Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

<   2006年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

BASELⅡ

どうやらJSOX法のせい(いやおかげ)で組織の人材の流動化が激しいようです。異動で戻ってきた本社管理部門には優秀な人材が多いのですがどうやら「個性的」という理由であまり愉快と思っていない先輩たちが多くいます。だいたいが海外部門で活躍され部門縮小などの影響でホサれた方が多いようですが、帰ってみると50代の1/3が流出したようです。(もっとも会社全体でも毎年新卒・中途採用300人しても総数が増えない(つまり300人辞めている)のですが。。。)a0020434_21132893.jpg

いきさきはやはりサムライ業(つまりは資格を用いた独立)ではなく会社組織への転出です。新生銀行など新規参入会社、JPMなど外資系金融機関、その他は松下電工などメーカーとバラバラです。

すばらしいのは決して会社が用意した舟(行き先)ではなく、自分で探したり呼ばれたりした会社だということです。

うーむ。第二(私にとっては第三?)の人生のはじまりでしょうか?もっとも会社だけが選択肢かは難しいところですが。

50代が見えてきた自分を含めて、いろいろな意味で立派な中年であることを再認識しました。
[PR]
by gentas | 2006-10-06 00:22 | News

CIA

しまった!異動のごたごたで失念していました。CIAの受験応募は9/30まででした。次回は5月だそうです。BISⅡのスタートで受験予定の人や組織は相当焦って受験するようです。
a0020434_21143032.jpg
[PR]
by gentas | 2006-10-02 23:02 | Certification

法律の口語文

学生時代にラテン語と法律、経済だけは授業をとっておけばよかった、と社会人になってからずっと悔やんでいます。

ラテン語なんてまず必要はないですがフランス語、イタリア語、ポルトガル語などにせっする機会があったり、あるいは好きな教会巡り(結構変わった趣味かもしれません)の度に接するラテン語を見る度に劣等感を覚えます。

経済学も、なんだか当たり前のことにしか聞こえない、ことを難しいカタカナ語や変な翻訳された日本語で説明されるとチンプンカンプンです。

法律用語はあのカタカナがダメです。あーもう駄目。思い出すだけでだめ。なんだか荘重だけどパッと思考に入らない表現はまるで聖書のようで何だか騙されている、ような気にもなります。
更にあの法律、政令、省令、条例、但し書き。。。一体この重畳的とも思える構造を誰が考えたのか。。。

しかし、ある業界誌を読んでいたら東大の神田秀樹先生が信託業法などの説明の間に次のようなことをおっしゃってました;「法律の口語化は必要だったので長い時間をかけてほぼできあがりました。しかしながら、その文章は専門家の私が読んでもすっきりと理解できない部分があります。。。一度読んだだけでは『どっちとも取れる』表現がいくつかあります。これらは省令で具体的に内容を表現されることになります」やっぱりそうなんだ。

a0020434_21162564.jpgすでに新会社法などでは平易な表現のために、大きく変わった部分を理解するのに悩む部分があります。

学生の皆さん、特に理科系といわれている分野の方、芸術系文科系の方々、若い時にはちょっとこれらの学科に寄り道することをすすめます
[PR]
by gentas | 2006-10-01 23:19 | Town Walking