Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

<   2007年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

勇み足ではない

Excite エキサイト : 芸能ニュース
不○家からの反論に対して、私は当然主張するべきだと思います

判官贔屓」という言葉があります。日本の美徳のように捉える人もいますが、単純にいえずむしろ封建社会が長く続いた日本独自の無宗教的感覚ではないか、というのは私の意見です。

坂本龍馬が始めたといわれる「会社」という概念は、営利を追求することは誰でも自由にでき、利益を得たうち社会に還元するために税という制度が近代社会に芽生えたと理解しています。

不○家が何かのミスをした、それがオーナー企業の甘さであり、新会社法施行前に現出した日本企業の脆弱性だ、というのは実にわかりやすい話です。数分の朝のニュースで内容の重大さを考えずに直感的に思ったことをアドリブでわかりやすく伝えるのも才能だとは思います。

しかし

タガが緩んでいたことも事実でしょうが、短時間でわかりやすく伝えた発言であり、その根拠が精査もされていない内容だとしたら、当然不○家はTVあるいはアナウンサーに対して企業価値を毀損したということで莫大な金額を請求すべきです

次々に明らかになる製造工程・管理工程の未熟さはもちろん問題ですが、ゴーイングコンサーンとしての民間企業に対して、その存在自体を否定するような発言「廃業しろ」というのは明らかに行き過ぎた発言です。厳しい言い方をすれば、

「決められた文章を読んでいるだけのアナウンサーごときにそんなことをいう資格はない。全国に発言する人間が感じたことを言い権利はなく、立場にない」ということでしょう。

あくまで憶測ですが、不○家側の番組は捏造されたものとの主張が正しく、Mアナウンサーが根拠のない発言をしたとしたら、そして私が不○家の経営あるいは法務担当だったら、TV局はもちろん当然本人に対して損害賠償請求し、その金額は企業価値を毀損したのですから、非常に高額(数百億円)をまず主張すると思います。

そのときは、勇み足の発言でした、ごめんなさい、では決してすまないことになるでしょう。


つまり、やりすぎましたね。 
[PR]
by gentas | 2007-03-31 23:49 | News

録音

必要あり会議の録音を試みました。「試みた」というのはmp3プレイヤーを使って、外部コンデンサーマイクを経ての録音という意味です。マイクはだいぶ前に、海外出張時に重宝したネクタイピンマイクです。

ピンマイクというものの特性をあまり重視していなかったのですが、会話は実にクリアに入っていてmp3でも十分リアリティのあるものでした。しかし、遠くの音声はまさしく「距離の三乗に逆比例して減衰していました。うーむ。やはり指向性マイクというものは必要だわい、と再認識です。

a0020434_10103295.jpgあ、そういえばこんなこと前にもあったなあ。しかも、タイマー機能付きの録音可能なプレイヤーだったので、タイマーが稼動すると以降は録音できない!という致命的な欠点もわかりました。

「録音しているからあとで聞けばいいや」とあまりメモなく、会議はボーとした記憶でまとめなくてはいけませんね。

教訓: 記録するときは、「記憶」も忘れずに。準備に十分気をつけよう。
[PR]
by gentas | 2007-03-31 10:02 | Certification
Excite エキサイト : 経済ニュース
http://www.citta-materia.org/sanshin.php
初めて三信ビルにいったのは某名門コンサル会社に打ち合わせに寄ったときだと思います。落ち着きのある古めかしい中廊下を歩いて「さすがに三○グループはちがうな。こんな落ち着いた場所で頭脳労働が尊重されるんだから」と思いました。。。。

しかし時代は変わって、本社業務を行える規模や設備に劣り、躯体の老朽化も激しくなっています。今となっては現状維持することもできないでしょう。夏ひんやりと感じた内部空間は、ヒヤヒヤに感じるようになりました。

