Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

解体:過ぎ去りし日々

あー、自分でいいだし某委員会を終了させてしまいまた。しかし、その終了に際しての原稿締め切りが今日ですがまだ何もやっていません。うー、困った困った。遅筆というと格好よく聞こえますがエンジンがかかっていない単なるグータラであることは知っています。こういうときはなぜか他のことがババババッとすすむから不思議です。得にやたら別の本を読んだり、まったく予定していない計画をたててみたりするから不思議です。

ということで今年気づいた
解体されそうな名建築リスト
をまとめますので見て下さい。リストにもれていて、あれ?なんで載せないの、間違っているよ、という疑問・指摘ありましたらメールでもコメントでも教えて下さい、お願いします。今年はできれば時間をとっていくつかの建物を見にいきたいと思います。(以下、名称・竣工年・設計者の順です)

・阿佐ヶ谷ハウス 1960? 前川国男
・東京女子大学  1924  レーモンド
・大ビル       1925  村野藤吾
・早大文学部    1962  村野藤吾
・新朝日ビル    1958  竹中工務店
・横浜松坂屋    1921  出浦高介
・歌舞伎座     1924  岡田信一郎
・東京中央郵便局 1931  吉田鉄郎
・大阪中央郵便局 1929  吉田鉄郎
・朝日ビル      1931 竹中工務店
・大阪歌舞伎座  1958  村野藤吾
・新大ビル     1957  村野藤吾
・千里NT南地区文化センター1964 村野藤吾
・大阪府総合青少年野外センター 1967 坂倉事務所
・中銀カプセルタワー 1972 黒川紀章
・ハナエモリビル 1977  丹下健三

特に、大阪府総合青少年野外センターは橋下知事の行動を思うにさっさと解体しそうですね。3月に大阪に行く予定なので立ち寄ってみたい、と思いました。また、吉阪隆正の八王子セミナハウスも前川国男の阿佐ヶ谷ハウスも気になります
a0020434_061773.jpg
    
[PR]
by gentas | 2009-01-30 16:52 | Town Walking

もよおす

ネット時代らしい珍現象(冷静に考えるとオペレーション事故)に遭遇しました。同居人が頼みネット決済したペットボトル(還元水)の購入手続きが混乱したらしく、2箱購入したものが結局6箱届けられました。某スーパー系列の窓口に確認すると、「遅延したためいったん引き落としをキャンセルしたのは確認している。返却する必要はないのでそのままにしておいて」という説明です。つまり

2箱分のはずが6箱分
が届いたのです。確かいちおうは食品ですし、出入庫を繰り返し、その間に品質劣化などの事態がありうるので返品はあまりよくない対応でしょう。

ということで

非常用に購入した水をどうかしないといけません。そのため昨日は500CCぐらいにペットボトルに分けた水を持って仕事にでかけ、一日水を飲んでみました。我が家にもTRIMとかいう機械があって「なんたら還元水」を飲んでいます。しかし、考えてみるとそのまま飲むことはまずありません。大体は料理やお茶に使うものです。そのため還元水をゆっくり飲むことはなかったのですが体調が違うのがわかりました。

妙に尿意が起きるのです。おお大発見!。家族にそのことを伝えると「あら、知らなかったの?有名な話よ。だけど体が慣れてくるとそうならないみたい」。うーむ女性陣はよく知っていますね。
[PR]
by gentas | 2009-01-30 07:26 | Town Walking
今日は某社が主催する
ITコンプライアンスセミナー
に寄ってみます。仕事をしながらこのような会合にでるのは多少勇気が必要です。建築学会の委員になっていたときは仕事が忙しく、またその内容が違うので出席がなかなかできず、いつの間にか辞退を申し出たことがありました(今になって思うと、辞めない方がよかったようです)。

セミナーの注目のひとつはシオジイこと塩川正十郎さんの講演です。さて会場はどこだったかな、と昨日webで確認すると、アレレ?シオジイがいないようです。うーむ。ご健康のせいか、いっぱい喰わされたかわかりませんが、寄ってみます。

追伸:
今、午前の部が終了しました。私は大きな勘違いをしていたようです。つまりアジェンダとして持ってきたつもりのwebで入手したものは昨年のものでした。結果としてはいい意味でのトホホです。
ということで塩川東洋大総長のお話を伺うことができました。なんと
シオジイは米寿、御年だそうですが、実に整然と、そしてはっきりとした論理、話法には感服しました。また、予定どおりピタっと1分とずれずに終わりました。某家協会の重鎮のお歴々のダラダラという昔話や業界話にいつもたじたじになる私ですが、量・質ともに上には上がいるようで感動的でした。

