Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

<   2009年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

CISA申し込み期限が延期

確か今日が試験の締め切りだったと思いました。しかし、ISACAのサイトを見ると
10月7日(シカゴ時間)までだいぶ長く延期になったようです。

試験傾向が年々大きく変化しているようです。受験を伸ばすことは準備をしてきた方には不利な面が多いでしょう。ぜひ、継続受験をおすすめします(1回でパスできる準備に余裕がある方は別ですが、仕事などで制約多い方が大半かと思います)

なお、試験は12月です。今からアクセル踏み込んではいかがでしょうか。
[PR]
by gentas | 2009-09-24 23:50 | Certification
来週9/28、29の両日に
内部監査推進全国大会
があります(既報)

残念ながら、私は非会員約7万円という参加費用は予算がないので参加できません。誰のためかというと監査法人などの専門家のための会議とは思いますが、企業監査人の中にもぜひ知己を広げたい、あるいは先端的なテーマをタイムリーに理解したい、という方も多いと思います。

過日のIIA会合は3万円だかの費用でしたが、予算をあて参加しました。非常に短時間でパワフルなプレゼンテーションを経験しました。

可能であれば、積極的に活動する企業監査人が参加できる
開かれた大会の検討もお願いしたい、と思います。
[PR]
by gentas | 2009-09-24 23:39 | Internal Audit

1TB

初めてハードディスクというものを触ったのは、UNIVAC1110リーズのとてつもなく大きなディスクパックでした。10Kgぐらいで数百万いや数千万円だったかもしれません。しかも容量数十MBだったと思います。

「1TBなんかあったら何に使うんだろうね」。

そんな会話をした記憶があります。しかし本日購入したのは
1TBHD、しかも1万円以下! 

すでになんやかんやと肥大化している家庭用HDですが、単品でこの値段とは驚きですね。
[PR]
by gentas | 2009-09-24 23:02 | Electronics

コメント

「お前も◎◎だから読んだほうがいい」とたいへん高尚でかつ高位な意見をいただいたようですが、文章からは根拠や目的が不明であり、また表現からは正常な判断というより悪意しか感じられなかったので削除しました。

文章からすると、「一流とは俺のことだ」という勘違いした、読書量が圧倒的に少ないことを隠すために、多少珍しい本を読んだことを大げさに主張する、よくある学生もどきのような雰囲気を感じました。
どういう目的と効果を狙っている方なのでしょうね。
少なくとも思考のまずしい、表現力が貧弱で議論を目的としない、あるいはできないごく普通レベルの方なのでしょう。

今度とも意味不明の、価値のないコメントは削除させていただきます
[PR]
by gentas | 2009-09-24 22:56 | Recommendation

利益率

ニトリが大半の製品を値下げしたら、利益が倍増した、というニュースがありました。
Web2.0でも喧伝されるように、インターネット時代では過去の経営概念を大きく見直す必要があります。
適正在庫の概念は生産性に応じて、注文・発送などのプロセスを加味して決定されるのでしょう。ニトリの扱う家具は流動性が高まれば、在庫費用なども減少し利益率に直接寄与するということの証なのでしょう。

昨日、OKストア(あれ?今の呼称も同じでしたっけ)がTVで経営方針を
経費率15%以下としていることに目が吸い付けられました。きっと週明けの流通を初めとする各社では同じように経費率の今一度の見直し、すなわち諸費用の圧縮にバイアスかかることでしょう。数あるスーパーをなぎ倒してきたイオンなどでさえ、”経費率24%”でしたからいかに身軽であることが経営にとって発展に寄与するかわかります。

オネストカード(どうしてこの値段か、品質かを説明する)などは仕入れ重視だったはずの禁じ手にも思えますが、それゆえ販売・仕入れが安定する、という説明はうなずけます。

特売の禁止が、そのための事前の販売停滞という説明は多いにうなづけます

この店はファンが多く、たいはんは値段を見ないで買っていくという説明はまったく頭が下がります。正に顧客との信頼関係がなければ成立しないことでしょう。

放送後、HPを見ると数件だと思っていた同社の店舗数が日本全国に広がり、非常に増えていることに驚きました。「しょせんオーナー企業だからできた」というイヤミをいうのは簡単ですが、成功していることは紛れも無い事実です。
[PR]
by gentas | 2009-09-22 16:11 | Research

