Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゲートシティ

関西国際空港は大阪空港の騒音対策として、代替先として神戸沖を否定されたところから始まった、上品ではない言葉でいえば「ママ子」といえます。

しかし実際は、大阪空港は「周辺の経済損失や発展が停滞するから」といってそのまま、神戸市は「当然必要な施設」となって、なんと3空港ができてしまったかたちです。そんな背景をもつカンクウの陸地にはゲートシティと呼ばれる建物があります。必要もない超高層、そして2棟建てが前提のデザインなのにできたときから片翼です。皮肉なことに、地域開発の難しさを実に象徴している存在になってしまっています。

さて、10/16のtbsラジオではゲートシティが話題になっていますがこれはまた別のものです。
Fortress America: Gated Communities in the United States
Edward J. Blakely / / Brookings Inst Pr
ISBN : 0815710038
日本でも確かどこかで翻訳もでていますが、現在S●COMという会社が10棟ほどの集合住宅を作っていると紹介しています。

ラジオの司会者は「よいと思いますか?」と聴衆に聞いています。はて?どんな意味があるのでしょう。、民間企業は需要がある、需要が掘り起こせるから運営しているのです。

スコア選択: ※※
[PR]
by gentas | 2008-10-16 23:06 | Urban Design

3号さん

だいぶ昔の小説やドラマには
 「2号さん」 
という表現が随所にあったように記憶しています。いわば愛人関係をさすのでしょうが、明治の英雄?たちは当然のように芸伎さんなどを囲っていたようです。遊郭、岡場所というものがどういうところかわからないのですが、なんとなく女性がつきあってくれるサウナ型総合レジャーランドかなあ、などと思っています。そのものを期待するのではなく、中途半端な親密さがあるもののたいへん大らかな風俗文化だったようにも思います。

そもそも結婚とはなんでしょう。今でもよくわかりませんが、男性女性両家のつながりぐらいの意味のように思えます。インドのヒンデュー寺院やエローラ文化を拝見すると、決して庶民があこがれるものではなく、
 選ばれたごく一部の都市市民の権利 
だったような気がします。産業が発達し、がんばれば豊かなくらしができるようになりましたが、それまでは自分ひとりが食べることがたいへんで、ましてや「平等」なんてことは考えられなかったのではないでしょうか。農家などでは労力という期待値がありますから一緒に住んで子供を作ることはあったでしょうが、少し意味が違うのかもしれませんね。

現在は、こと日本の女性に関しては「専業主婦」という不思議な存在があります。「玉の輿」がなんとなく『お金もちに嫁ぎのんびりと過ごし』意味になってきたようですがそうでしょうか。

年金制度が1986年改正され、
3号被保険者

が生まれました。専業主婦であるから、収入なく年金負担は会社などが負担する、という制度です。しかし、すでに共働き世帯が増え、働く女性割合が過半となった現在は、未婚で働く女性からの反発が強く、じきに制度改正が予想されます。そうです。
専業主婦は夢
であり、そういう存在があるという勘違いです。今は、男性も女性も働くことが前提の国家なのです
※確かに戦後の日本経済を支える上では専業主婦という概念は、右肩上がりの経済成長の中では可能だったのでしょう。我々の親世代だけですね。

この3号さんは、政治の亀裂の上に偶然できた、実にのんびりした錯覚の上にある制度といえそうですね。
[PR]
by gentas | 2008-10-13 13:02 | Research

発言の軽さ

Excite エキサイト : 社会ニュース

「。。。。厚生年金の保険料算定の基礎となる標準報酬月額の改ざん問題で、改ざんに積極的に関与した社会保険庁の職員を刑事告発するため、厚労相直属の弁護士をメンバーとする調査チームを6日に設置し、責任を追及する方針を表明した。。。。。。。。講演で明らかにした。チームは弁護士数人のみで構成し、立件可能と判断できる証拠が集まった職員について個別に告発に踏み切る。舛添氏は「皆さんのところに紙(証拠)が残っていれば、悪い職員を逮捕できる。問題のうみを出し切って、新しい組織にしたい」」

この方のいうのはいつも「正論」かと思います。庶民、いや年金加入者や社会人に対してとしてもたいへん結構かもしれません。しかし、いつも気になる、あれそうかなと思うのはその
発言のタイミングと実効性です

紙があれば告訴できる?それは誰が誰にいうのですか?上司の命令だろうとコンプライアンス違反者は自動的に裁かれるべきでしょう。それを声高に言う前に時効や手順や立場を明らかにしてはどうでしょう。ましてや解散総選挙が論じられる時期にそのような格好いいことをいいやすいとはいえ、
 「いえ、あれは個人的な考えです」 などとどこかで聞いたような回答を選挙後にするのではないですか?だいたい大臣コメントに個人的発言があるのであれば、国民は彼らの発言をなぜ注視するのですか?