実際、仕事で往訪する会社もなくなり、もっぱらプライベートな用事でしか今は行きません。各エアラインや海外の観光事務所ももはや姿はありません。地下はほとんどが休憩場所や喫煙コーナーです。同じ地下の某郷土料理屋さんへなんどか昼ごはんを食べにいきましたが、味や麺の質は粗雑で、従業員の方もお客さんも相当に高齢化し、それでいて値段が高い、のはなんだか「俺は『旧財閥』の名門ビルだぞ」といっているようで、中身がなく実は毎回失望しているのです。

私は保存運動の趣旨はわからないのですが、解決策に「隣地との空中権による。。。」との記述を読んで、おっちょこちょいの私は「あれあれ、これは空中権移転の地ならし、つまり、また市民活動を装った『やらせ』じゃないの?」と思いました。

a0020434_017454.jpg

三信ビルに接している、三井住友ビルは旧三井銀行の本店機能を有しており、現在は三井住友銀行本店となっています。堅牢でシャープな真っ黒な大理石を張り詰めた外観は旧興銀ビルのような圧迫感はありませんが、スマートな概観は都市銀行らしく好きな建物です。しかしながら、最近私が用事があって入ったときは、一瞬信金のビル?と錯覚したのを覚えています。内部の打ち合わせ場所も迷路のようになっています。世界に比肩するメガバンクの執務空間ではなさそうな印象をもちました。つまり、建て替えは時間の問題、だったのです。a0020434_0164726.jpg

歴史的な規模ですすむ丸の内の建て替え事業に対して、三井グループ、特に不動産グループのいらだちはさぞやと思われます。日本橋で開発された建て替えも着実にすすんでいますが、三菱の丸の内への集中投資開発とは異なります。今日3/30は東京ミッドタウンとかいう大規模開発のお披露目の日であり、その日に三信ビルを発表したのは広報担当者として、実に的確な作業だなと思いました。
一般的にリスク分散や波及効果を捉えれば、むしろ分散したほうがいいでしょうが波状的にすすむ建て替えはテナントリースからも効率的なはずです。つまり、長い時間をかけた三信ビル開発は三井住友銀行にも多いにBenefitableだと思います。

それ故三井住友銀行本店建て替えは、三井不動産にとって重要な開発拠点のひとつです。むしろ、最も効率的な場所であり戦略的な拠点ではない、とも思っています。

かつて日本都市計画学会で「(丸の内の)容積率緩和は必要だというならやればいい。しかし、200%上乗せなら、その分の開発利益還元は当然するべきである」と喝破し、デベロッパーを黙らせた筑波大学の先生がいらっしゃいましたが、まったくそのとおりです。「丸の内」経済学―この街が21世紀の東京を牽引する
福沢 武 / PHP研究所
ISBN : 4569613640
スコア選択:


安易な空中権移転を、点的に議論し、しかも心情的あるいは保存運動や市民活動を理由に許しては都市計画の破滅となる場合がありますが、いかがでしょうか
[PR]
by gentas | 2007-03-30 23:02 | Town Walking

CIA試験の締め切り

すぐにPC受験にかわり通年試験になるそうですが、次回の受験は3/31すなわち明日締め切りです。

受験予定の方は忘れずに出しましょう消印有効だそうです

でも、4科目受験すると5万円以上かかるのは、少し高すぎますね

※CPA、CISA資格保有者には1科目免除ですが別途「管理費」がかかるそうです。なんだ、結局費用負担は同じじゃないの!
[PR]
by gentas | 2007-03-30 17:46 | Certification

CIAレビュー Part3

公認会計士のS氏が講師でした。昨日の失望でなんにも期待していませんでしたが、
いやあ、参考になりました。

何がすごいってレジメは昨日の「こりゃあ真剣に聞くだけ無駄だぞう」という印象とは違い、きちんと昨年改訂版がでたGLEIMのVersion12の抜粋だったからです。当たり前のことですがCIA試験は米国のお友達(監査人としてのプロ)が独自に、日本の官庁風にいえば「民間人が勝手にやった」資格試験です。『唯一の参考書』といわれるGLEIMの改訂も「全部やり直し」のようにアジアの果ての、日出る国のように、チマチマした修正を繰り返すなんか考えていません。ばっさりと「全とっかえ」です。