CIA 有効期限

CIAの有効期限について気づきました;

試験は申し込みから6ヶ月以内
資格については申告による停止申し出がなければ自動的に延長されますが会費納付を怠れば停止です

さて、疑問です。
ISACAは昨年会費を納めてから年末に失効しました。その間に学生になると学生身分で様々な特典があるようです。一方、都市計画学会などは「社会人が通う場合は社会人と見做す」とあり、実に厳しいです。

やはり天下りなどの維持のために費用がかかるのでしょうか。ISACAのようなNPOに近い存在とはずいぶんと異なり、やはり官僚的な存在のようです。
[PR]
by gentas | 2009-09-21 10:05 | Internal Audit

別荘

Excite エキサイト : 社会ニュース

「酒井法子被告夫婦の別荘燃える   隣接する鴨川市や君津市で無人の別荘の火事が3件相次いでおり、県警勝浦署は連続不審火の疑いもあるとみて関連を調べる。。。」

バブル期には、それ以降に起きた投資目的ではなく、あまりに高騰した都心地価に嫌気をさした方がたくさん別荘を購入しました。私も真剣に選定した時期もありましたが、残念ながら断念しました。

実態は、サラリーマンの場合には、遠距離通勤であり、その後の経費節減による遠距離通勤費の打ち切りを考えるとやはり郊外所有もバブルだったのかもしれません。

八ヶ岳に500坪と別荘としてはやや小ぶりな小屋を保有していた知人は、その後大学教師となり、どうやら官舎を得て二重生活をしているようですが、月の大半を八ヶ岳で過ごしているようで大したラッキーな人です。

世界的に有名な設計事務所で都心から北海道の廃校となった小学校に移ったところもありますが、これも参考にはなりません。

たいはんの別荘希望者は都心で得られない住環境、自然環境を得るために別荘に移るのでしょうが、実際に保有していた知り合いに言わせると「まあ年収5,000万円以下の人はやめたほうがいいよ」と感じたそうです。

この燃えてしまった別荘の契約者夫婦は収入はあったかもしれませんが、都心でできないことをしに、煙を吸いにいったのでしょう。しかし、マスコミに取り上げられ、ネットで自由に見ることができる別荘はいたずら書きはされ、そして別荘も収入もどうやら煙に消えたようですね。
[PR]
by gentas | 2009-09-20 11:51 | News

メニューとは

フランス料理でメニューといえば、定められたコース料理をさすようです。実際、欧米で注文をするときにはその時々の食材や気候風土にあわせ料理人が準備したものででてきます。そのうちの自分にあった料理、肉なら肉を選ぶこと、そしてその調理されたものがどれだけ素晴らしい発見や逆に定評どおりかを味あうのも、お腹を満たす以外の大きな楽しみとなっています。

さて、日々の生活をする上で個人にも当然そのような「生活のコースメニュー」があるようです。残念ながら朝食のほぼすべてが外食化していますが、食においてこそ当然のコースメニューがあります。海外に赴任して、やっぱり自宅の貧弱な家庭料理や町中の大衆料理を思い起こすのもそのひとつでしょう。その際には、うっとりするような高級料理はでてこないようです。しかし、ここでも選ぶという行為はかわりません。

ところで、仕事ではどうでしょう。法務局や役所窓口のように定められた仕事しかしない人が多い公務員は別ですが、誰もが「オレはこれしかしない」と主張して働いているわけではないでしょう。

◎×高校へ行けば、◎◇大学に行けて、◎△企業に勤め、△女子大のOLと結構すれば、家が持て定年まで働き、子供の成長を見ながら無事に人生をまっとうする。。。。。あたかもそんな「コースメニュー」があるかのように「本気で信じている」人がいるのでびっくりします。ましてや、その途中で頓挫した人はどうなるのでしょう?これが「ゆとり教育の弊害だ」と断定する人もいるからまた驚きです。

進学も就職も結婚も、すべては偶然が支配する現象だと思っています。一生懸命勉強しても近くにいい学校がなければいけないし、戦争中の国では勉強もそれどころか日々の生活もできません。そもそも私は「サザエさん」のような単調で平和はマンガは、それができないけどそうあってほしい、という逆説的なものと理解していたのに、家人など「そうあるべきもの」と180度違う理解している人がいるのでびっくりします。

偏差値も単なる統計上の分布を示す指標、でしかないのに、アナタはこの学校は無理、などと無能な教育者や親の行動や子供の判断材料にしてしまうからびっくりします。

世の中の現象はすべからかく統計的である、という事実、そして子供や仕事の成果は変化に富んでいることを指導して暖かく見守ろうではありませんか?