内容の中心はやはり時節がらObamaさんと麻生さんのお話ですが実にリアリティがありました。詳細は。。。。今日締め切りの原稿のネタに使わせてもらいます。
[PR]
by gentas | 2009-01-30 07:14 | Internal Audit

特権を許すな

Excite エキサイト : 社会ニュース

「大阪府保険医協会の調べで。。。「調査結果には、個々の医院の事情などを全く考慮せず、一律にオンライン請求を義務化することの弊害が明確に表れている」として、オンライン請求の義務化の撤回を求めている。。。」

私は
医者が嫌いです。優れた社会人のツールとして「経験、カン、度胸」(KKD)というのがありますが、顧客としての視点でが、なにより受診にいくとほぼ
経験?、カン?、度胸なし
で話も聞かず診療もせずにパパッと判断し、処方という名の措置で薬を指定するのがほぼ90%。ひどいときは顔もあげずに数十秒です。そんなプロ(仕事)が世の中にいるでしょうか?あるとしたらそこらの街角にすわっている手相見ぐらいでしょう。同居人はある医者に「メモぐらいとれ!」と恫喝されたといいますがこれもなにか勘違いです。個人的には音声でもなんでも記録したいくらいです。

また、セカンドオピニオンというのか別の医院にいくと薬は同じなのに診療費が違うのにあきれてばかりです。

今回の記事だけを読むと、例えは悪いですが、飲食店でレジスターを設置したり、チェーン店でチケット発券機を設置したり、更にはパチンコ店でもなんたらカードを設置したりと規制され従っています。各自の事情が違うのは当たり前なのになぜ医者だけが特別扱いされるのでしょうか?

そもそも小児科、産婦人科で医者不足騒動がありましたが、弁護士が毎年3千人、技術士や中小企業診断士などの国家資格もその程度の数なのに、それぞれ生活するのに油断はできないものです。一方、医師国家試験合格者は7,000人もいるのに、訴訟が嫌だ、仕事がたいへん、と臨床医師から勝手に離れ、楽な業務についているのではないでしょうか。なぜマスコミは一方的に「医師は尊い仕事をしているからたいへんだ」風の情報を垂れ流すのでしょうか?

まるで今回はストのような、脅迫のような報道です。「だったら廃院してやる」というのであれば、医師法改正して、会社やエキスパートシステム、あるいはシステム対応をしてできるようにし、辞めたい人には辞めてもらってはどうでしょう。そんなに請求診療額を正確にすることが不都合なのでしょうか?

以前にも述べたように「医師の平均収入は捕捉されているだけで
手取り1,700万円
は異常な厚遇です。語るに落ちるということではないのでしょうか?

やはり私は特別待遇なのに理解していない一部公務員などや医者は嫌いなようです。
[PR]
by gentas | 2009-01-28 23:34 | News

COBIT入門

じわじわとというべきか、どわっと表現するべきか内部統制、COBITなどの解説本がでてきました。マスコミ的にいえば、百年に一度というなんともあいまいな金融破たん後に、内部統制が一般化するという流れもやや皮肉めいていますが学習し、一般化されることには意味がありそうです。

図解 一番はじめに読む内部監査の本

野坂 晃史 / 東洋経済新報社



これも切り口が明確ですので初学者向きです。
[PR]
by gentas | 2009-01-26 23:55 | Internal Audit

GLEIM

いつのまにか国内でもCIA試験もいくつも予備校ができ、いつのまにかISACAにおいても日本支部はたいへん影響力のある大きな支部に成長しました。

そして英語でしか読めなかったGLEIMもCIA Part1は日本語版ができたようです。

受験生には朗報で、ますますCIAもホルダーが増え、監査資格も一般化しそうです。
http://www.iiajapan.com/data/list/bk10075.htm
a0020434_0195366.jpg

なお、日本内部監査協会の協力でシリーズは順次出版されるようです。


※早速、会社で購入してもらいました。版権の法律上の理由でしょうか、正にそのままの訳ですのでしっかり読まないと理解しづらいようです。しかしながら監査ですから素直に読んでいけばいいのでしょうね。
[PR]
by gentas | 2009-01-25 00:21 | Internal Audit

財団法人という隠れ蓑

Excite エキサイト : スポーツニュース

「サッカーの元日本代表、中田英寿氏(32)が22日、慈善事業を行う団体「テイクアクション・ファンデーション」を設立したと東京都内で発表した。。。。」

私はサッカーが好きです。
戦争の代理行為
として実に激しいスーパースポーツであると認めています。従って、髪を染めたり、点を取るときにやたらパフォーマンスをしているように見える某国の選手はややなじめません。
戦士が名乗りを上げるのは当然それに当たる褒賞を得たりするときに限られるべきです。従って大衆にアピールするのでなく、自己を鼓舞する際に雄たけびを上げるものなのでしょう。

