Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

<   2007年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

小売販売業

M先生から、「茶葉販売店の改装依頼を受けた。併せていろいろな提案をしたいので、可能な範囲で意見あれば述べよ」、と要請を受けました。
まるで、
診断士二次試験の課題 あるいは
テナントリースにおけるマイニング
なので考えてみることにしました。

私の疑問は以下のとおりです;
・(そもそも)ビジネスモデルは何か
 (小売か、輸入販売か、輸出会社指導か)
経営組織基盤は磐石か
 (一挙に競合他社が現れているのではないか)
財務、C/Fバランスはとれているか
 (フランチャイズ戦略か メインバンク/ファイナンスコンサルタントは)
競争優位性は何か(SWOT分析)
 (小売と店舗併設に意味はあるのか)
店舗のスクラップ&ビルドは何故行っているか (店舗戦略は何か 旗艦店は何か)
中期経営計画はあるか
 (営業戦略上何が重要か)
[PR]
by gentas | 2007-06-30 17:38 | Research

iPhone:革新か、確信か

Excite エキサイト : 経済ニュース
 iPhone 、6/29に発売されたようです。確かに、電車通勤していると大半の人が携帯をいじっています。特に帰宅時は。今は「ケイタイの時代」なんですね。

そんなときに音楽や落語を聴いたり、語学あるいは講演、授業を聞いたりしている人もいるでしょうが、もっとも目立つのは
 「ゲーム」 です。アクションゲームに取り付かれ、カラダを動かしている人もいますが、多くは「電話も来ないし、やることないからゲームで使っている」ように思えます。大のオトナがRPGとかエバだとかいう言葉をいって喜んでいるようです。(携帯型ゲーム機では、DSはあらゆる年令階層で所有し、PSPはやはり若者の男性が眼につきます。Gameboyアドバンスをこの間1人見かけました。Gameboy、たまごっちなどは見当たらないようでした)

iPhone、個人的にはたいへん興味あります。当然購入希望ですが、なんとなく「え、こんなので売れるの?」という感想を持つのではないかと心配しています。革新的操作性、統一性、シンプルデザイン、ごたく並べしないコンセプト。。。。トータルで見ると日本の連続的な新製品ラッシュよりははるかに革新的でいいですけど、またありそうですぞ、バルーンがくるのでは?

Appleといえばバルーンです。困ったことがあると原因もわからず出現します。今回はアクティベイトで早速話題になっているようです(次報を待って下さい)

革新性のある商品との出会いは興奮します。
[PR]
by gentas | 2007-06-30 11:02 | Electronics
Excite エキサイト : 社会ニュース
フジTV、所得隠し2億円
私の理解では税務調査が入る時点ですでに確証がある程度はあったと思いますが、指摘された点は「ウソー。新入社員でもわかっている」ようなことじゃないですかね?
これではまるで、「そこらへんのラーメン屋さんレベル」(ラーメン屋さん、すいません)ですね。

でも有税処理などは当たり前すぎです。ですからきっと関連会社を使った
「意図的な隠蔽」
があったのではないか、と想像します。

かつて、劇場の企画会社を設立し、出演者などの交渉をさせた経験があります。その時、某法人事務所への出演費用支払いについて
すべて源泉していなければならない
という税務署から指摘を受けた経験があります。

法人なのに源泉?最初はピンときませんでしたが、税務署の見解は
「(芸能人とか著作権とか文化人とかは)
何をするかわからないので取れる段階で徴収するのが原則
との回答でした。

そう考えると、サラリーマンなんか年間収入をしっかり管理され、しかも源泉されるなど、税金は完全に捕捉され医療費控除や住宅取得控除なんかも米国型の実額ではなく収入から控除されるなどがんじがらめというかふんだりけったりというか、たいへん厳しいと再認識しました。もっともそれだけ順法的な対応を強いられても、年金は消えてしまうのに、そんな事実に対してもじっと耐えているのですから、よっぽど聖人のように気高いか、とんでもなく自虐的でお人よしな人種なんでしょうね。
自分を含めて。
[PR]
by gentas | 2007-06-30 09:07 | Town Walking

