Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

復興とは、サッカーだ?!

今回の震災は日本だけでなく、世界中に大きな衝撃を伝搬させてしまいました。

報道されている内容の傾向は、概ね次のような分類ができるかと思います;

1.日本の国民性は、比類ない秩序的なもの。冷静な行動には大いに関心した
2.一方、政治的な指導体制対応、行政対応は実にお粗末
3.tsunamiはたいへん大きな被害をもたらすものだ
4.原発はやはり危険なものであり、経営会社や行政の隠ぺい体質は変わっていない
5.(そして最後に)日本は経済大国であり、貿易上の相互依存関係は緩んでいるが大きな存在であり、かつ文化的な愛すべき国として復興を願っている


3月28日、年度末を迎える最終週の最初の平日であり、やはり
金融機関のATMや店舗前には長い行列ができました。※ごく最近、空前の数日にわたる振り込み不能事故を長期間発生してしまった某金融機関支店では
7:30出社が厳命されたようです。それくらい今日は大変な日でした。

さて、

的確なアドバイスをすることで定評ある双日のアナリスト吉崎達彦さんがわかりやすいレポートを今日書いていますので参考に紹介します。
http://www.sojitz-soken.com/jp/send/tameike/pdf/tame465.pdf

でも一番印象的なのは、3月22日にサッカー解説者セルジオ越後さんが発したと紹介している;
支援も大切だけど、サッカー精神が重要だと違う。倒れた奴がいれば、それを救うことが重要なことではなく、他のメンバーが活躍することだ。倒れても、倒れていない奴が動くことでゲームはすすむ」というメッセージでした。

※確かに、経済的にはすでに、短期的衝動的な買占めや物資支援で購買は高まっているものの、冷静に通年でみればGDPを1~5%%押し下げると予測されています。
幸いにして、まったく偶然に被災者とならなかった人達は、自宅再建や離職・倒産・廃業などの厳しい現実に向かっていく被災地の人達への義援金や応援・エールばかりでなく、それを補う行動こそが重要なのでしょう。

そして行動によって、被災地の方々を現実的に受け入れる労働環境(雇用創出)を生み出すができれば、これこそが外国で評価されている整然とした行動力の証になることでしょう。。。。。。
[PR]
by gentas | 2011-03-28 17:08 | Urban Design
3月22日、は連続三回実施される
まちづくり大学院セミナーの最終回です。

なお、震災の影響で第2日目は中止となりました。

明日22日も3連休後の初日などで緊急な停電あれば中止となる可能性は否定できません。
[PR]
by gentas | 2011-03-21 16:21 | Urban Design

計画停電

3月14日、東京電力による計画停電が宣言されました。

正に時代の趨勢です。同社はHPに記載した、といって各TV局がそれを行政区分を読み間違えながらも発表しました。しかし、実際は対象は二転三転し違っていました。トラフィックが急激に増えたためアクセスできないため、改正された内容ではなく最初の内容を発表したのです。

報道とは正確ば情報を流すためにあるのに、興奮して混乱した内容を発表し、しかも「計画停電する場合がある」のではなく、「計画的停電が行われる」と報道したのです。

企業に勤める者としては、粛々と従うのはいいですが派生して実施しなければならないことがあります。
例えば、顧客サービスの維持(代替策の実施あるいは広報)、データの完全性の確保(運用の停止)、緊急時の対応(非常用電源の確保、非常要員の待機)などなどです。

特にまっさきに思うのは非常用電源の確保です。

仕事では拠点毎に設置した設備の確認、燃料の確保など。一方、自宅では緊急時の熱源(コンロ)、電源(照明などのバッテリー)、水源(飲料水、その他生活用水)など多岐です。

さて、業務上の設備を確認してわかったことがあります;

1.スペックとの相違  すでに使用電流は大幅に増えており、持続可能な時間はかなり不足します
2.燃料不足  日常的なチェックは実施され、稼働には問題なさそうですが常時満タンではありません
3.追加燃料の確保 継続反復して使用することになりますので確保が大きな問題です
4.継続性に疑問 そもそも非常用電源が継続して使用できるのか確認はしていません。ガソリンなどの払底や交通の混乱でそもそも重油などの燃料が継続して入手できるのか多いに疑問です
5.窓口 そもそも継続使用する場合の窓口を決めていませんでした

対応は避けられないので文句を言っても始まりませんが、検証すべき点はたくさんありそうです
[PR]
by gentas | 2011-03-16 08:13 | News

