Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

財政再建策

「米政府職員の給与2年間凍結 2010年11月30日(火)9時12分配信 共同通信 
 【ワシントン共同】オバマ米大統領は29日、巨額の財政赤字削減策の一環として、軍人を除く連邦政府職員の給与を11年から2年間凍結することを提案した。議会承認が必要だが、歳出抑制効果が11会計年度(10年10月~11年9月)の残り期間で20億ドル(約1700億円)、今後5年間の累積で280億ドルとしている。共和党は大幅歳出削減を主張。大統領は財政再建への姿勢を先んじて示した形だ。」


やりましてね、オバマさん。

財政赤字で苦しむ菅政権はどのような反応をするのでしょうか?(ニュースが正しいとすれば。。。)
a0020434_1032068.jpg
財政再建に対しては支出抑制しかありませんね
※でも、『凍結』の意味は本当に正しいんでしょうか?ちょっと想像できない明確な施策ですね
[PR]
by gentas | 2010-11-30 10:32 | News

再び銀杏。。。

本郷で二度目の秋を迎えました。といっても成果はちっともありませんが。。。。

本郷で唯一といわれる樹は「精神的な支え」という学生がいるくらいに有名らしいのでこちらも気になります。
といっても、堂々とした存在は気にしなくとも図書館の真正面に位置し、いやでも視野に入ってきます。
a0020434_15733100.jpg

今日はどうやらノーベル賞受賞者の根岸先生の記念講演会があるらしく、少し歩く人が多いように感じます。
a0020434_1575467.jpg

[PR]
by gentas | 2010-11-29 15:08 | Town Walking

社会資本整備総合交付金

なんだか日本語の能力がどんどん劣ってきているような気がするのは私だけでしょうか?

11月8日
、表記についての報告会があることを知った私は、某所で開かれた制度利用の事例報告会に参加することができました。

しかし

そこで聞いた話は鼻でくくったような表面的な内容で”社会資本整備”という語感で想像される根本的な内容というより、地方自治におけるサービスメニューあるいはバラマキといわれる制度のように聞こえました。

なお、現場で担当される方々の苦労話を聞いていると、実に真摯な作業を行っていることはわかりました。
でも、制度運用がわからないので他自治体例を相互に共有するために、高額な費用(税金)を使って仲介を某財団?にわかせているように思えました。

勘違いでしょうか?
[PR]
by gentas | 2010-11-29 14:46 | Urban Design

屁のような人生

a0020434_2352911.jpg楽天ブックス: 屁のような人生 - 水木しげる生誕八十八年記念出版 - 水木しげる : 本

遅い夏休み取得中」なので、普段より更に広い分野の本を読んでいます。





この本は、記憶をたどるような内容であり、大出版社が発行するだけあって、実に緻密な編集がされていて、素直に、おもしろいです

2007年フランスのアングレーム国際漫画賞大賞を受賞されたあたりから、水木しげるさんの行動や成果、嗜好はすべてヒットするという
時代をつかんだ”感があります。

その水木さんのアブストラクトとしてかなり完成度の高い一冊なのではないでしょうか?ゆっくりと「へえ、そんなことあったんだ」「そんな考えもありだよなあ」と感慨に浸りながら、サラサラとページをめくることができます。

でも、もっとも感動的なのは、幼少時あるいは青年期、更には戦地からのハガキにも書かれた、漫画家としての
基本的なデッサン力の確かさ、です。
実にうまい!のです。

この感覚は、分野は違いますが、だいぶ以前に「遊歩大全」を発見して読んだときに少し似ています。
a0020434_23101567.jpg遊歩大全は大著ですが大切に少しづつ読んで楽しんでいましたが、残念ながら今は絶版となったようです。
[PR]
by gentas | 2010-11-28 23:04 | Book Worm

四周道路

四周道路
なんとも不思議な日本語で、普段の生活ではまず関係がなさそうな言葉です。

私自身も、知人の自宅に遊びに行って、その家の周囲が道路に面して驚いたのを覚えています。
このような立地の住宅は、もう1軒知っていますが、たいへん有名な”名家”なので当然のように思いました。しかし、私のようなordinary peopleの知り合いの自宅がそうだとは驚きですね。※三井本家です
a0020434_1202936.jpg


さて

某所に不思議な一角があります。周囲一帯は、接道条件などで
既存不適格”なのか、昭和の中ごろに建設された以降は新築されていない、
まるで”バラック”のような建物だらけです。