株主総会

日本を代表する某社の総会にいってきました。意外だったのは1,000株の単元株を持って出席する主婦と思われる中年・老年の方が何人もいたことです。

失礼を承知でいえば、コンシューマー商品を扱い、総会でお土産を配布することがあるわけでもなく、某社のようにタレントを呼んでコンサートを開いたり、○ーさん騒動の某社のようにマンザイをするわけでもなく、社会的や事件を起こし大騒動になっているわけでもなく、留保金処分による配当金や新株予約権や第三者向け新株式発行を議論するわけでもなく、TOBをかけられたりとTVマスコミが注目するわけでもなく、ただ老舗財閥企業の役員・監査役交代が議題の総会に何を求めているのか?

例えば、主婦の方々の旦那様が同社の役員だったとかいうならばもっと株式を保有していそうだし、どうも釈然としません。

が、しかし、年配とはいえ女性が関心を持ち、株主総会に出席するというのはいいことだと思っています。我が家でも株を持ってもらうつもりです。少しは世の中のことがわかってくると思います。
[PR]
by gentas | 2007-06-29 00:01 | Town Walking

ボーカル

取締役会の後の歓送迎会を軽く流し、いやいやながら二次会に付き合わされたのですが。。。。

いやあ驚きました。店内で聞き覚えのある声を振り向くとあの「ボーカル」です。

え?わからない?ボーカルといえば「ガロ」に決まっているじゃありませんか。学生街の喫茶店ですよ。深い響きのある声の主はまさしくボーカルです。年令は早や還暦近いのではないか、と思いますがたいへん元気でした。若い女性を従え、絶好調というオーラをだしています。

持ち込んでこられた鹿児島芋焼酎「海童」を少しごちそうになりました。赤い瓶が特徴ですが、味はごくスムーズな芋焼酎でした。

ごちそうさま!ボーカル。いろいろな意味で少し元気になりました。
a0020434_057911.jpg
[PR]
by gentas | 2007-06-26 00:57 | Town Walking

バランス

Excite エキサイト : 経済ニュース

いよいよ「郵貯」の解体が始まります。普通の金融機関と同じように「課税、預金保険」などが適用になり金融商品の競争が始まるわけです。その時には、組織に関しては今のようなレベルの職員構成で組織が維持できるとは思えません。また、当然郵貯資金をもととした財政構造も一変します。「第二の予算」とも「官僚のポケット」ともいわれた特別会計も大きく変容することが予想されます。

会計に関しては、少子高齢化を考慮しているとは思えない右肩上がりの予算が、これで一変するとは思えませんが、たいへん大きな影響があるだろうと思っています。

話がそれましたが、「普通の金融機関」になると受与信があります。今までは受信のみを行ってきたわけで、しかもその内情もほとんどがベールにつつまれていました。従って新組織になって、まず最初に起こるのは「正確な受信がなされているか」明確になることでしょう。
そしてその答えは「大量の事務ミス、組織の合理化、機械化→リストラ」です。

次は「与信」にあたる部分です。集まった金をどう運用するか、何もノウハウがないわけなので投信や投資、自己運用が考えられます。ここでも殿様商売しかやっていなかったわけですから、手数料をとられるだけです。私のおすすめは自己運用です。M&Aなどで運用会社を吸収していけば大きな存在感が創出されるでしょう。

とにかく悪名高い「特殊郵便局」を運営する商品はなくなりますから、当然これらは廃止になっていきます。むしろ特殊郵便局となって存在する「立地転用」を考えるべきでしょう。現銀行法などで業務がどの程度認められるようになったのか知りませんが、ポンチエ的にいえば「99ショップやコンビニと合体して効率化をはかる」のも妙案です(そういうわけで無責任なポンチエです)

細かくは手数料の上昇や積み立て預金の廃止で顧客が尻すぼみで減っていくのは明快な事実でしょう。隠してきた不備事項も金融庁検査、日銀考査(あれ?日銀との関係はどうなるんでしたっけ?)などで膨大に顕在化するのでしょうね。。。。残念です。
[PR]
by gentas | 2007-06-24 10:32 | Research

