Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

<   2006年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

更新頻度の少なさはもちろん、I内容の不出来、文章の稚拙さ。。。とお寄りいただいた方々には問題だらけだったとは思いますが、2,000アクセス超えました。

読んでいただいた方ありがとうございました。これからもよろしく!
a0020434_0573622.jpg

[PR]
by gentas | 2006-09-30 00:57 | News

ねこぶくろ

CBA※のため一日池袋の立教大学にいました。もう年相応にしなさい、という声も多いのですがいい勉強です。

帰りにめったにブラつけない池袋ハンズにいきました。皮革製品を見に行ったのですが、どうやらここは製品販売が主体のようで探し物はありませんでした。

しかし

なんだこりゃ!「ねこぶくろ」って。先日二子玉川にいき、「いぬたま」はわかったのですが池袋にもこんなものがあるんだとは、Tさん知ってましたか?a0020434_11402115.jpg



入場料600円を払って中に入るとネコがたくさーーんいるらしく、触って遊べるらしいんですが、中の様子が全くわかりません。その外にはネコ関係のグッズが売っていました。こちらも気になるところですが、なんだかお客さんはアベックかOL風の人が多いです。

うー。一瞬悩んだ末に入場は飽きらめました。だってオッチャン一人がそんなところをウロウロしているのはどうみたって「不気味」でしょう(私もたまには他人の目を気にします)


ネットで探すと、台場のデックス東京の1階にもあるようです(因みに、このビルは事業コンペで私も参画した企業チームで入賞したものです。すっかり経営からも離れたので最近はご無沙汰ですが)

a0020434_2192388.jpg
[PR]
by gentas | 2006-09-24 21:09 | News

司法試験

新制度の司法試験合格発表がありました。合格者1,000人合格率48%!と大盤振る舞いでした。

私の記憶では一流大学出身者で合格率は2~3%程度、悪いところで0.03%というのを見た記憶がありますが48%という数字だけ見れば同じ試験とは思えません

しかも昨年最多の合格者をだしたW大がない?あれ?また試験に近い先生をそろえたところとの差かと思いましたがどうやら2年制の卒業生が今回の対象で、W大は19人だかと極端に少なく、それで合格者が12人とか読んだ気がします(ということはW大法科大学院の合格率63%!これはこれでびっくり)

調べてみると、全国に22千人の弁護士がいますから今年だけで約4.5%分の新しい弁護士だ生まれたことになります。あと数年すると3,000人/年の新しい弁護士が生まれてくるようですから、その待遇や仕事内容、報酬も大きく変貌するものと言われています。今後は1級建築士よりも多くの弁護士が生まれてきます。※因みに、今年の1級建築士の学科合格率は10%でした。過去と比較すると「非常に難しい試験」になりました。なんせ昔はカンイングが横行していて、しかも席が連番だったので構造に強い人、計画に強い人と大学同期が一同に受験するとアーラ不思議合格したようです。

最難関試験として有名ですが、司法試験に受かったからバラ色の人生、高収入が決まるかというとそうでもありません。
仕事でおつきあいさせていただきますがはっきりいえば「ピンからキリ」の状態です。率直な言い方をすれば、できの悪い弁護士は予想以上に多いようです。理由?はっきりいえば不勉強です。得意分野を研究することもなく、「とにかく和解にしましょう」と民事を弁護士同士の話し合いで決着しようとしがちです。日本独特の習慣なのかもしれませんね。
国家賠償請求訴訟も負けっぱなしです(あ、これは理由が違いますね)

東京に半数近くの弁護士が集まっているところを見ても、意外と収入的にも地方には魅力がないかもしれませんね。これからの新弁護士の方は競争の時代が待っている、と思いますが果してユーザの希望を受け止めていただけるようになるのでしょうか?

個人的には「レインメーカー」のようなタフで正義感に燃えた専門家の登場を願っています。

いずれにせよ、新しく試験合格された方、おめでとうございます!今後の活躍を期待します。

レインメーカー
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000657R8C
スコア選択:
[PR]
by gentas | 2006-09-23 22:29 | Certification

「美しい国へ」とは?