S講師も、実にやさしそうな声で「詳細はGLEIMのVersion12を読んで下さい。旧版との違いですか?ほぼ全部変わってます」と実にストレートな大人の回答でした。

ということでamazonでGLIEM Part3(version12)を早速購入しました。30$くらいの表示でしたが為替の影響なのか邦貨換算で5,100円でした。

※GLEIM社はどこかでよく聞いたなあと思ったら、CPAなどの会計関係の出版社でした。一時期はやったAnjoインターナショナル社の書籍部で見たんでしょうね。
[PR]
by gentas | 2007-03-29 23:49 | Certification

CIAレビュー Part2

あ○さ監査法人から斯界の専門家として注目すべし、と推薦していた憧れの弦巻ナレッジの○田講師によるPart2の講義を期待に胸膨らませて聞きました!しかしながら内容は、

がっかりだよう。

たった3時間半で話を聞くのはどだい無理だったのですが、CIAがいかに伸長したか、というご本人の感動的な説明がえんえん25分続きました。大半の受講生が自腹あるいは自社の負担とは思いますが、こんな「ひとりごと」を聞く余裕はないはずです。
周囲を見渡すと大勢が硬直しているか居眠りを始めていました。論点がわからない話を、だらだらと聞くのは苦痛以外なにものでもありません。ひとこといっていいですか?

金返してくれ~
[PR]
by gentas | 2007-03-29 00:58 | Certification
Excite エキサイト : 社会ニュース

タミフルについて「10代には基本的に使用しないよう」と修正した記者会見をしたのは記憶に新しいです。しかし、カゼ薬には「大人と子供」しかないように当然「10代以下には10才未満を含む」のが当たり前の日本語、ではないのでしょうか?

それとも、TDLのスリリングな乗り物に「120cm未満は不可」などと表示されていたのを、「100~120cmは不可」などと表示することが当たり前になるのでしょうか?

「10才未満は死亡率が高いから」などという説明はそれと同じだと思いますがどうなのでしょう?

まさかとは思いますが、いつになっても成文法の規定や表現に拘り、人命を軽んじる「政府の無謬性(間違いはないことfont>」を続けるから、地方都市の中心市街地は空洞化が止まらず、日本の人口も増えないのはないでしょうね
[PR]
by gentas | 2007-03-27 22:52 | News

欠かせない都市装置か

Excite エキサイト : 社会ニュース

住宅、自宅というものが信用創造上の根拠のようになっていることは否定できません。新人採用に際して、地方出身者、特に独身女性は不利でしょう。優秀な学生に東京で生活するのはどうするんですか、と聞くと「兄と同居しています」といわれたことがあります。しかし採用側の一部には「本当におにいさん?」と猜疑心に満ちた眼差しをする者がいたのも事実です。

例えば、大企業の初任給が20万円、手取16万円と仮定して10万円のアパートに住むのはかなり難しいでしょう。相当に緊迫財政をせざるをえません。逆にせっかく希望の会社に入ったからと財布の紐を緩め、六本木・新宿と遊び歩く人も多数います。むしろこういったフレッシュマンをマーケティング対象にして春の消費財は伸長するのでしょう。女性の場合は、雇用機会均等法施行とはいってももっと経済的に厳しいとは想像できます。

このネットカフェ難民発言政府の意図的発言ではないかと思っています。何故なら例えば役者などバイトで生計をたてる人は昔からいて、割りのいい肉体労働や深夜の仕事をして、そのために友人宅に泊まったり、カプセルホテルや現場に仮眠を取っていたものもいたでしょう。
その点、ネットカフェは確かに24時間営業で快適な空間を提供してくれますが、一斉に記事になったりする動きを見ると、規制となっていない新産業に新たに法の網をかけるために報道されているように思えます。パチンコなどの遊戯組合などと同様に制限と規定を設け、新たな天下り先を確保し、同時に「国家的立場から指導した」というポーズを作りたい、のではないでしょうか?

