなあ」足の悪い家人がいつも話題にしていますので、
7月3日盛岡の帰りに寄ることにしました。
※車で近くまでいけるのであれば、家人を連れて来なくては、と多少旅行ガイドになったつもりで下見気分です。

JR一関駅から平泉駅はすぐの距離でした。そしてJR平泉駅からは徒歩でも行けますが、なんといっても旅行ガイド役です。周辺も見ていかなくてはいけないので自転車をレンタル。
さて、中尊寺下に自転車を止めて歩き出すと、結構な坂です。金色堂までざっと歩いてあたりも歩き回りました。※私としては金色堂より、有名な芭蕉句
五月雨や降り残してや光堂』碑の方が感動的でした。
そして「あ、こりゃムリだなあ」。足の悪い家人を連れてくるのは不可能と判断し写真をパチリ。高感度カメラは暗くても撮影できます。a0020434_14104743.jpg

帰りは、特に買う予定も無かったのですが、新幹線駅内をぶらつきました。そして土産物屋さんの片隅にあった「ホヤ」をみつけ、喜んで購入し自分へのご褒美にしました。

被災地には、想定外の問題がありました。しかし、帰路にはいろいろな楽しい発見もあり、そして〆としてホヤを購入することができ、ありがたくいただき、実に東北をかみ締めたような満ち足りた気分になりました。
a0020434_1418452.jpg
[PR]
by gentas | 2011-07-14 14:18 | Town Walking

統合へ

6月29日
SAAJ(日本システム監査人協会)主催のセミナーに参加しました。
http://www.saaj.or.jp/

テーマは企業統合におけるシステム監査でした。某金融機関でのいくつかの企業統合におけるシステム監査での留意点、という非常に貴重なセミナーかと思います。事務局は、実際に「今日は普段のセミナーと違いなんだか盛況です」と驚いていたようです。

a0020434_1941812.jpg同社監査部に所属する講師の方は、肩肘はらず実に自然に説明されていました。内容は実に包括的であり、検査と内部監査とシステム監査が渾然一体としていましたが、要所要所「そうだろうなあ」と合点いくところあり参考になりました。

でも

システムダウンの時は、最初の頃は適当にデータ作ってやってましたが、今はできませんね」と、笑いを誘うつもりの過去のエピソード発言には少しびっくりしました。具体的に何のシステムかもわかりませんでしたので評価はできませんが、素直に聞けば身の縮む作業ですね

(※すぐに
東電福島第一原子力発電所での『放水して冷却』のTV報道を連想しました。一次冷却水すら回っていない状態を外部から放水とは!あの時はいったい放射能はどうなったんだ、と思いましたね。。。。)
[PR]
by gentas | 2011-07-06 19:35 | Internal Audit