その中で一角の数件の店舗群は"四周道路”で取り囲まれています。
しかし、道路であれば、建替えし
耐震化不燃化高度化されるべき場所と思われます。

だとすると

これは四周道路ではなく、一帯が一団(一筆)の私有地ではないか?とつい想像してしまいます。
でも、ある店の店主に聞くと、土地建物は売買契約によって最近取得した、ということなのです。

一体、どういう状態なのでしょうか?
[PR]
by gentas | 2010-11-28 10:35 | Urban Design

アンバランス

政治 - エキサイトニュース

「。。。国家公務員一般職の本年度給与を人事院勧告通り前年度比で1・5%引き下げる給与法改正案が26日、参院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立した。改正により平均年間給与は9万4千円減の633万9千円、国が負担する人件費は年間で約790億円減となる。民主党が公約した国家公務員の総人件費2割削減には遠く及ばないため、政府はさらに人件費を削減する方針。。。」

我が家では、子供の教育について、「勉強しろといえば、子供が勉強して成績が向上するのなら塾はいらない」から、あまりそういう直截的な行動をしてくれるな、不要だ、と家人と度々意見がくいちがっていました。

さて、民主党がめざす2大政党制にはまったく異論なく、ましてや戦後60年間を自民党下で改善してこなかった国の中でいろいろな制度や政策の間の矛盾の調整に、政府が苦労していることは十分理解しているつもりです。

大きくいえば、『そりゃ(政権運営なんか)やったことないんだから、しばらくはうまくいかないだろう』くらいに思っています。
最近やたらと取り上げられる外交についても、膨大な機密費だかの費消や、大使館だかを世界に張り巡らせても、せいぜいワインを飲んでり溜め込んだり、接待したやってこなかった外務省の平和ボケではうまくいくはずないでしょう。
韓国での紛争でも、時の首相が「TVで知った」とつい発言した体たらくを彼らはなんとも思っていないことでしょう。

きっと、心の中では、「現政権は給与は下げるし、天下りはなくなるしやってられるか。政府主導のお手並み拝見」とでも思っているのでしょう。※少なくとも、多くの国民はそう思っています

民主党のかかげる財政再建で公務員給与の削減を叫んでも、20%の政策目標(つまり最低レベル)どころか1.5%だそうです。

どうです、いっそのことOECDのどこかでやっている
官でしかできないこと以外は民間」に真剣にシフトすることを検討しませんか?

従って、例えば外交も、情報は放送会社に、交渉は商社に委託する、なんて。。。。
※さっさと書いていますので内容は暴走気味かもしれません。。。。
[PR]
by gentas | 2010-11-27 00:15 | News

いちょう祭り

もう少しすると絵画館前の銀杏がきれいですよねえ

休日にどこかに出かけたい、という話題に○銀支店長経験者である部下の人がこういいました。
早速神宮に寄ってみると、予想外に人・人・人

彼の言う絵画館前の並木とは、私のイメージする246からの外苑前と同じだったのですが、たくさんの人がいました。子供連れ、ママ友グループ、老人会、歩け歩け運動、ペット自慢グループ、怪しいアベック。。。。
実に様々な人たちがいて、そして好き勝手に写真を撮っていました。※一度ここで、親が三井物産だった同級生とテニスをしたよなあ、としばし感慨にふけっていました。その彼も今や親と同じ会社の部長になったようですが。

写真も携帯電話、デジカメ、三脚付きの一眼レフなどこちらも様々でした
a0020434_23455627.jpg

a0020434_2346416.jpg

※G10のオートで撮って、15%に圧縮しました

なお、名産品などの販売や大道芸をする
明治神宮いちょう祭り」は
11中旬~12中旬まで開催されるようです

※時節がら、中国や韓国の物産があり、見事に溶け込んでいるようでした
[PR]
by gentas | 2010-11-26 00:25 | Town Walking

国際地域学とは

「いわばグローカルな議論が必要なんだよ」

阪神淡路大震災の復興計画のお手伝いをさせていただいているとき、某政府系金融機関の調査部にいたという上司によく言われました。
東大法学部卒のキャリアはあるものの、見事に
聴いてきた話を提供するだけのように思えた、彼への対応は実はたいへん苦労しました。
※今では、「口先だけで生きていけるなんてスゴイ!才能だなあ」と関心できるようになりました

特にこのような思いつきや人つてに入力された情報は能弁な彼には”大好物だったように思います。

さて

国際地域学とはなんでしょう?毎回イベントの連絡を貰うのですが今ひとつわかりません。”思いつき”とは思いませんが理解することが重要そうです。少なくとも人材教育や研究組織なのですから、しっかりした方針があることでしょうね

