Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

髭剃りの経済学

クルマというものの違いはよくわかりません。軽自動車がよく売れる傾向が続いているようですが、一方トヨタの高級車、ハイブリッド車もよく売れて同社の時価総額が30兆円とか新聞に書いてあったのを思い出します。金融機関ではポルシェを買う新入社員が何人もいたという話も記憶にあります。Kcarが100万円としてベンツ、ポルシェというのは1,500万円ぐらいとすると15倍の違いがありますね。

カメラは人気のない使い捨てカメラが500円とすると差がありすぎますね。一般の5Mクラスで3万円、Nikonのデジカメが15~30万円とすると、まあ5~10倍の差でしょうね。

さて、髭剃りです。といっても「電気カミソリ」です。有名なジレットの二枚刃の話ではありません。私が思うにこの機構は非常にシンプルで「回転して切る」とすると一番安いのは日立のRM120のようです。どうやら通販で買うと、なんと替刃より安く1,000円を切るようです。一方、音波の深剃りができるブラウンブロソニックは35,000円と実に35倍の差です。

うーむ。マーケティング戦略として差がありすぎるような気がします。どちらかが圧倒的に価格設定を間違えているのでしょうか?電気カミソリの替刃は半年から1年程度で交換するように、と説明書きにあります。従って、「どんな高級品も替刃が命」なのはプリンターでいうインキと同様です。

また実際にRM120というものが店頭にあるかは確認していないので、すでに市場にないのかもしれません。電気カミソリの購入はどちらが主流なのでしょうか?

私?私は実はジレット、貝印と「アナログ派」ですので傍観者なのですが、気になります。
[PR]
by gentas | 2007-02-26 22:48 | Electronics
セネターズの歌手として有名になった同氏は確か日本のTVで「トムジョーンズショー」というものをやっていました。

当然アメリカTVの転売・再利用だったのでしょう。放送したくとも放送するものがない時代は、バカらしいお笑い番組がないかわりに米国製などのソフトを購入するTV商社マン時代でしょう。でも子供にはたいへんいい刺激でした。

どうやらセクシーな歌い方をする、ので有名らしいですが子供にはそんなことはわかりません。記憶を辿ると当時は「カッコイイ米国の男性ソロシンガー」と思ってました。

さて、最近久しぶりにトムジョーンズを聞きました。す、すごい!POPな内容で声量もすごい。昔の性能の悪いマイクロフォンに向かって歌ってきただけに声量がすごいです。「タイヨウのうた」のYUIにもかつてのカルメンマキや金子マリなどの歌手に通じる声量がありそうで、ぜひ一度ライブで聞きたいと思っていました。

ロックに疲れた方、子供っぽい歌詞に飽きた方、そして何か新しいオンガクを欲している方、一度聞いてみて下さいa0020434_2225962.jpg

格付け:「B+」(これは相当にすごいものを発見しました。元気のない日には会社への通勤時に聞きたいと思います。)
[PR]
by gentas | 2007-02-26 00:36 | News

瀬戸内寂聴

Excite エキサイト : 社会ニュース
源氏物語は好きな古典であり、長い時間をかけて新本を出されたことは知っていても、私の世代では「瀬戸内寂聴」といえば、もっとドロドロしたところの記憶がある元気な女流文学者の一人です。寂聴さんがゆく 瀬戸内寂聴の世界
瀬戸内 寂聴 / / 平凡社
ISBN : 4582634273
スコア選択:




この方の講演会だかに、やはりI氏が出席し、滔々と演説されたと最近の記事で読みました。
「すわ、瀬戸内寂聴。参議院出馬か?」などとマスコミの一部が煽った、という話はないくらいの、I氏の講演は「空気のような」存在感だったらしいです。

なんでもかんでも「~さんがこういった。だから問題」という姿勢はもうやめてほしいです。でも発言主旨は引き続き取り上げてほしいですね。閣僚のみんな、ガンバレ!(ただし、へんな演説はやめましょうね)
[PR]
by gentas | 2007-02-25 23:55 | News

情報セキュリティ

日経ホールへIPA主催(というかたちの経済産業省の)セキュリティシンポジウムに参加してきました。さすがに二日間のシンポジウムに出たり入ったりとはいえ参加するのは勇気が要ります。今回は部下の教育という理由にしました。
http://www.jipdec-sympo2007.com/index.html

最新の話題に触れるということは知的興奮をするものです。自分が講演者側だったことを振り返ると、所詮シンポジウムの話題というのはすでに既定であり、ちっとも最新ではない、ことはわかっていますが、残念ながらこの分野についてはひたすら首を垂れて教えを請う立場ですから、素直に最新といえます。

はっきりわかったことはシステム監査という視点から見る角度と、フィシングや「渡り」といったINETやサーバーの世界における問題とは違うということ、でした。

土日は鴨川までフラフラ出かけながらも、あいまにシンポジウムの記録を書いていました。考えてみると、情報セキュリティ大学院修士博士論文発表会が土曜日にあったはずなのですが、テーマがほとんど馴染まないものだったので失念していました。大半はネットワーク技術でした。(先生、後日教えて下さいね)。

久しぶりのドライブで喜んでいたのは、私だけでなく、3km/lの悪燃費を誇る我が家のクルマも高速ドライブでシャッシーもオイルも相当目覚めたようでした。鴨川ではMorganクラブというのでしょうか、クラシックカークラブの方々と同じところに泊まったらしく、早朝6:00頃からズラっと並んだ車列は妙にオーシャンビューに馴染んでいました。

せっかく期待していた弱炭酸泉は、「硫化泉:ただし水で薄めており、加熱しています」という効能を読んで少しがっかりしました。温泉の定義ってかわっていたのですか?
a0020434_2042112.jpg
[PR]
by gentas | 2007-02-25 20:42 | Certification

4,500超え UNADANパワー?