コミュニケーション

長く正しく「嫌われ者」役を担っていた「部下」が引退です。
彼は元上司だったのですが、還暦を迎え延長雇用ということでそのまま同じ職場にいました。後任が私です。普通メーカーなどでは特殊技能などを理由に後任の指導者として残るとは聞いていましたが、事務系といってもいい現在の職場は「元上司が部下」というのは非常にやりずらいものです。

役員となった他の上司(元部下)に対しても
 「クン付け」で呼ぶのは当たり前 。極めつけは「社長発案の中期経営計画」をケチョンケチョンに批判したこと(社長から「どういう意味ですか?」と質問されたら、気づいたらしく手の平を返すように謝罪していました。ここいらへんは団塊世代のK大出身者に多いような気がします)

もっともはるか昔から恫喝型で名を馳せた方なのです。

さて、そんな彼も自分が親会社での「誰も引き取らないからここにいる」評判をいまだに理解せず、幹部役員と同期であることを理由に踏ん反りかえっていたのが仇になり、転出となりました。今度は威張ってばかりというわけにいきません。実務がまっています(きっと「おっさん、それやっておいて。と厳しくやられるんでしょう)。周囲の人間は「胸をなでおろして」いました。

皆さんの中にも同じような例がありませんか??

ところで、対処に困っていたのは直属の上司である私も同じでした。でも、退職してホッとしたかって?とんでもない!!せっかく懐柔策を駆使し、最近ようやくご自分の立場を理解していただいたところです。

なんと後任に三越近くの銀行OBが来るらしいのです。ウソー!もっとひどいじゃないの。昔、N銀の方(高卒)となんども仕事を一緒にしましたが、その時の印象は
ズバリ「威張っているだけ」。
最後は必ず「君、これはウチの文書課が書いた契約書だよ。文書課が作ったといったら国がいったのと一緒。これが正しいに決まっているじゃない」。それじゃ、片務契約ですね、などともいえません(そういえば、無謬性という言葉を深く深く認識したのもこのころからでした)。

どうせ業務知識も労働意欲もなく、「俺をだれだと思っているのか?」という人に決まっています。今までは一人でやれば済んでいましたが「君、これはどうなっているのかね」とやられたら溜まりません!!

や・め・て・く・れー
(いろんな意味で。。。。)※今回はグチだけでしたね。
[PR]
by gentas | 2007-06-23 00:04 | Internal Audit

続:ブツヨク

a0020434_22542624.jpg
「こんなものが欲しいなあ」といっているアットという間にいくつもでてきた地デジ(ワンセグ)チューナー。PCにつなげるものは今や値段ではなく性能です。どうです。アンテナ2つですよ!

おもいっきりアナノグな、分かりやすいアピール情報ですが、欲しいです。
6月下旬から発売されるようです。a0020434_2323839.jpg
[PR]
by gentas | 2007-06-20 22:58 | Electronics

TATOO

自分がどう見られているか、よりもむしろ周囲を見ることが容易なためか、つい通勤途上で乗客を観察します(もちろん、カガミは使いませんよ!)

暖かいというより暑くなり、男女ともに薄着になる最近、妙に眼につくのは「TATOO」です。
腕、肩、手首、足首。男性女性にいます。年配者はおらず若者ばかりです。「最近はシールもあるんですよ」とY木女史に先日説明されましたが、私にだってそれぐらいの知識はあります。どうみてもホンモノです。

「どうしても彫りたかった」と聞いたこともあります。マジックで書いたのではないか?とおもうくらい杜撰な絵を腕にしている女性にもありました。自分でやったようです。

足首にぐるりと彫っている若い男性を見たときは「年とって靴下はけばわからない、とおもっているのかな」と男性らしい中途半端さを感じました。
すごく美しい女性がどかーんと腕にしているのを見ると実に不思議です。
最近ある人に聞いた話では、やっぱり後悔して移植手術できれいに回復できると聞いて実際にあちこち病院にいったけど断られたということです。
お医者さんにとってはきれいに仕上げるのが難しいのか、手術代をだしてくれない人が多いのか、医療点数にならないのか。さて事実はどうなんでしょう?。。
大半の人にはまったく関係のないことです。

