Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

6月27日は、取締役会・総会あり役員・監査役交代があった他はなく、ではと腰を起こし外部セミナーを覗きび行きました。

ちょうどこの日は有限責任監査法人トーマツ主催の
経営者のためのITガバナンスの実務セミナーがありましたので、有楽町電気ビルまで行ってみました。
a0020434_191308.jpg

出席者の属性から事前に準備されていたようですが、内容的には高密で有益な情報発信が有効に計られていたようでした。ちょうど同社で出版された本が素材ですが、内容はほとんどがシステム監査人としての経験的英知の結晶でした。すなわち、
レジメには書けないがあんなときこうだった、とか真相はこうだった、というモノです。

多くの方は、従ってマジメにメモをとっていたようです。

あれ?ひとりうなずいてばかりいる人がいるけど誰だろう。漫談でも聴きにきているつもりかな?

なんと!彼はかつての上司・同僚ではありませんか。もう引退する年令のような気がしますが、まだ現場にいるのかな?。。。。。。

経営者のためのITガバナンスの実務

小池 聖一・パウロ / 中央経済社


[PR]
by gentas | 2011-06-28 14:19 | Urban Design

日本計画行政学会

6月21日日本計画行政学会の東日本大震災について講演会があったようです。

昔、入会していたのですか。それじゃ、今度、先生は会長になりますから再度入会し、会議に参加すべきですよ」と研究員のKさんにささやかれたのですが、

身体はひとつ、気力は半分なので別の会議に参加しました。なお、その会議は予想外に組織運営という側面でたいへん興味深く参考になりました。

Mさんから当日の資料を転送いただきましたが、なかなか予想通りの展開にならず、え?どうしてこんなことを言うの、という内容も一部あったことを知りました。

Mさん、PPさんの資料ありがとうございました。あと、半年ですか?よろしくお願いします!
[PR]
by gentas | 2011-06-24 13:18 | Urban Design

システム監査

6月26日
情報処理推進機構(IPA)主催の特別情報処理技術者試験があり、その中には合格率8%らしい
システム監査技術者試験もあります。

震災で受験が延期され、今回特例試験として受験される方も、繰り延べた方も多いと思います。
暑い時期です。受験者の方、がんばって下さい
[PR]
by gentas | 2011-06-23 16:32 | Certification

ISACA総会

6月といえば、多くの上場会社の株主総会が集中します。そして、学会などの新年度に入ったため、年度総会もまた集中しているようです。多くの決算報告や株主行使書の案内に混じって、総会の案内も多く送られてきます。

6月21日ISACA東京支部総会がありました。ちょうど近くで内部事務に関する監査があったので立ち寄ることにしました。
目的は金融庁検査局幹部による本年度の検査方針などの確認です。M銀行の史上類を見ない長期に亘るシステム障害、◎ONYやセ△の大規模な個人情報漏洩・流出などがあったばかりであり、監督官庁である金融庁も大きくその舵を取り直すだろうがどのようなサインをだすのか、ということが関心事でした。

しかし

実際はまったく逆でした。すなわち、
・ISACA東京支部の決算・事業報告が詳細かつ的確、進行はスムーズで関心した
 ※会員が急増し激減中というサプライズもあった
・金融庁の基調講演のレジメは、ISACA25周年(2009年)とほぼ同じ!で、またシステムの専門家に対しずいぶん感覚的な説明が多かった、という印象で少し失望した


やっぱり会合などは予見をもたずに参加すべきだなあ、と再確認することができました
[PR]
by gentas | 2011-06-22 13:32 | Internal Audit

CRISC

ご無沙汰しているISACAのホームページをしげしげと眺めていたら、
CRISCGrandfatheringが延期された、とありました。

ちょうどいい機会なので、内容を検討してブックしたいと思います。
また、膨大な記録や推薦が英語文で必要なんでしょうね。。。少し気が重くなります
http://www.businesswire.com/news/home/20100404005024/ja/
[PR]
by gentas | 2011-06-20 16:32 | Internal Audit

東日本大震災

6月18日日本都市計画家協会の総会にあわせ、東日本大震災復興シンポジウムがあります。

残念ながら出席できないのですが
Ustreamで配信されるようです。
ICTが実に有効なツールになりますね
[PR]
by gentas | 2011-06-18 17:52 | Urban Design

ファミレス

今更ながら感じるのは、日々を生活する上での単位が核家族であるということです。

独身世帯は「おひとり様」とまるで上げ祀るように言われ、消費財にとって格好のマーケティング対象として扱われているようですが、”日本”という国を運営することでの功罪を評価すると問題ばかりのように思えてきました。。。

さて、私自身にとっては近くに住む義父母、離れて独居する実母や親族とのコミュニーケーションは、季節や行事毎の集まりが中心であり、日常的な強いつながりはありません。多少のグチや評判を話題にすることはあっても、細腕繁盛記(例が古いですね)にあるような嫁姑の確執や、家族間の衝突はほとんどありません。※だから家族ドラマが若い世代の恋愛や生と死など、時間の切片に偏って、
まるで中抜けに見えるのかもしれませんね。

