Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2GBのSDカード

(子供のような話題です。オトナの方は無視して下さい)
SDカード、買っちゃいました。すでにコモディティ化しているとはいえ、2GBを奮発しました。

デジカメでも512MBしか入れていないのに不便はありません。最新型のデジカメでは10Mピクセルとかいいますが、画像の保存形式なのか保存する時は1ファイル=10Mではなく、だいたい5MBぐらいと思います。我が家のものは5Mピクセルなので、だいたい写真一枚2.5MBぐらいだろう。だから、1回100くらい撮っても、512MBで十分余力あると考えていました。長く出張や旅行するときはむしろバッテリーが心配です。実際バッテリーはいくつか購入しました。もっと撮るならば、なーにSDカードを買い増しすればいいのです。

ではなぜ2GBを買ったか。これは外出するときにデータ保存用にDVDやCDを持ち歩くのですが、意外とDVDなどを焼く装置がない、焼くのに時間がかかる、ことに気づいたからです

さて、肝心のSDカードですがいくらだと思います?なんと、2GB=4,200円(国産ノーブランド。お店では「白箱」と呼んでいました)でした。いやあ、安くなりましたね。どうやら8GBの製品もあるようですが、やはりコモディティ化したのでしょうね。はじめて買った128MBのSDカードは1万円ぐらいしたような気がします。そしてフラッシュメモリーとして初めて購入したCFカードは16MBでやはり1万円ぐらいだったようです。ということは、単純にいえば1/200となったんですねえ!(写真は純正品:1GB)
a0020434_025251.jpg
[PR]
by gentas | 2006-11-28 00:25 | Electronics

監査用語

高校時代の英語教師のひとりにOさんという人がいました。今思うと大学講師を辞めてから来たようで、忌憚ない表現をすれば「今にも死にそうなヨボヨボじいさん」という印象でした。発音もなんだかわからず、古臭い英文法や学習方法を言ったりして、ご本人はどう思っていたかどうかわかりませんが、はっきりと学生達のいいアイドルであり教師という畏怖を感じないまま終わりました。

たいへん自由闊達な学生時代だったせいかAFS(アメリカンフィールドサービス)試験も合格でき、留学予定だったのですが、Oさんのせい、というわけではなく家庭の理由で立ち消えになったのは残念でした(一緒に合格したO君はその後ミシガンに行き、大学を経て日本銀行にいったそうです)。

ところでOさんは授業中、多いに脱線しながrも時々厳しいことをいいます。今思えば壮年期に戦争を経験し、勉強をしたくともできなかった時代です。はめをはずした高校生がいれば、多少は感情的にもなるでしょう。

そんなOさんの指導なので目だった学業上の成果はわかりませんが、ひとつ覚えていることがあります。それは「辞書の買い方」です。「お前は和英の辞書をどうやって選んだ」「ハイ。先輩たちの評判や書評誌の選者のコメントを参考にしました」「フン、そうか。でもな本当の選び方ではない。本当の選び方は『いろいろな辞書を買う』ことだ。辞書によって説明もちがってくる。そうやってひとつひとつの意味を理解していくことだ。英英もいい。たくさんの辞書を買いなさい」

金融やシステムの世界では少し現場と距離を置くと、とたんに意味のわからない表現が増えてきます。最近必要としている、金融・監査・システム関連用語については同書が結構役立っています。あとはしょうがないのでISACA(米国公認システム監査人協会)IIA(米国内部監査人協会)や日本のIPA他のサイトが役立っています。
英和 会計・税務/監査/ビジネスロー用語辞典
杉浦 理介 / 清文社
ISBN : 4433255939
スコア選択:
[PR]
by gentas | 2006-11-26 21:02 | Certification

「債権回収最前線」

Excite エキサイト : 社会ニュース

タイトルはやはり「際物」系のごとくに写ります。
債権回収最前線
中川 剛毅 / 中央公論新社
ISBN : 4120037584
スコア選択:
さて、RCCという単語はだいたいの社会人は知っている、と理解しています。しかしながら、その社会的評価は様々だということも知っています。破綻金融機関などの職員ばかりいて、ちっとも成果がでていない、いや、所詮は国の出先のくせにとんでもない厳しい回収をしていてけしからん、いやいや、もう住専債権もなくなったはずなのだから解散してしまえ、などなど実に様々な評価があります。