最高学府の教師をやられていたという見識や経験を、選挙民や政治家は評価しているはずです。ぜひレトリックはやめていただきたい、とそう思うのであります。
[PR]
by gentas | 2008-10-05 20:06 | News

金融庁検査の存在感

金融機関に勤めている人にとっては
検査といえば金融庁、考査は日銀
というのは常識です。

同様に、上場する一般企業を中心に
監査といえば、会計監査
が主であり、日常的には監査役監査、そして業務(内部)監査というのはごくごく存在感のないものでしょう。不正監査(フォレンジック)などは休日や深夜に実施され、該当者はこっそりと人事などに呼び出され、大半は訴追されることもなく自己都合あるいは懲戒免職されるわけですから、通常勤務者にとっては気がつかないうちに完結してしまいます。

さて、旧大蔵省時代は検査の実態を探るべくMOF担が日常的に情報収集に努め、結果を社内に還元していました。正確にいえばごく一部のMOF担だけでなく、複層的な情報収集が行われていました。

しかし、今や金融庁発足以来、毎年7月から始まる
検査年度での実績や方針、ポイント、規模などなど実に様々な内容が公表されています。
http://www.fsa.go.jp/policy/br-pillar4.html

さて、今年は「ベターレギュレーション」を標榜し、例年より一層小まめな情報公開が実施されています。さて、rehman騒動、総選挙など大きな影響因子や、そしてそもそも日本の管理体制を揶揄し米国基準を導入し、カタカナだらけとなっている行政府からの指導はどうなっていくのでしょうか。。。。。。
[PR]
by gentas | 2008-10-04 13:28 | Internal Audit

主客転倒

Excite エキサイト : 政治ニュース

「。。。。民主党の小沢一郎代表は、首相が所信表明で連発した異例の逆質問には応じず、代表質問を事実上の「所信表明演説」と位置付け、民主党の衆院選マニフェストの基本政策を説明した。対する首相も「日本の未来に責任を持てるのは自民党と固く信じる」と主張。。。。」


はて?最近はなんだか天地が逆なようなことが多くて困ります。可愛らしい格好でマスコミにでてくる性転換手術をした芸能人もそうですが、
まさか首相まで逆転するとは

演説の内容といい、相手に対する姿勢や態度といい、
はて、どちらが政権の首魁なのでしょう

野党党首がどうどうと論陣を張って演説しているのに、終始にやけた態度をとるのは、虚勢にしか見えません。だいたいご自分の所信表明演説に相手に質問をするなんて、そんなバカげた演説があったでしょうか。中小企業や自民党のシンパに緊急経済支援をする、ともっともらしい言い訳で解散総選挙を伸ばしている方がどうしてそのような態度がとれるのでしょうか。
もし百歩譲って戦術だとしても低劣すぎませんかね?

一方、堂々たる演説らしい主張をした小沢一派に対してきっと大多数の視聴者は
民主党天晴れ!! 
と感服していることを、普段は政治嫌いな私でも確信しました。
[PR]
by gentas | 2008-10-01 23:41 | News

内部監査推進全国大会

第42回内部監査推進全国大会
が京王プラザホテルで平成20年9月29日、30日両日開催されました。
http://www.iiajapan.com/info/42zenkoku_taikai_kojin.pdf

残念ながら十分な時間と期末であるため会社の予算がなかったのでシンポジウムには参加しませんでした。しかしながら、近くに所用ありましたので、同南館5階で開催された各会計事務所、コンサルタント会社、出版社等による展示会に顔をだしました。初日の始まったばかりの時間にいってしまったようで、手持ち無沙汰の方がおり、何人かと方と雑談や情報交換することができ、予想外にいろいろな話が聞けて満足でした。

いくら内部監査が注目されているとはいえ、専門書や専門家が一堂に集まることはなかなかないと思いますので、貴重な機会を得たと喜んでいます。
[PR]
by gentas | 2008-10-01 01:01 | Internal Audit