そのため、たまに集まるときは、自然と会食となり、家庭料理が少ない(準備したくない、評価されたくないためか)中ではどうしても外食となります。そのため、しばしばファミリーレストラン(ファミレス)に行くことになります。一方、独居実母には弁当を持参することになります。

そこでの料理は、すべてがプロによって、誰が食べてもおいしいように工夫された、標準的に用意された料理だ、と評価しています。

一方、子供の頃に家族親族と囲んだ料理はどうだったんだろう?と自問自答します。

料理下手を自認する実母が作った”賄い風”の料理は、今思うと実に素朴なものでした。多分、「またなの?」と愚痴りながら食べたのでしょう。※このような思い出があると、いまや外食時によく聞く「秘伝の味、秘伝のタレ」という響きが微笑ましく聞こえてしまいます。そんなに秘伝があるのでしょうかねえ。

 *  *  *

さて、珍しく、近くに住む義父母から昼食を誘われ、結局は近くの華屋與兵衛で食事をしながら、家人が「ここの釜飯がおいしいのよ」という説明を受け、確かにおいしい食事をしました。しみじみとファミレスの便利さを享受することと同時に、「ああ、あの時の味は醤油が濃かったなあ」などという記憶はおこらず、その時々の思い出の座標を失いつつあるなあ、という少し寂しい気がしてきました。。。。
a0020434_1628542.jpg

※でも、どの場合でも外食でコーヒーがまずいのは困ります。最後にいただいたものはちょっと寂しいものでした。さっさと食事を終えろ、というサインかな?と思ったくらいです。私の最近のお気に入りはSUBWAYのコーヒーぐらいです。
[PR]
by gentas | 2011-06-11 16:30 | Recommendation

LAC

数年前、某セミナーでセキュリティ調査会社という存在を知りました。※高度経済成長期に子供だった世代はなんとなく「007」を彷彿とする秘密めいた、幻惑的な言葉に聞こえます。
a0020434_13261596.jpg


多くは個人的な社であり、高名なコンサルなどが中心で、組織的な信頼はあるのかな?、とやや懐疑的な印象を受けました。数社は欧米文化らしいデータ解析などのメソドロジーが基本であり、特殊な装置やケーブルを自信たっぷりに提示していました。
また、ある社のプレゼンテーションではブローシャーの開示すら、「米国本社の了解がないから配布できない」という説明で、では何のためにプレゼンテーションするの?と聞いたくらいにアヤフヤでした。

最近は、相撲協会の八百長サギなどでよくこれらの調査会社がTV画面にも登場して少し驚きました。また、経済産業省やJIPDEC、JISAなどの説明にもだんだんとプレゼンテーションしているようです。

最近ではLAC社がよくインタビューに登場してくるように思います。同社は単にツールを提供するばかりでなく、啓蒙活動や解析にも明快な回答をしているように思えます。また、JIPDEC主催の情報セキュリティシンポジウムなどでもLAC社をはじめとする専門家が講義をしています。
http://www.lac.co.jp/
※なお、私は同社とは何にも関わりありませんのであくまで一般的な話題です、念のため。

いきなりセキュリティ調査を求める時代に突入したようです。
[PR]
by gentas | 2011-06-09 07:45 | Internal Audit

6月2日

6月2日
約1億人分の個人情報漏洩事件
ではないか、と予想されたSONYの事件について、同社HPでひっそりと収束した旨が公表されました。

オンラインサービスの復旧です※1億人分とは史上最大の流出と思われます。なお、同社発表の内容を読むと、クレジットカードのHush化やパスワードの暗号化などが実施されており、すぐに身に覚えない実損が発生するとは思えません。また、公表が遅かった、との指摘をする方もいるようですが、発生から約1ケ月で収束させたことはむしろ予想以上の短期間で収束できたと思います。

経済産業省は5月27日に、個人情報保護法22条に定める「委託先への監督不十分」としての行政指導を行っています。また、各種報道によれば、10億ドルの損害賠償請求・集団訴訟(カナダ)などがあり、残念ですが、日本を代表する
SONYブランドの毀損は否めません。

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201106/11-0602/
[PR]
by gentas | 2011-06-08 18:23 | Internal Audit

最新刊:ITガバナンス

6月27日、ITガバナンスの本を出版して説明会をする、と監査法人トーマツの方に紹介されたので参加する予定です。

振り返ると、3月の東日本大震災から、実に様々な
いろいろな危機
に直面しました;

・いつ起きてもおかしくない巨大地震
・目に見えない放射能の広がり
・水、電気、ガスなど当たり前だった社会インフラの断絶
・部品調達停止による広範囲な生産停滞
・経済停滞によるインフレや素材高騰
・義援金サギなど天災に関係ないペテンの横行
・(地デジ移行による)見えなくなるTV
・(IPアドレス枯渇による)IPv6移行によるグローバルアドレス不能?

などなど、実に様々な変化や被害が顕在化しました。

a0020434_19284733.jpgよって、経営者にとってもリスクへの取り組み姿勢は大きく変化したようですね。
同種の書籍は実に多く出版されていますが、監査法人としての専門的立場での最新刊は多いに関心あります。そのため専門家の視点をお聴きしに行ってみます。
[PR]
by gentas | 2011-06-07 19:28 | Internal Audit