東日本大震災

3月11日、地震が多く起こる三陸沖での
M9.0巨大地震を契機に、広い範囲で大震災が連続して起こりました。

現在のところ、東日本大震災あるいは東北関東大震災となっています。これは、阪神淡路大震災と同じですね。
従って、今後も被害範囲や地震の関連性、性質で変わる可能性があります。
※4/2どうやら東日本大震災になったようです。

きしくも石原慎太郎都知事が4戦出馬を発表した時刻と一緒だったように思います。


近所では津波は起こっていないようですが、高潮液状化被害があったようです。
つまり、高潮とは津波が防波堤や防潮堤を超えて海水によって浸水あったこと。液状化とは、埋立地特有の、時間をおいて水が噴出し地盤が大きく沈没あるいは破壊されたことです。

私の自宅は外見上壊れていないようですが詳細は未確認です。自宅外で水道管が一部破壊されたらしく、水圧が下がってほんの少し流れているので飲用とするのはしばらく注意が必要です(ゴミや汚水の混入があるかもしれません)

次回、近所のTDL/TDS周辺の状況についてレポートしたいと思います。

※TVで大きく被害を報道されたTDL/TDSですが、浦安市も一生懸命に復興しようとしています。しかし、被害地がなかった旧市街地と違い、”三番瀬”を埋めた埋立地である新市街地はそのことを再認識することになりました。また、同地域の古い戸建て住宅はほぼ全部が傾いたようです。ガス・電気・水道などインフラはほぼ使えなくなりましたが、翌日には表面上かなり整理され、主要水道管も修理されたようですが完全復旧には時間かかりそうです。

TDL/TDSも被害は深刻です。”夢の空間”であるはずの同施設が安全・安心ではないのはありえません。しばらく復旧には時間がかかりそうです。しかし、早く家族やカップルなどの来援者に溢れにぎやかな日々が戻ることを祈ります。卒業入学にあわせて来場を予定していた方々には残念ですがしばらく待っていて下さい
[PR]
by gentas | 2011-03-15 17:44 | News

地震とは

3月13日、震災によって予定がすべて変更となった休日、いろいろな情報交換や地震対応に負われました。

社会的大きな事件があればTVが重要な情報源になりますが、その度にアナウンナーの発言や報道内容などに疑問が起きます。人気ある看板アナウンサーがヒステリックな企業批判をしたり、画面に現れたり、あるいは突然いなくなったりするのは不安を感じます。※阪神大震災のとき、NHKアナウンサーの方は実に堂々としかも落ち着いたものだったのを思い出します。

落ち着いた姿勢や口調、更には常に画面に現れる彼を見て、自宅に帰っていないのではないか、寝ているんだろうか、と心配こそはしましたが、どれほどの被災者が安心を感じたことでしょうか

それに比べ、某民間放送のa藤女史などのヒステリッックは対応は実に嫌になりました。報道している内容を理解しているとは思えない、右から左への垂れ流し、攻撃的な早口の喋り方などは実にイライラとしました。※この点は周囲の方に聞いても異論ないようです。ところで枝野さんは寝ているんでしょうか?

例えば、シーベルトという単位についてもそうです。
報道を聞いてそもそも基本的な”地震”という言葉を理解しておらず、取材したまま報道していることを確信しました。

専門家が使う表現を専門用語といいますが、彼らは

地震=揺れの原因となる地下の出来事(マグニチュードで表現)
地震動=地震に伴う地表面の振動(震度で表現)
震災=強い地震動の影響範囲にたまたま人間文明がある場合に発生する社会現象


なお、おすすめに下記のような本があります。

大地動乱の時代―地震学者は警告する (岩波新書)

石橋 克彦 / 岩波書店


[PR]
by gentas | 2011-03-14 07:50 | Town Walking

帰宅難民

3月12日、昨晩の地震で交通手段なくなったため会社に泊まりました。(経営層の判断・連絡が大きく遅れたのは今後反省することになりそうです。「カップラーメン買ってこようか」と言った普段から感応にぶい総務責任者に対しては、「これこそ非常時だから少なくとも業務上残業する者などへ毛布・食料など備蓄品を拠出するように」とただちに進言しました。何を考えているのでしょう?)