タイトルが気になっていたので読んでみましたが、本書は読売新聞を退職してRCCの広報担当者として転任してきた記者出身の方の著作でした。悪く言えば、提灯記事です。よくいえば、RCCの成果の一部を丁寧に紹介しています。

多少はRCCと関係を持ったこともあり、内情も少しは理解している私としては、あまりに厳しいマスコミ攻撃ばかりを受けてきたRCCにとっては、もう少し早く本書のような回収の明るい側面を公にしてほしかったなあ、と思います。

格付け:「B」(債務者と協力して、返済計画づくりを協同して、双方の意を汲んだ債権債務の解消が実行されたものも多いはずです。今は落ち着いているでしょうが回収業務に携わる多くの金融機関の方や債務者の方には一読をすすめます)。

→公務員の居座り、債権回収なんて想定外すぎますね。ここはひとつ内部監査を実施してうみを出し切ってはどうでしょう。ただし、民間企業のレベルだと影響が大きすぎるでしょうが、ある程度はしっかりやってはどうでしょうか。なんなら私がやりましょうか?
[PR]
by gentas | 2006-11-26 00:55 | Recommendation

ナビゲーションシステム

「おじさんの納骨にいくんだけど道がわからないから運転してくれない」と、私の予定が詰まったある日の依頼を受けました。しかしこちらの予定ははずせません。すでに当日の予定を2つキャンセルしたくらいです。そこで本人の運転の役立ちそうなナビを購入することにしました。

だいたい新製品は周回遅れでしか購入しないし、ましてや年間千キロも走らない、つまりはクルマを所有することにあまり意味のない私ですので、ナビシステムなんぞを購入する気持ちはいままでさらさらなかったのです。

一方、世の中は地デジブームです。当然車載するのであれば、周回遅れを挽回する(言い換えれば、単なる見栄ぼうですが)意味でも地デジナビを購入しよう、と考えてはいました。しかし、先日某社の現物をみると、地デジではなくワンセグナビでした。a0020434_033140.jpg携帯電話で見る分には感動的ですが9インチ画面で見るとボケボケでした。うーむ、これで20万円を使うのはパッとしないなあ。(※追伸:どうやら展示してあるものだけかもしれないことに気づきました。新聞の某社広告では12セグとあります。ひょっとしたら環境に応じてセグメントが変わるのかなあ?)

そんなことを考えながら某PCショップにUSBケーブルを買いに寄ると、今ならバイク用ナビの特売だということです。バイク用ナビ?なんじゃそりゃ?
なんとそれは以前から気になっていたPocketPCでした。

図書館用PCとして以前PERSONAa0020434_0332167.jpgというWindowsCE機を購入したことがあります。実際には画面が粗くて、キーボードは小さく実用的レベルではなかったですので、予定していた原稿作成などはやったことは極わずかでした。携帯型PCとしては、これらのPDAには今でも興味の持っています。そして、このバイク用ナビというのは発売したばかりのPocketPCにGPS機能を付加しゼンリンの地図を装着したものでした。「一日考えたらどうですか?」という店員さんの暖かい声を聞いて、喫茶店で本を読んでいましたが、コーヒーを飲んでいるうちに、なんども検討するようなものでもなく、どうやらPDICソフトも動くし、本体1GBにSD2GB可能というし、最悪の場合は電子辞書にしてしまえ!とまたまた物欲全開で購入しました。

同居人からは、小さすぎる、使いつらい、普通の奴と違うと早速厳しい意見(文化的対立?)がありますが、形は小さくてもバイクで実用的レベルのGPSです。問題ないはずだあ(説明書によれば、高速での右折時には多少うるさいくらい『次右です、次右です』という傾向があるようです)、と主張し操作開始です。

ようやく我が家も平均的なレベルに近づきつつあるような気が、多少はしてきました。(なんせまだ8mmビデオを持っています!からね)
a0020434_034287.jpg

[PR]
by gentas | 2006-11-26 00:40 | Electronics

業務連絡

Nさん、私サックスやろうかな、と思います。次回、下取りの相談させて下さい。a0020434_0433160.jpg
[PR]
by gentas | 2006-11-24 23:15 | News
経済アナリストとか経済評論家という肩書きをえて、経済担当のシンクタンク社員から脱却したMさんを有名にした、