UNADONさんのコメントを書いているうちに4,500アクセスを超えていたようです。

うーむ、恐るべしUNADONパワー
[PR]
by gentas | 2007-02-25 20:22 | News

Vinshuh

お疲れでした。
けむり」が大人気らしく残念でした。
次回はぜひ「いせ源」集合→けむりにしましょう。

UNADONさん、長い付き合いでこんなに元気であらせられるのは、応仁の乱以降初めて。。。とはいわないまでも遭遇した記憶なく嬉しい限りです。

善男善女クラブの諸君(え?聞いていない?当然です。今銘銘したところです!)

明日の出勤を決めたYさん、ネコ本を渡し忘れたTさん。これに懲りずに付き合ってやって下さい。イ○カ先生、貴重な戦力の動員をお願いしましたが、なーに、発言を爆発させたい人がたくさんいるイ○カ周辺に集う諸氏です。新しい場を設けたと思ってご容赦下さい。Yさん、Tさんもいろいろなことに気づき発言したくてウズウズしているようですが、残念、私めが多少時間を管理してしまったということがあってマグマ噴出までにはいかなかったようです。私はどちらかというと時間をガッと決めて機関銃のように交戦するのがタイプです。次回は新たな戦場を用意するようにします。
Tさん、日本都市計画家協会のこの研究会他の幹事をしています(まだいちおうは都市計画の専門家のつもりなんですが、外見にはどうなんでしょうね)
http://www.mmjp.or.jp/jsurp/kenkyu/syosikorei.htm
結構メンバーがすごくて、特定の大学・学科の方が多くやや居づらいところですが、興味ありましたらぜひ参加下さい。二次会は更につらい場面もありますが、逆に興奮します。某都市工学科のプライドが充満していておもしろいです(赤門建築学科も京都大学も「なに?それ」という顔をされます、トホホのホ)

ところで、UNDAONはいかがでしたか?過去の経験からいえば、相当に先生は盛り上がったようです。よかったよかった。

次回はぜひコメントからはじめましょう。今日のところはこれまで。お後がよろしいようで。
[PR]
by gentas | 2007-02-24 01:27 | Recommendation

金利引き上げ

大方の予想どおり、日銀の政策会議で金利が上がりました。でも、「大方の予想どおり」っていわれるように、もはや日銀の存在意義もないのでしょうか?最も上がっても0.5%。大方の予想では銀行株だけではなく株式は上昇するようですがどうでしょう?

日銀といえば、会社内で近くに座る日銀OBの総務担当役員の発言や行動は、とてもエリートという感じはないですね。まるで「地方自治体の部長さん」です。因みに年令はあまり変わらないようです※

名刺を整理していたら、●十年前の福井総裁の調査統計局長時代のものがでてきました。でも契約の締結(確か5千万円くらいと大きかったのです)の挨拶だけだったのか覚えていないです。当然、あちらはもちろん全く覚えていないでしょうが。
※誤解ないようにいえば、これは「威張ってばかりで仕事の内容ではなく、自分の利権とか人事ばかりに口をだす」意味です。ホントウの自治体の部長様、読んでいたらすいません。あくまで卑屈な育ちの悪い私めの表現ですのでご容赦下さい。彼(某日銀OB)は総務を担当しているので、おかげで普通の会社の総務的な部分は最悪です。雑誌も新聞も広報もダラダラです。
[PR]
by gentas | 2007-02-22 00:35 | Internal Audit

新製品

あーやってもうた。

家人がひょんなことから携帯電話を紛失しました。「うっかり」無くすというのが曲者で本人も結構がっかりきています。でも、本人はどう思っているのかわかりませんが、現代社会で一番怖いのは「個人情報」です。使えるのに買い替えするのはやや惜しい気もしますが、より問題なのは他人への迷惑はないかでしょうね。あまり細かいことは聞いていませんが、まさか自分の銀行口座とか暗証番号とかは入っていないはずですが、家族親戚友人知人の住所・電話・生年月日・メールなどはあったかもしれません。もし悪用されたら迷惑をかけてしまいます。

そういうわけでまずは、自宅のPCを見ました。以前バックアップソフトを購入したとき「そんなものは不要」といいはったのをバックアップしたような気がしましたが、残念ながらやはりないようです。