確かに一般ユーザから見るとネットカフェには怪しげな人が出入りしたり、長時間滞在するのは心配な話です。確か韓国で何日間もいてあげくの果てに無銭飲食無銭滞在だった人がいて逮捕された、というニュースを聞いたような記憶もあります。

しかしながら、ネットカフェはPCを持ち歩かずに外出したり出張する際にはたいへん有効な施設です。少しづつセキュリティに対する姿勢がちがうところなどはたいへん仕事上も参考になります。

このような現代社会が産んだ都市施設を規制するのであれば、もう少し自由度をもった検討をしてもいいのではないでしょうか?かつての日雇い労働者の宿が外国人旅行者に貸し出すことに変換して成功している、という言い方もありますが、むしろ生き残りをかけて業態変換したのでしょう。
[PR]
by gentas | 2007-03-25 16:26 | Town Walking

成功の秘訣

Excite エキサイト : スポーツニュース
安藤選手、金メダルおめでとうございます。TVニュースをチラとしか見ていませんが久しぶりに達成感を微かに共有できたような気がしました。
と同時にチューネンの発想でしょうか?「うむ、これはこういうことだな」と深読みしてしまいます。

先月までの受験に際して「できる問題を間違えちゃだめだよ。できない問題はみんなできないんだから。1~2問のできが合否をわけるんだよ」と自分を含め、受験生に何度も言い聞かせていましたが、スケートなどスポーツも同じだったことを再認識しました。

どちらかというとふっくらとした落ち着いたSkatingを持ち味としていた方が、ジャンプに不利なのは素人でもよくわかりましたが、ダイエットだけでなくSkating自体も実に落ち着いた態度は、入学試験など緊張を強いられるものを彷彿とし、まったく感動的でした。

つまり、一定の訓練を成し遂げたものが辿る、
成功の法則=間違いをしないこと。ぶっつけ本番で試行してはいけないこと、なんですね。

一方、試合後の挨拶は我慢していた感情が少し噴出した様子で、これは逆に実に人間的でスポーツらしいすがすがしさを感じると共に実に好感が持てました。
[PR]
by gentas | 2007-03-25 11:36 | News

CIAレビュー

(続報です)日本内部監査協会のCIAレビューが今週いよいよ開催です。「雲をつかむようなCIA試験」(試験範囲の概要はわかっていても教本は英語しかなく、会計など勉強しないと絶対に合格できない内容がある試験なのに、講習や学校はない。1社あるがべらぼうに授業料が高いわりに教育内容が不明。試験内容はやや難しいのに独占業務もない。受験費用や維持費用はべらぼうに高いのに見返りはあまりなさそう)ですが、JSOX法の適用がいよいよ始まるという黒船現象でいっせいに受験者数が急増しているため、IIAの日本支部が開催されるといういわば、お墨付きの講習はまたたくまに満員になりました。

ちょうど協会に資料を見に行っていたときに「今度これやるので参加してはどうですか」といわれましたが、資料代以外の高額出費に躊躇していましたが、アッという間に申し込みは終了したようです。

しつこいようですが、多忙な監査担当者に2日間に亘る平日の講習で、しかも自腹ですからまったく事務局は需要と供給を理解していない、のでしょう。

ちなみに後日聞いた話では、Part4つまりシステム監査は現在でも申し込み受け付けるようです。どうやら皆さんシステム出身の方、あるいはCPAなど会計専門家の方が多いようです。
そんな意味では、内部監査担当者のスキルは想像以上にあがっていて、各社の優秀な人材を積極的に配置させているなど力の入れようが推測されます。Wiley CIA Exam Review: Internal Audit Activity's Role in Governance, Risk, And Control (Wiley Cia Ex
S. Rao Vallabhaneni / / John Wiley & Sons Inc
スコア選択:
[PR]
by gentas | 2007-03-25 11:15 | Certification