年金があきれるくらい杜撰でしたが、現代が管理社会であることはまちがいありません。その中でTATOOはどのように扱われるのか?昔は銭湯にいけば必ずモンモンのおっちゃんがアツイ湯に入っていて怖い存在でした。露天作業の金物、植木などの職人もしていました。落語によれば、臥煙(火消し)は全員が死んだ時に見分けがつくように彫り物をしていたようです

しかし、銭湯やサウナ、温泉にいくと「彫り物の入場はお断りします」とはっきり書いて表示されています。銭湯がだめなのに、昼間堂々とよく見かけるのはどうしてでしょう?皮肉はことになっていますね。

なんでも彫り物と入墨はちがうだそうです。六代目円生を聞いていたら、入墨(またはスミ)とは受刑者に入れられたもので、おでこや腕などにいれたものだそうです。(そういえば外国の写真で顔に墨を入れられたものを見たことがあります。こうなると一生顔をだすことはできませんね)。入墨には収容場所や罪を現す記号もあったようですから厳しいものです。

TATOOもきれいになっていたらまだいいです。極端な話ですが、マイケルコネリーの本では陸軍に入隊したとき主人公のボッシュが16才の時に手の甲に入れた彫り物がHOLD-FIRST(しがみつけ)だったのを見つかり、それが海軍のTATOOだ、と上司に指摘され、毎日壁を殴り続け化膿して消したとあります。あくまで小説の話です。
[PR]
by gentas | 2007-06-17 14:43 | Town Walking

ブツヨク

生活や人生に満足しているか?といわれると成績はまったく不可です。しかし、そんな根源的な問題より「何か欲しい」時期があるのかもしれません。小市民的にいえば、今は通勤用グッズが気になります。カバン?これは難しい。いいものは機能的でなく、高価高級なものはTPOとして意味がありません。大きな会議や商談など虚勢を張る場合もありますが、今は日常的な事務作業が大半です。そして重いものが多い。

従って、カバンは 
 ①機能的 ②軽い ③雨用は別仕立て ④TPOに相応しい 
と基準は明快です。しかし、残念ながら対応する商品はありません。まして、
コモディティ化したブランドには拒否反応
があり、ブランドものであっても「御郷が知れない」ようになるべくマークなどは小さなものを購入しています。ということで、機会あるごとにカバンを探すことになります。

さて、長距離通勤者には別のモノも気になります。昨日お会いした大野先生は確か岐阜出身で学生時代から荻窪在だったと記憶していますが、研究室は柏と離れています。もっともあちこち出かけら、しかもつくばエキスプレスで時間的には意外と近いようです。私のようにほぼ毎日長時間をかけて通う必要はないでしょうが、昨日のお話では東大のキャンパスをへんな場所に移転させ、「(俺様を誰だとおもっている、へんなところに新キャンパスを移転するとは)不満爆発!」大野節炸裂でした。先生、東大といえども国有財産なんですよ、所詮独法とはいえ公務員なんだからそんなへんな服装も止められてはいかがですかと心の中で呆れていました。
少なくとも、本人の弁によれば世界を飛び回っておられるらしいですが、私は2時間超を毎日続けているので車中の過ごし方がもっと重要になります。

というわけで、一時期PCに動画を入れて車中で見たりしました。これはだめです。ちらつきもありますが、100%覗かれ、それが気になってしようがありません身を乗り出す人もいます。。従って、せいぜいMP3や地上ではラジオになります。しかし、なんか動画が見たい!

ありました。http://www.gigabeat.net/mobileav/audio/lineup/v-series.htm
どうでしょう?T社らしく「ずんぐりむっくり」でS社のようなデザイン偏向なく、結構重量もあり鈍重で好感持てます。詳しいU氏にささやくと「画面サイズが違いPCからの変更が面倒」と的確かつ厳しい評価です。まあ、でたばかりですのでしばらく静観しますかね。

a0020434_1453383.jpgとりあえず、今日は今週車中で読む文庫本を用意することにします
[PR]
by gentas | 2007-06-17 14:00 | Electronics