Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ISMS

JIPDECによるISMS認証の説明会に寄りました。このHPを見る方にとっては「あいつは一体どこに時間があるんだ?」と怪しんだりする方がいるとは思いますが、まあ多少は無理しているものの、決してゆったりとあるいは漫然と出席できる訳ではありません。

確かに目を光らせて、いい情報発信源はないか、と気にはしていてもなかなか参加できないのですが、少しでも時間があれば、あるいは都心部にいるときには立ち寄り資料だけでも入手するようにしています。

今回はその典型です。いくつかのケーススタディにこそ真実があるのかもしれませんが、慌てて機械振興会館に立ち寄り、資料だけいただいて帰りました。ちょうどケーススタディの紹介が遅れているのだ、という説明もあり不要と判断しました。
[PR]
by gentas | 2009-03-28 15:18 | Certification

花見

昨晩、京橋駅を通り過ぎると満開の桜でした。場所や品種によってはもう春を感じます。

ああ、その前に期末の事務処理をしなくては。。。。。a0020434_15112970.jpg
[PR]
by gentas | 2009-03-28 15:12 | Town Walking

CISA資格の評価

某監査法人からシステムリスクに関するレポートを受け取った、国立にある大学出身の企業経営者から質問を受けました。彼は某金融機関出身で常務取締役として経理・総務を担当しています。

CISAって価値あるんですか?監査法人のレポートにしては少しお粗末過ぎませんか?僕も取ろうかな。。」

うーーむ。悩ましい発言です。大げさで慢心気味の彼ですから内容は4割引きで聞いても悩ましい。私がコメントした説明の前に、私の評価をまとめると以下のとおりです;

1.費用対効果、として判断するならば、私の理解では適正(まあ、こんなものでしょう)
2.準備や実査のまずさは否めないし、文章表現やアウトプットの稚拙さはあった。しかし、事前調整する内容を含めると、委託側の課題もあった(両方ともどっちもどっち)
3.保証型監査ではなく、助言型監査として開始し、入念な方針調整はしたものであり、数十分の説明だけで評価を下すのは難しい(評価する側もよく自覚して評価する必要がある;やや認識不足)


ところで、私が返答したコメントですが咄嗟に以下のようにしました;
「専門性からいえば、試験難易度はシステム監査技術者よりやや下。試験は事前学習が可能な部分とそうでない部分があり、難関といえば難関。ただし、厳しい言い方をすれば
職能資格でしかないのも事実

本郷の大学をでた信頼できる同僚は
「試験範囲を見ると相当に高度で専門的。専門性があるか、といわれればある」と中途半端は評価。まあ、経営者をめざす典型的な方ですから当然職能的なものに興味はないようでしたね。。。

監査業務の評価は正確で当たり前とはいえ、
やっぱり監査は孤独な仕事ですね
[PR]
by gentas | 2009-03-23 11:18 | Certification

個人情報保護士

個人情報保護士の試験締め切りが3/29です。
http://www.joho-gakushu.or.jp/piip/piip.html

一昨年受験した感じでは、コツさえあれば簡単ですが、油断するとあっさり落とされる試験だと思いました。
どの試験でも一緒でしょうが、特に認定試験は「言われた範囲を言われた方法どおりにやる」ことが重要ですね。※あまり法理論や現実との比較などをしてはだめです。

いまや企業活動の多くが個人情報に触れるため、少しでも関心あれば資格取得をすすめます。知り合いの企業のいくつかは「幹部は全員取得すること」として、該当者は嘆きつつも受験されていたようです。

なお、最近になって「合格してから数年以後に名刺などに本資格を表示する場合は更新料が必要」との事実を発見しました。。。。。この団体の方も認定ビジネスに目覚めたのでしょうが、民間企業の多くは「1回合格していれば可」とされているのではないでしょうか。あくまで民間認定ですからね
[PR]
by gentas | 2009-03-18 21:13 | Certification

GLEIM CIA PartⅠからⅣ

いよいよPartⅡの翻訳が終わり販売されるようです。販売受付は3/27からです。内部監査協会によれば、事前の受付はできないそうです。CIA受験予定の方には朗報といえますね。詳しくは下記を参照下さい。

http://www.iiajapan.com/data/list/bk10076.htm
a0020434_032592.jpg

PS.3/16現在HPを見ると、3/27が4/1に延期になっていましたのでご注意下さい。
[PR]
by gentas | 2009-03-16 00:31 | Internal Audit
不動産証券協会認定マスターの受付締め切りが近づいています。
http://www.ares-campus.ares.or.jp/index.asp

本協会は金融機関と大手不動産が作り上げた団体であります。そして、同マスターもまだ3期ぐらいかと思います。内容的にはeラーニングなどを利用した講習が中心ですが、予想ではそれほど簡単ではないはずです。たぶん、証券アナリストと似ているレベルではないか、と思います。※HPに掲載されている説明では、相当悪質な違反行為があったようです。あくまで憶測ですが、流動化のお墨付きがもらえる、と勘違いした連中が勉強の難しさに違反(カンニングや盗用など)をしたのではないか、と思います。海千山千の不動産業界ですから十分ありうるでしょうね。

