Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

陸前高田へ

『2日からまた行くからね。今度は君の番だよ』

阪神淡路大震災からなにかと関わり、最近は確かに
仮設市街地住宅研究会に参加していますが、会の濱田仁三郎御大からご指名を受けました。
a0020434_1202738.jpg


年初、初めてきたはずの東北各地(気仙沼、松島、陸前高田など)を訪れたときから、なんともいえない既視感を感じ、再び来そうな予感はありましたが、
まさか震災復興で行くことになるとは!
[PR]
by gentas | 2011-04-26 18:29 | Urban Design

明治大学

今夕は明治大学でシンポジウムです。そろそろ移動します。
[PR]
by gentas | 2011-04-25 17:01 | Urban Design

八百長

リンク: 八百長力士にも実力は必要 「弱いから八百長するのでない」 - 速報:@niftyニュース.

幼いころ、当時はやっていたプロレスや野球にふれる機会なく、今でもスポーツはあまり身近な存在ではありません。むしろ、夜のラジオ番組で野球ばかり始るので、私にとって春からは
嫌いなスポーツシーズンでもあります※野球好きな人を嫌うことはないですが、ラジオやTVがスポーツだらけというのがさびしいのです。夜寝るときニュースを見ようとするとスポーツの総集編をやっていますがこれも実に残念です。

プロレスは嫌い
でした。特に、今は亡き父親が大好きだったので反面教師というか反発したいたようです。真剣に暴力?をふるうのがなぜ興奮するのか?当時はまったくわからなかったのです。

しかし、数年前
WWF(World Wrestling Entertainment)
http://wwe.co.jp/
を偶然TVで見てからすぐに好きになりました。
a0020434_16102499.jpg

高度な技術と体力に裏付けられ、素晴らしい脚本に沿ったエンターテインメントであり、見る者をぐいぐいと引き寄せます。

まともな学歴も資格もなかった父親が、仕事でがまんしてきた鬱憤を、プロレスラーがあたかも真剣に戦う姿で帳消しにするのは、今となってはよく理解できます。きっと父親が生きていたら「昨日の試合すごかったねえ」と追従することができたことでしょう。

相撲協会はマスコミ報道などでの指摘を受けると、なんどとなく「八百長はない」と反論します。しかし、純粋な勝負ばかりでしょうか?むしろニュースにあるように技術と体力に裏付けられ、一般人にはわからない技をだすことが真のスポーツなのではないでしょうか?

全力ばかりでやっていては何年もその地位にいられたとは思えません。満身創痍で引退は怪我か重篤な障害となってしまうのではないでしょうか。
むしろ協会は「ずっと昔からやっていましたよ。当たり前じゃないの」と反論してもよかったのではないでしょうか?

※当然、神技国技という側面は保つことが前提ですが、多くのファンは「八百長しているって?当たり前じゃないの」と思っているはずです
[PR]
by gentas | 2011-04-24 16:05 | News

内部監査推進全国大会

久しぶりに、本当に久しぶりに日本内部監査協会のサイトを見ると、今年の
第45回内部監査推進全国大会
の予定がアップされていました。

9月26,27日だそうです。
[PR]
by gentas | 2011-04-22 19:05 | Internal Audit

さくら(桜)

ラジオを聞いていたら、なんでも最近のヒットソングは
桜の歌ばかり
なんだそうです。

日本人の持つ季節観が、桜に込められているのか、季節の節目・卒業/入学シーズンで需要があるのか、古い歌に対する反発なのか、はたまたマーケティングによる分析の結果なのか知りませんが、ざっと数えても。。私は知りませんがたくさんなんだそうです。

そんなに日本人は桜好きなんでしょうか?

答えはイエスでしょう

でも私は葉さくらが好きになってきました。

いつ満開なのか?いつ花見ができるのか、と思いながら見ていて、パッと春の嵐で散った後。
みんなが忘れた頃、散った蕾や花弁のあとが
気がつくと眩しいばかりの新緑
というのが好きなんですね。

夜桜も好きです。これも同じように喧騒を後に優雅に咲いているのがいいのでしょうね
(写真はJR中野駅前の夜桜)
a0020434_18581394.jpg

[PR]
by gentas | 2011-04-22 18:56 | Town Walking

Try Wimax

PocketWiFi、Wimaxを駆使する知人に時間をとってもらい、3G・公衆無線LAN・スマートフォンなどについて教授してもらいました。

結論は、「wifiは時代遅れ。使うのならスマートフォンのデザリングだあ!」というものでした。。。

私の理解は、とりあえず、Try Wimaxしてみよう!
a0020434_18424250.gif

wifiがどうやら消えゆく技術なのでは?公衆無線LANはかなりSecurityが緩く、期待することは厳しいことがわかりました。

15日間無料で利用できるようです。機能は高くても実際の電波がよろしくない、ことはよく経験することですから、だめだったらwifiか公衆無線LANに逆もどりですね

PS.借りてきました。あっさり契約?できたので連休前半はCHECKします
[PR]
by gentas | 2011-04-20 00:36 | Recommendation