年収300万円時代

という、わかりやすいキーワードには数年前、当時のマスコミは皆飛びつきました。何故かといえば、年金設計といい将来所得や人生設計の上で、そんな明確なバー(基準)を国やマスコミも想定していなかった、しかもそんなに低いレベルではまったく想定していなかったからだと思います。天下りを慣例化して、俺をだれだと思っている、処遇を変えるなんてとんでもない、と右肩上がりにしか想定していない世界を揶揄していても、民間だって大手は子会社の幹部に移ることを想定しています。年収300万円時代でも元気に生き抜くやりくり家計術
森永 卓郎 / 主婦と生活社
ISBN : 4391618559
スコア選択:

しかし、彼のいう300万円という基準を設定すると、いろいろな現実が見えてきます;クルマも買えない、持家なんてとんでもない、子供は無理、結婚はだめだろう。。。。思考パターンが縮小して自滅するブラックホール状になってしまいます。ましてや当時から引き続き真剣に議論されているのは少子高齢化ぐらいですから、余計滅入ってしまいますね

ところで、最近次のようなコメントを聞いて、ふとこの数年で年収300万円の意味はだいぶ変わったいることに気付きました。つまり;

1)「夫婦で年金でぎりぎり300万円は厳しいなあ」というリタイヤされた自営業の方の嘆き
2)「共働きでようやく300万円になって余裕ができたけど、子供が2人いるから少し貯金もしたいよなあ」という若い夫婦の希望

おかしいでしょう?老人2人でカロリー摂取だって少ないし、携帯電話や海外旅行しているわけでもなし。一方、若い夫婦はどんどん成長する子供を抱えて消費が多くなっているのに燭光が見えている。

テーマアップだけですが、どれぐらいが必要かどれぐらいが限界かという検討は個人でも多いに差があり、一律に議論したり前例で考えたりしてはだめだなあ、と再認識しました。

某所では「企業年金含めて月45万円ぐらいあるから、ボランティアで少し知人の仕事を手伝って稼いでいるんだ」と自慢して第二の人生を歩んでいる方がいましたが、彼が働くことで若年層の雇用機会が減少する、やる気をなくすという発想はその方にないのでしょう。まるで我儘ということをいいたいわけではありません。きっと人生経験も豊富で優秀な人なのでしょう。しかし敢えていえば、「若手を指導して一人前にすることが引退までの仕事」という方も見なくなったような気がします。職人の世界にはまだありそうですが、それでいいのでしょうか。
[PR]
by gentas | 2006-11-24 23:14 | Internal Audit
あれれ!性格を反映しているんでしょうか?PCIバスを空けて入れ替えした、MonsterTVの続報です。昨日初めて動かしました。IEPGを連動させている、ということなのでINETをつなげたまま見ました。すると、

1.画像が予想外に悪い(はっきりいってGYAO以下です。これだったらGYAOだけでいいかもしれません。ADSLですから大したことはありませんがスペック上は50.5MBPSのはずです。Nさんから頂戴したDisplayも快調なままです)
2.予約が面倒(そのままです)
3.画像ファイルが大きい(30分の番組で800MB。標準だそうです。しかも画像が粗い)
4.何故か、早送り保存されている(ナゾです。おかしいと思ったんです。30分番組なのに18分、って表示されているんです。ということは30%圧縮ですか?)
5.リモコンが動かない(発売したばかりの製品で電池も新品です。原因わかったら捨てましょうかね)
6.PCIバスがなくなった(ムムム、2つあったと思っていたのに1つしか空いていないのです。無線LANもUSB2.0もSCSIもパー、ってことですかね)a0020434_1423451.jpg

人名も崖っぷちのワンコも大事でしょうが、H/Wの延命措置もなかなか判断も対応も難しいものです。皆さん、注意しましょうね!

a0020434_14274737.jpgPS.CANONのレーザープリンタを新しいDYNABOOKにつなげようとしたらケーブルがあいません。ドヒャー!セントロニクスってなに?という時代なんでしょうか。よく見るとIEEEらしく穴が空いていますがUSBがありません。。。。IEEE1394を買ってこなくちゃあねえ
[PR]
by gentas | 2006-11-24 14:22 | Electronics

東京市場の下落基調

団塊世代の一斉退社による、行き先を失った資金(退職金)が一挙に株式市場になだれ込んでくる

そういうシナリオは数年前から誠しやかに常識化し、従って2006年下期からは上昇基調だ、という機運が投資初心者に共通しているものと思われます。それなのに年末に向けて底固めをめざすはずなのに最近の軟調は何故なのでしょう?