かつて、不動産や建設計画を制度や計算根拠をきちんとコンピュータなどで計画・管理する目的で、私も創設に協力したファシリティマネジャーというものがありましたが、今思うと認定や運営がまずく、産業界などの賛同を得る前に先行しすぎてしまったようです。この資格はCADの浸透やトランプタワーで有名な積極的な不動産投資・管理手法を資格にしようという先進的な試みだったのです。CADオペレーション、賃貸運営・不動産投資のコンピュータ制御など建築学会が中心となったせいか、あるいは当時の建設省と通産省の官庁の縄張り争いで中途半端になったせいか、今では
家具業界の資格みたいになってしまったようです。

なお、繰り返しになりますが不動産証券化マスター認定には20万円程度の受講料と真摯な学習が必要ですので、ご注意下さい。※業界がこれだけメタメタですからじっくりと学習するのもいいかもしれませんね
[PR]
by gentas | 2009-03-15 11:51 | Certification

ジュニア!

偶然、某所で大竹さんの本を見つけ読みいってしまいました。

これが建築なのだ―大竹康市番外地講座

TOTO出版



a0020434_11353652.jpgなつかしいと思っていても、よくよく年表を見直すと、せいぜい2,3年のつきあいだったのですね。オフコースの小田さんと同様に東北大学の建築学科から、なぜか大学院に移ってこられたようですが、
 「先輩」ではなく、「兄貴」という存在 だったように記憶しています。

師亡き後、我々を引っ張っていってくれる精神的な拠り所だったような気がします。多分、疲労が蓄積したのに「がんばり過ぎて」心臓が持たなかったのでしょうね。定例のサッカー試合中にあっさりと亡くなられ、いなくなってしまいました。※そういえば、先月のスカッシュ時の私の心臓も似たような状態だったのかもしれません。

。。。しかし、いつの間にかジュニアの年をあっさりと越えていることに気づきました。ジュニアの功績と比較しわが身のだらしなさに嘆いています。。。合掌
[PR]
by gentas | 2009-03-14 21:56 | Urban Design

株券電子化後

株券電子化後の株式実務

商事法務



今年の1/5から証券のうち、最も一般人にとっても身近な株券が電子化され、上場企業の券面の株式などは無価値になりました。そのため、証券保管振替機構に提出されなかった20億株程度はただの紙になると共に、特別口座に換価されました。株主にはそれぞれお金として渡されるわけです。

しかし、こう書くと実に単純ですが、実務では非常に混乱しているようです。コールセンターなどには連日多数の問い合わせがあるらしく、整然ではありますが集中された処理に忙殺されています。

さて、そのような電子化後の株式の扱いについては、本書しか出版されていません。政府が検討していきた電子化についての実務は実はまだまだわからないことが多いのです。一般企業の多くが3月末決算だとすれば、今年の6月までは何が起きるかわかりませんね。従って、株券電子化後の事務処理などについての解説書は年後半に出版されるように思います。

関心ある方はその頃に購入することをすすめます。なお、私は本書を注文したところです。内容にはあまり期待していませんが、現状での考え方を読んでみたいと思いました。
[PR]
by gentas | 2009-03-14 10:47 | Book Worm

警察官がみかじめ料?

Excite エキサイト : 社会ニュース

「。。。元奈良県警組織犯罪対策1課の警部補◎沢容疑者(53)がコンサルタント会社を実質的に経営し、複数の会社から顧問料を受け取っていたことが、関係者の話で分かった。県警は、受け取った顧問料がわいろに当たる可能性もあるとみて調べを進めている。容疑が固まれば、地方公務員法違反容疑での拘置期限となる16日にも再逮捕する方針。。。」

ニュースを読む限り、これは「みかじめ料」以外の何物でもないですね。副業の禁止、倫理の欠如、サボタージュ。。。。。。

一体、上司や同僚は何をみていたのでしょう?一般企業で行う「内部監査」を実施してはどうでしょう。そうすれば、公務員も効率が大幅に向上し、人件費も半減くらいするのではないでしょうか?

なんだったら
警察や教員も一般入札で民間に事業委託してもいいのではないでしょうか?
[PR]
by gentas | 2009-03-14 10:30 | News

下流喰い

下流喰い―消費者金融の実態 (ちくま新書)

須田 慎一郎 / 筑摩書房



金融ジャーナリストと自称するFPレベルの理解不能な素人、きっと実績が上がらなかったであろう証券営業マンがあまたいる中、独自の明快な論旨と優れた文章力のある著者須田慎一郎氏に対しては非常に高く評価しています。

決して奢ったり、煽ったりしない冷徹な視点とデータやそれ以上の綿密なインタビューに裏づけされた文章にはにごりがありません。

本書はサラ金のあまりに激しい企業文化やそれを看過してきた行政に対して厳しい問題を提起しつつ、今の経済情勢における一般国民の行動指針のヒントにもつながるポイントがたくさんあるような気がします。通勤途上で読み続け、思わず乗り過ごしてしまいました。オススメです。

※そういえば、この本で触発され来週は「裏日本」に寄ってみようと思っています。
[PR]
by gentas | 2009-03-14 10:19 | Recommendation