Facebook

4月17日facebook始めてから1週間たちました

「ほら、何かを交換していくのなんていうんだっけ?」もの忘れが始まった私が家人に聴きました。
「(質問はよくわからないけど、きっと貴方のことだから)
"わらしべ長者"のこと?」

わらしべ長者―日本民話選 (岩波少年文庫)

木下 順二 / 岩波書店


それそれ!
a0020434_131380.jpg


SNSをいくつかやってわかったのは、若者のつまらない主張や思いつきが大半だという事実ですが、
Facebook始めて1週間でできたことは、
知人たちとのネットワーク再構築でした。
※旧知の仲、久しぶりに見つけた知人、知人の知人とのつながりや発掘などなど

先日の某学会のイベントなども、「明日の会合いくよ」「私も行きますよ」 
おお、どうです、この即時性。

会議などの事前打ち合わせ、問題提起や専門家の発掘、話題提供などなど、言葉だ適当なのかわかりませんがかなり実用性高いツールですね。

。。。しばらくmixiは留守気味になりそうです(Facebookの井戸端・即時性に比較すると、
mixiは”別荘”のような感じかもしれません)
[PR]
by gentas | 2011-04-17 23:46 | Recommendation

クールビズ

「よかったわね。今年は5月からクールビズと決まったらしいわよ

4月15日、帰宅すると家人に言われました。

メーカーを中心とする大企業が夏休みの連休を長期化し、一方年間休みは変えないと記事にありました。IFRSで休日買取が始まるのか、という話題もありましたので即応かと思いましたが、どうやら工場点検やエネルギーの計画的削減を視野に入れた施策の一環のようです。

さすがですね!!

※なお、家人の主張については今日現在未確認ですが、サマータイムを含めリアルな話題であり、信ぴょう性大です
[PR]
by gentas | 2011-04-16 23:07 | Town Walking

復興構想会議

4月14日、復興構想会議が開催されました。

しかし

・原発問題を除外する
・6月までに取りまとめをだす
・経済専門家がいない
・政治主導(官僚を除外)
・国際的連携は?


など発足から議論噴出してしまいました。

五百旗頭真議長には大きな期待がありますが、だれも経験したことのない(ご本人からは「阪神大震災は今回に比べたら子供みたいなもの」と本音というか失言というかがありました)取りまとめを行うのにやや心配もあります。

それに震災は多発しており、長野・千葉・茨城でも震災被害がありますがこれらの意見はどうなるのでしょうか?※液状化は甚大な被害ですが保障などから除外されています。一部の局所的被害を想定した災害救助法による仮設住宅は同時多発震災のとき機能しません。この見直しこそが喫緊の課題にも思えますが。。。。(ここいらへんは法律を読んだ私の思いつきです)
(写真は話題の”浜岡原発”)
a0020434_22534891.jpg


※少なくとも、エコタウンはどうなのでしょう?批判してきた自民党と同じく、副議長に任命された安藤忠雄さんがいることが象徴するように、まさか10万人規模といわれる
ハコものづくりをゴールにするのでしょうか?
為政者は常にピラミッドをつくりたがるといいますが、まさか市民運動家の菅さんが同じことをやるのでしょうか?
(写真は”大連エコタウン”)
a0020434_22563712.jpg

※※TVをじっと見ていましたが大西先生が見当たりませんでした。やっぱりメンバーが多すぎるのでしょうか?官僚排除って周囲にいたたくさんの人たちは政治家ばかりなのでしょうか?。。。。
[PR]
by gentas | 2011-04-16 11:45 | Urban Design

吉里吉里国

吉里吉里人 (上巻) (新潮文庫)

井上 ひさし / 新潮社



ついこの間まで、私のような知識のない首都圏での現代社会では、ひょっとすると労働力、農業製品や電力供給基地としても東北ぐらいしか意識はなかったかもしれません。

恥ずかしい話ですが、子供の教科書を読ませてもらい、膨大な文化資産がある東北を認識したのはこの10年くらいもだったかもしれません。冷静に考えれば、農耕民族としての日本人にとっては、広く国土に分散しているのに、サラリーマン中心の管理型社会に知らずに浸かっていた自分が、なんでもトウキョウを中心に考えていたことが実に恥ずかしく思ったものです。

十字軍遠征が多様な文化を醸成したように、地域での固有文化の発展以外にも蝦夷征伐などによって文化的融合や定着がすすんだのでしょう。

そのような自覚を持って、昨年東北をぐるっとまわってきました。
気仙沼、松島、釜石などの複雑な地形を利用したまちづくりが印象的でした。

しかし

それらの記憶はすべてリセットされてしまいました。

今、思うと吉里吉里国で井上ひさしさんが言いたかったのは、地域の独自文化がいかに素晴らしいか、だったと思います。出版されたときは政治的な理解や諧謔性などが喧伝されてしまいましたが、今回の地震を経験して読み返してみたい一冊です。
a0020434_22501720.jpg
a0020434_22504992.jpg

[PR]
by gentas | 2011-04-16 11:31 | Recommendation