そのため今日は新しい携帯電話を買いにいきました。やはり身につけたいのは新製品がいい、というので昨日発売したばかりmpものを購入です。私だったら、一番人気のなさそうな、値段の安いものを探すところですが、そんなことをいったら「テポドン」が落ちそうでいえません。

あーまたやってもうた。

しかし、我が家にはもう一人やっかいな存在がいて「なんで私のは新しくしないのか?」と迫るのです。ええい。電池を交換するのなら一緒だよな、と大甘の判断でこれまた別の、しかも新製品を購入です。

あーあ、もう一回やってもうた。

ということで二人で一日中電話をいじってました。「TVが見れるだって、あ辞書もあるよ、音楽聴けるらしいから入れといてね!。。。。。。」

今、文章を書きながら自分の携帯がそういえばちょっと割れているのに気づきました。でも。。。まあ、動くうちは使いますかね。トホホな判断ですが。
[PR]
by gentas | 2007-02-18 00:28 | Electronics

花粉症

毎日4:30に起きる習慣が身についてきたのですが、午後になると多少眠くなるのが困ります。ましてや「打ち合わせ」「会議」というものがたいへん多いのです。

考えてみるとこの数年は会議らしい会議も少なく、せいぜい週に数回でしたが、今は一日に数回あります。特に3時間ぐらい聞きっぱなしのシステム会議がつらい。先日も涙目でした。じっと眠気をこらえていたようです。

昨日の日曜日はなんだかボーとして涙ばかりがでています。なんだか眼が腫れて少し熱もあるようです。睡眠不足で眠たいのかなあ、と思っていたら家人から「何いってんの。この様子は花粉症じゃないの」。あ、もう春ですね。しかも花粉がでそうな高尾山系に近くの職場です。さっそくクラリチンを飲みました。しかし遅すぎたのか、ちっとも改善しませんなあ。

嫌な季節が始まったようです。
[PR]
by gentas | 2007-02-12 06:33 | Town Walking

資格について

とにかくいろいろな資格が世の中にはあります。大まかにいって日本では国が認定する資格が中心、そして米国では団体が認定する資格がほとんどです。そして、実際にはグローバル化という流れに沿って米国資格に注目が集まっています。

この米国流の資格の制度変更が頻繁にあるため、非常に関心をもち迅速な対応を行う日本での教育機関がそのあおりを受けています。最近ではCPA取得で先進的だったANJOインターナショナルが倒産してしまいました。突然に運営方針や試験内容が変更されてしまうため、基礎的勉強に注意せず、むしろ傾向対策が得意な日本人にとってはたいへんです

英語のテキストがあるからできそうですが、CIAやCPAなどの膨大な受験に関する書籍を読むと、たどたどしく読める程度の英語力では難しいようです。その点では、米国の資格試験は社会人よりも大学生の方が受験しやすいでしょう。なにせ、経験を聞かれる部分はあっても基礎的な知識や判断根拠を問われるのが大半だから、これらの本をスピーディに読みこなす方がはるかに合格率はあがります。

ところで資格を取得しても本人に役立つかどうかは別です。ふぐ調理師免許をもつことは銀行員には意味ありません。介護資格しかないトラック運転手はありえません。日本では独占業務を持たせることが第一義的らしく、従って宅建などは取得しやすく、かつ一番お金が稼げる資格といわれています(不動産鑑定士は社会的地位が高い、たいへん取得困難な資格、と言われていますが、実際には独立も困難な使い勝手の悪い資格のようです)

さて、最近転勤させられた私は、何故かいろいろな仕事先に出向くことが増えました。打ち合わせも多く、非常に疲労します。そして初めて逢う方ばかりなので名刺を渡します。そしてそれが切れたのでついでに技術士もいれておこうとしたら、総務部長兼重役が問い合わせに来ました。「技術士って資格は国のものですか?そうでなければだめですよ」と。おいおい。この会社はシステム開発も独自でやっている会社だぞ。技術士も知らないのかい?不動産鑑定士とまでいかなくとも文部科学省のいう「科学技術の最高資格」のはずではなかったのでしょうか。この人は旧大蔵省にもいた、仕事好きのバリバリのエリートです(しかもかつての私の部下です)。さっそくINETで確認し、「あ、国家資格なんですね。でも必要ありますか?」えー!委託先にいったり、コンサルと議論し、会計士と丁々発止と渡り歩くのに、監査部長じゃだめで必要に決まってるじゃないの。。。。

ここで技術士について説明すると、情けないことに日本技術士会HPでも記載されていますが「技術者として最高ランクの資格。しかし、弁護士より数は少し多いのに知名度は低い。しかも独占的業務(例えばコンサルタントは技術士をもたなければできない)などはない」と書かれています。一説には工学博士号よりは取得がむづかしく、合格率は低いそうです。確かに社会人を経て大学教授になる人には技術士が多いかもしれませんが必要条件ではなく十分条件なのでしょう。

そうです。東大法学部卒の彼にとっては、短大生がよく取得するカラーコーディネータ資格や中学生でも取得する無線技術士と技術士は同列なんですね。トホホです。

もうこんなところはさっさと退場したほうがいいかもしれないなあ、と思いました。
[PR]
by gentas | 2007-02-10 23:47 | Certification