この方は比較的早くに海外で活躍し、実に的確にビジネスマンとして行動し、スポーツマンとしての実績も残し、計画的な人生を歩んでいるものと思います。

しかし

MSのゲイツさんのように人生の最終ゴールとして、私財を投入し財団を運営し広く活動やっているのなら、保有株式の保全、身分の確保、なによりも後身育成を考えても理解できます。
ですが、何かと問題のある財団法人格を運営し、今後の更なる発展を狙っているのかを想像するとやや興ざめしています。

まだまだ体力・知力あるのに、あまりに計算されていないか?彼の熱意:パッション、あるいは役割とは何なのでしょう?。。。。。
[PR]
by gentas | 2009-01-22 20:04 | News
説明会にいってきました。

しかしながら、どうせ最初は挨拶だけだろうと油断したせいか?昨晩いつものように2:00に寝て4:30に起きた睡眠不足のせいか?不覚にも座ると同時に少し寝ちゃいました。従って、講師の説明は最後の運用ぐらいしか聞けませんでした(周囲を見渡すと似たように寝入っている方が多かったようです。日頃のお仕事の疲れもありますが、暖かすぎたホールのせいかもしれません)

さて、今日の日経新聞に偶然にも
情報セキュリティ格付け
取得第一号として、富士通SSLという会社が最初の認定を受けたとありました。格付けはシングルA、16段階の格付けの上から6番目の上位だそうです。

適切な表現ではないかもしれませんが、信用格付けでいえば
適格
であり、セキュリティに対する一定の対応が取られていることを意味するそうです。※もっとも第一号ですからダブルB以下の危険水準であれば取得する意味はないでしょうが。

講師の説明では、
今期3月までに約10社
が格付け取得するようです。信用格付けと違い、そのまま融資の判定にならないように思えますが、将来はそのようなものにも影響させたいとのことです。

まったく個人的な感想ですが、やや厳しい表現をすればちょっと国の天下りの臭いがしました。つまり民意で進むにしては世界での最初の格付けとは何を意味するのか、があまり議論されていないこと、大企業中心にいきなり10社もが認証をえるのは多少理解しずらいです。。。。。。
[PR]
by gentas | 2009-01-21 01:55 | Internal Audit

情報セキュリティ格付け

「格付け」(rating)と「情報セキュリティ」とを融合するのは初めての試みです。この方針が素直に産業界に浸透するとは考えにくいですが、おもしろい提案ではあります。

明日はそんな提案をしている専門家のシンポジウムがISACAで夕方から開催されます。
[PR]
by gentas | 2009-01-20 00:23 | Internal Audit

東急ハンズ

ハンズ
と聞いて、「Handsって手?」という現代人はいないでしょう。当然雑貨というかいろいろな製品がある小売店を一般には示すと思います。個人的には、一時期大規模ビル開発をする際に出店ニーズや潜在する来街誘引力とでもいうのでしょうか、店舗の魅力からなんどか交渉をしました。しかしながら、著しく入居条件が違うことがわかり、以降あまり仕事の縁がありません。今ではユーザとしてのみが接点です。

そのような背景ですが、先日某東急ハンズ店で「ペン皿ありますか」と、膨大な商品があるゆえに専門の係りだという
文具相談係の店員に聞きました。「え?便座ですか」。「便座を文具で探しませんよ、ペン皿」、「え?何に使うのですか」、「ペン皿だからペンを置くためですよ。知らないの?ないなら無いといってもらいたいですが。。。。わからないようだからもう結構です」と珍妙なやりとりをしていしまいました
。まあ、バイト店員が多いのかもしれないし
しょうがないですかね※丸善とは違うのでしょうかね。

一方、先月は大阪駅前で何人かの女子高生が路上の案内図を見ながらどこかの場所を探していました。よく道を尋ねられる私はなぜかそのとき「あ、この子たちはロフトへ行くんだな」とピンと来て、「向こうの高いビルをめざしたらいけますよ」と案内しました。はじけたように「ありがとう」と言われてしまいました。Loftや東急ハンズには年頃の女の子が集う、そんな傾向がいまでもはっきりとあるのでしょう。ぜひ商品販売もきちんとやってもらいたいと思いました。
[PR]
by gentas | 2009-01-19 00:05 | Town Walking