人生はメニューではありません
[PR]
by gentas | 2009-09-20 10:58 | Urban Design

社会人大学院

昨夕、呼び出しを受けて初めて学校に行きました。最初に科長に聞かれたのは「入学しますね」と、日々変化を受ける社会に対して人らしい質問です。確かに、私はまだ進学を迷っていますが、少なくとも授業料支払い期限は迫っています。

予定では科長から1時間程度の質問がある、とのことでしたが、実際は1時間程度の入学予定者からの
質問攻めでした。
進学一本で入学準備をがんばってきた、会社に入ったけど「僕のやる仕事じゃない」といった感じの大学でたてのボーヤと違い、社会の荒波を受けてきた百選練磨のナーンニモ考えずに、ブラリ受験した社会人(私のこと)を一緒にすると質問だらけです。※実際、事務手続きを通してわかったことは独立学校法人となっても事務方はあいかわらず「お役所仕事」であることです。これは面白いので別稿としたいと思います。

細かく難しいたくさんの質問の後で、私はひとつだけ
授業に何分ぐらい遅れていいものでしょうか?仕事などで5分でも遅れたらアウトだったらその旨を知りたいのですがと質問しました。
帰り際に何人かの入学予定者に「いやあ、いいことを聞いてくれました。私たちも実はソレが一番聞きたかったのです」
みんな、同じ悩みなのですね。九州から来て、仕事を辞めて入学する方がいたのはびっくりです。そんな価値あるかなあ。。。。。

養老院より大学院 (講談社文庫)

内館 牧子 / 講談社



この本は、著者がちょっと「大学院」という響きによろめいていて、大学院の実態と違うようにも思います。実際、「大学院って自分で方針を決めるんだよ!」などと当たり前のことに著者は興奮しています。何をしに、彼女は入学したのかわかっていない、それぐらいT北大学って人気ないのかなあ」などと邪推してしまいます。※オフコースとかも確か東北から東京の大学院に行ったのでなかったでしたっけ。
しかし、大学などを卒業して(最近では大学を卒業していないのに大学院という方もいるようです)、時間がたった方にとっての興奮が伝わってくるので一読をすすめます。
[PR]
by gentas | 2009-09-15 06:02 | Urban Design

勤労学生

連休はどこへいくんですか?」

近所の床屋さんに行ったときに何気なくそう聞かれました。はて?そういえば、休みだからどこかへいく、という発想をしなくなったのはいつからだったでしょう。事実、何もまとまった予定を作ろうとしない、私はふと考えてしまいました。過去に思い出せるのは、突発的な家族旅行ばかりでいつもあまり楽しかった記憶より、わがままな家族ばかりが残像となります。何をいっても勝手ばかり主張して。。

どうもこの「家庭」というものができてから、不思議なことに
「計画的な生活」ができなくなっています


今度の連休は休めるからどこへ行こう、などという話を提案して、素直にまとまったことはないようです。きっかけをつなぎ、「それが目的ならこうしない?」などという発言は皆無です。まるで、立ち退きに反対する地権者のように少しばかりの言葉尻をつついて攻撃していくくる自我の塊です。1+1>2なんてことを想定していましたが、マイナス作用のほうが大きく、そして残念なことに大抵の家庭では似たりよったりのようです(鳩山家のような相乗効果はないようです)

これは由々しきことです。

しかし、時すでに遅し。明日はカリキュラムの調整、そして来月から私は「勤労大学院生」が始まります。そして土曜日は基本的に終日学校です(本郷界隈に自転車をおき、学生生活を復活したいと願っています)

もっとも大学院は2度目ですからなんら期待レベルも高くありません。それに、法科大学院以外は資格に関係なく会計も含め不人気と聞きますから大した存在ではないのでしょうし、「先生」になるのが目的なので矛盾だらけですが。。。
[PR]
by gentas | 2009-09-13 21:54 | Urban Design