業界紙などによると、どうもファンドオブファンドなどの大量売りによるものです。それらの多くの決算期が年末12月なのでその数ヶ月前から決算に向けた利益確定のため売り浴びせられているもののようです。

しかしそれだけでしょうか?

もうひとつの動きは中小株から大型株への乗り代わり、のようです。日本のGNPが海外輸出などによる上昇であり、実際には内需があいかわらず盛り上がって来ていないため、将来の不安から中小株が嫌気されているのです。

でも退職金の流入はやむをえない動きです。政治的には諸外国に比して安定している日本の株式市場が評価されているのは不変です。そうなると疑問なのは「いつ頃が買いか」ですねa0020434_052935.jpg
[PR]
by gentas | 2006-11-22 01:19 | Internal Audit

キャプチャーボード

キャプチャーボードを購入しました。寝室に置いていたTVの色合い調整がおかしくなり、廃棄してしまい、寝る時ぐらいしか見なかったTVはますます見なくなりました。実は私は

TVっ子

です。受験のころもひたすらTVをみていました。子供のころはTVしか娯楽がなかったせいかもしれません。それなのに最近は休みの日に見るくらいです。従って、持っていないので携帯電話や自動車ナビの地デジ、というものに非常に関心があります(正直にいえばほしいです)。今日の新聞には電辞にも地デジがつく、ということです。ムム、先立つものがなくとも物欲が騒ぎます。

話を戻すといらなくなったDellのPCにキャプチャーボード(MonsterTV)をつけてキッチンに置いて、そこに置いてあるTVを寝室に移動させたいのです。

え?そんな面倒なことやらずにTV買ったらって?正論です!

しかし、デジタルハイビジョン放送用にTVやHDDVDを買おうと考えている私としては、やはり

これ以上廃棄物を増やすのは心苦しいのです。できればもう少し使って壊れてくれれば大きなTVを購入のきっかけになるかなあ、と願っています。
a0020434_015879.jpg
[PR]
by gentas | 2006-11-22 01:03 | Book Worm

The Art of Deception

不勉強ばかりがバレてしまいますが、ケビン・ミトニックの「欺術」も今ごろになって読みました。何故かといえば、来年から本格実施のJSOX法に関して、システム業界を中心に少しバブル気味に話題が沸騰しているからです。いやおうなく、毎日の業務では人材もエネルギーも費やされています。

畏友であるNさんは私のメルクマールのような存在です。でも、立派な?チューネンである私はこの数年自問自答ばかりしていてなかなかその不安がNさんと違うのです。つまり、「こんな仕事でこの給与はおかしい。ということは、稼いでいないと言われれば、『はい、サヨナラ』と言われてしまう。でも儲かる仕事を発見しても組織的には自分でタッチできない⇒すなわち、自分で稼ぐきっかけを見つけていかねばならぬ」というテーマです。

従って今のJSOX対応の仕事もなんだかんだ言われてもCostcenter業務ですが、業務に邁進しながらも次を模索している、毎日なのです。

最近会った仲間はある出版社の編集長を終え、編集委員という肩書きでした。私の理解では、次を探すまでの肩書き(大学に戻ったり、新しい業務や子会社にいったりする)と理解しています。

さて、話を戻すとミトニックは伝説的なハッカーで連邦警察に逮捕され禁固5年の刑、3年間の監視を終え、今はセキュリティ関連の企業経営者になっています。このところがアメリカの合理的な文化なのでしょうが、今やセキュリティの伝道師です。元大和の井口さんはどうなのでしょう?NYKに10年、BKKほかに5年間働いた銀行員に聞くと、「レベルがまったく違う。面白いというが私は『告白』を読む気がしない。俺達はバンカーだけどあいつは何もしらないクラーク(事務員)だぜ。あんなのを雇った大和がバカなだけだよ」と感想をいっていました。激しい表現ですが、それは本を通して伝わる内容でもだいたい想像つきますね。
欺術(ぎじゅつ)―史上最強のハッカーが明かす禁断の技法
ケビン・ミトニック ウィリアム・サイモン 岩谷 宏 / ソフトバンククリエイティブ
ISBN : 479732158X
スコア選択:
[PR]
by gentas | 2006-11-18 23:31 | Internal Audit