さて、帰宅難民9万人と報道ありました。
しかし、どうやらマスコミのいう帰宅難民とは、”電車で帰れないため徒歩などなんらかの方法で帰宅する人”のようです。

実際は、”帰宅を諦め仕事に従事する人、翌日の出社が困難と判断し会社あるいは周辺で過ごす人”こそが帰宅難民であり、見えない彼らが日本経済を元から支えているのでしょう。
勤務する会社では少なくとも女性を含む200名が泊まり、数十名が自宅以外で泊まったようです
[PR]
by gentas | 2011-03-12 07:28 | Town Walking

セキュリティショー

新聞やテレビでは就職率の厳しさばかり喧伝されますが、就職してもいろいろな理由により個人としてはハッピーな状況が続くとは限りません。

まして、Going-concernとはあくまで企業を差すのであって、社会は従業員に継続性は求めていないし、更に個人個人のライフスタイルで仕事を移る人もいます。8327

従って、就職の厳しさよりも「どうやって生きるか?何のために何の仕事で生きていくか?」といったことが重要だと思います。
※「デフレの正体」ではありませんが、原因は単純なことです。学生が増えすぎ、情報が溢れすぎ、有名企業しか眼中にないためのミスマッチなような気がします。誤解を承知でいえば、分相応とか『運命』とかの言葉がしっくりします。
しかし、そのようなことはあまりTVや新聞で話題になっていないようです。

TV番組として人気が盛り上がった坂本龍馬だって、その時代はゼロからはじめて「カムパニー」を作ったはずですのに。視聴者の方はそのようなポイントや、あの雑草のような、やや汚らしいとでもいえそうな衣装の岩崎弥太郎が大財閥をつくっていったことにはあまり関心は持たなかったのでしょうね。

前置きが長くなりました。

今週は東京ビッグサイトで
Security Showです。
新入社員ならばちょうど良いのでしょう。しかしチューネンがこの手のイベントを見学するのは、仕事を放擲しているようで少しビクビクものです。

あいつはやる気がない」。展示する側、運営する側ではなく、単なる情報収集ですから、きっと私が上司ならばそう評価するでしょう。。。

さて、展示自体は「安心・安全な街づくり。社会づくりをめざして」をテーマに、都合7つのイベントが並行して開催されます。予想されている来場数は25万人程度とされています。昨年もごく短い時間ですが寄りました。フラッパーゲイトやRFIDなどの先端製品を中心に、たくさんの来場者だったと記憶しています。
http://www.shopbiz.jp/ss/

今回は3月10日に同僚をさそっていく予定です。
※ご存知の方も多いでしょうが、年々セキュリティショーの面積が広がりますが、同時に開催される展示会も興味深いものがあります。その同僚は住んでいるマンションのリフォーム担当理事らしいのできっと建築建材も興味あるのでしょうね
[PR]
by gentas | 2011-03-09 18:22 | Recommendation

中間労働市場

3月7日は再び委員会がありました。少し遅れて参加しました。
経済学、というか経済学的表現というのは、いつもスッと理解しにくい、いわば馴染まない表現・用語のひとつです。

大阪でもなんどかお世話になった、加藤恵正先生の説明は少し角度をかえた表現ながら、震災復興委員会での議論を思い出してくれました。

やはり、専門家の意見というのは刮目される点があります。

事務局の高橋さん、いつもお世話さまでした!
[PR]
by gentas | 2011-03-08 23:02 | Urban Design
3月7日は、
東大まちづくり大学院イブニングセミナー
がありました。

今回は小林重敬先生による、
街を育てる 二つのエリアマネジメント
と銘うったイベントでした。

※今月中にあと2回開催される連続セミナーです。少数ですが熱心な方々が多数参加します。
無料です。興味あるかたは参加下さい。

会場は、工学部14号館。毎回18:30開始です。

連絡先は、下記のとおり;

東大まちづくり大学院イブニングセミナー事務局
seminar@mps.t.u-tokyo.ac.jp

[PR]
by gentas | 2011-03-08 22:53 | Urban Design

昭和歌謡

某政府系金融機関支店長経験者(なんど書いても不思議な感じです)の方は、カラオケが大好きです。

3年間一緒に付きあっていて、先月初めてカラオケに付き合いました(※ゴルフとカラオケは基本的に仕事以外でほぼいったことがありませんので)

その時、初めて”昭和歌謡”という言葉を聞いたような気がします。

ってなんだっけ?

気になったのでさっそくCDを入手しました。

昭和歌謡歌合戦 昭和40年代編

オムニバス / EMIミュージック・ジャパン



30年代、40年代、50年代と3種類あるようです。

40年代でも、なんだかボーとした記憶です。しかし、現代のアップテンポで英語だか造語だらけのPOPSを聞いている若者は、年を経て”平成歌謡”として過去をなつかしむことがあるのでしょうか?

そういう意味では”昭和に生まれてよかったなあ”と、少し喜んでいます、ハイ
[PR]
by gentas | 2011-03-07 23:47 | Recommendation