でも、12月においで、と案内いただいたので今回も参加ですね
a0020434_1245973.jpg

[PR]
by gentas | 2010-11-25 11:41 | Urban Design
死傷事故の加害者になってしまいました

といっても、法律上の被告になる可能性はまったくないのです。

実は乗っていた電車が接触事故を起こした、のです
急ブレーキがかかった瞬間は、周囲の、客を無視して新聞を広げていたOLや音楽を聴いてマンガを読んでいた新人サラリーマンが吹っとんでしまいましたが、幸いにもケガはないようでした。
そして、その後、鉄軌道上で係員の作業の必要あり、鉄軌道に電流を流している関係で、車内灯を含むすべての電気を消された
漆黒の車両の中で約1時間閉じ込められていました

社会システムが狂いだしたのか、最近は通勤事故が多く発生しているように思います。

とはいえ、乗っている電車が当事者になる、というのもめったにあることではありません。
その闇の中では、満員の乗客の発する汗や熱気がこもってしまい、不快係数は嫌でも上がります。これは少し予想外でした。

しかし、女性客はというと大体が携帯電話でゲームをしたり、メールのチェックをしたり、と
我関せず、と実に「日常的」な風景で驚きました
男性客の多くは、一生懸命にこれから向かう会社や相手に電話をしようとしていました。しかし、地下鉄駅構内で携帯電話がつながるようになったとはいえ、軌道上では使用できないようでした※考えてみれば電源offされたのは受信装置を含んでかもしれません

彼らに死傷事故の加害者」という感覚はなく、むしろ迷惑を受けた「被害者」の雰囲気です。

一方、インド人風の人や米国黒人風のビジネスマンは社内放送される「JINSINJIKO」の意味がわからずに、しばらくして周囲の人に聞いていました。特に英語の放送があるわけではないので、蒸し暑い暗闇の中であきらかに挙動がいらだっています。テロとかパニックに敏感なのでしょうか。

結局は、1時間待たされた後、徒歩で駅まで移動することになりました。
駅構内から退出するまでにすでに90分程度かかっています。

その日の仕事のスケジュールは、当然めちゃくちゃになりました。
駅周辺ではものものしい雰囲気ですが、うめき声とか医療レスキュがいる様子はありませんでした。亡くなられたのでしょうか。泣き声が聞こえたのは赤ちゃんの声でしたが、赤ちゃんもたぶん異常な空気で気持ち悪くなっただろうし、その周辺にいた乗客も大変だったろうなと思いました。

あとで聞いた話では、復旧に際しては
亡くなった場合は40分、生存している場合は90分で」とかいう内規が鉄道会社にあるようです。
また、噂では30才台の男性ビジネスマンが飛び込んだそうで、恐れていた視覚障害者の方や高齢者の方の誤った転落ではなかったようです。

今日は、日本人は緊急事故に際しても淡々とした対応ができるのだなあ、と再認識できたことです。
建築物の設計や都市構造でもパニックに対応するためと称して、かなりの装置や手続きが用意されていますが、もはや「無知な大衆」はいなくなり、知能レベルの高い市民が大半であるので不要なのではないか、と思いました(いまだに役所の感覚は「重要なことは知らせないこと」、が役所の仕事と思っている人が多いのが現実のようです)

無駄である、と断言するわけではないですが実効性のある手続きや組織づくりを見ざして見直していいのではないか、としみじみと考えました。

社会保険庁や政府系金融機関、食料・林業など特別会計のようにいらないものは、段階的に整理するのではなく、ばっさりやってもいいのではないでしょうか
[PR]
by gentas | 2010-11-25 00:22 | Research

論文審査

11月20日第一回の論文審査(ここではジュリーと呼ぶようですが、なんとも恐ろしい響きです)だというので、前日にpowerpointのレジメ4枚資料数枚を用意しました。※実査やインタビューというか打ち合わせはありますが、拡散するばかりの日々なので、準備として時間・内容ともそんな程度しかありません。

しかし、若い方々はしっかりした大量の資料を用意し、前日には徹夜でがんばっていた方もいたようです。方法論で整理した方もいましたが「方法論では結論はひとつ」であることは注意すべきでしょう。

残念ながら?私はもうとても真似はできません。

なお、「もうちょっと方針を絞った方がいいよね」と、
想定どおりの指摘を受け、本人としては予定調和的でたいへんよかったと思っています。

さあ、2月までが本当の準備ですぞ!
[PR]
by gentas | 2010-11-21 00:56 | Urban Design