。。。。なんだか怪しいオーラがでていたのでまだ読んでいません。話題も聞こえてこないところを見ると文章の主張は弱く「ゴーストライターが書いた」のか「底本をもとにゴーストライターが書いた」のでしょうか?日中問題、総裁選などなど少なくとも最近はこのような本を構想したり書いている時間はなかったでしょうし、以前から主義主張があれば、とっくに書き物で表現されているはずですからね

あ、結局ゴーストライターなんでしょうかね?※別に、口述でもそうでなくとも誰も咎めない、と思います。週刊誌情報によれば某トレンディ女優が半生記を出版社に持ち込んだけど、口述が前提で文章もなく話題性も期待できなかったので断われたと報じていました。そりゃ、そうでしょうね。(この方は口述=本を書く、ことだと思っていたようです)

やや過激な言い方をするタレントの方が「小松まさおの本の法がはるかにおもしろかった」とラジオで主張していましたが、残念そちらも読んでいません。ましてやタレント本と政治家の著した本を同列に評価するのは、あまり適当ではなさそうです。更に、謎が深まりました。

どなたか読まれた方ご教示下さい。
美しい国へ
安倍 晋三 / 文藝春秋
ISBN : 4166605240
スコア選択:
[PR]
by gentas | 2006-09-22 20:55 | Book Worm
買い物をするとポイントが貯まる、というポイント制度に対しては「てやんでえ、べらぼうめ!こちとらそんなちまちましたことなんかやってられっか」という鯔背(いなせ)な兄いか「わーい、こんなに給ったわあ」というしっかりもののお姉さま風か、といわれると私はハーフです。

家人とでかけるときは多少見栄は張っていても、なんせ職場はビックカメラの前ですから、最近の家電はだいたいビックカメラで買うことに自然となりしっかりポイントが貯まります(インタネット時代は当日の販売価格の比較が簡単にできます。そしてこのポイント交換比率を考えると量販店でも結構安いんだなあ、これが→完全におばちゃんですね)。ついでといってはなんですが、池袋の大勝軒の系列という銀座の同店のポイントも自然と貯まります。ガソリン、カード決済、エクセルシオールカフェ、デパート、スーパー。。。考えてみると、私は日増しにお姉さま(というかおばちゃん)の傾向が強まっているようです。

しかし、販売店と顧客に有利なこの制度にも諸刃の刃である部分があります。UAだったかのエイアラインが経営破綻した時には一番キャッシュが必要になった時に、自分のマイレージが無効になることを恐れたユーザーが一斉にマイレージを使おうとして、予約は一杯になったもののキャッシュが入らず破綻への転落の時間が縮まった、とも聞きます。(因みにNWは永久ポイント制ですがまだ使えるんでしたっけ??)
野村総研の試算ではポイントやマイレージの昨年の国内発行額は4,500億円に達した、そうです。企業にとってみれば隠れた債務に等しい存在ですが、それにしても大きな存在です。

デビットカードやプリペードカード、デジキャッシュなど様々な擬似貨幣が使用され始めていますが、マイレージやポイントなどは気軽で新しい擬似貨幣であることには間違いないでしょう。※ビットワレットについては、SUICAとEdyが競っていたところにセブンイレブンを初めいろいろなカードがでてきました。しかしこれから複合読み取り機がようやくでるようです。
私は最初から多様に展開してきたEdyをなるべく使うようにしていましたが、実際に店舗にいくと毎回「ここはつかえるのかな?」と考えるのは正直不便だったので朗報です。a0020434_20375933.jpg

a0020434_20381929.jpgコミュニティ通貨などは一時期地域振興に最も効果のある新しいキャッシュだ、と喧伝されていました。しかし、それに群がって成果を横取りするような某省の役人などの輩も横行すしていました。また、地域金融機関への対応や政府系金融機関の熱の過大ないれようで、そもそも私は懐疑的でした。

しかしながら、マイルやポイントというものが非常に安全で安価で効果的なツールであることに気付くと、このコミュニティ通貨も大きく変化しそうな気がします。※コミュニティ通貨を偽造するケースがあって驚きました。でもそれだけ「脇が甘い」ためですからいい経験だったのかもしれません。コミュニティ金融と地域通貨―我が国の地域の状況とオーストラリアにおける地域再生の事例
佐藤 俊幸 / 新評論
ISBN : 4794806612
スコア選択:

なお、最近興味あるポイントカード、ようするにおすすめな制度は、
餃子の王将のポイントカード、です。毎年毎年2万円分ポイントを貯めると、5%引きのカードを貰えるというものです。でも果してこれはお徳なのでしょうか??
TSUTAYAカード。なんだかいろいろなお店で「このカードがあればポイントが貯まります」という表示を見ました。今月号のForsightによれば、三菱東京UFJ銀行グループとTSUTAYAカードは提携し、三菱~はJALと提携し、などと数珠つなぎになっていると書いてありました。こつこつと貯める人にはいいかもしれません。

※なんだか庶民的な話題ばかりで私の育ちがわかっちゃいますね、へへへa0020434_20164131.jpg
[PR]
by gentas | 2006-09-22 20:18 | Internal Audit
自信にあふれたタイトルです。この本は信託業界のリーダーである同社の鑑定士などの専門家社内有志によってまとめられたものです。すでに土地信託では「信託の法務と実務」という専門家の原典といえる本を出版している同社ですから当然期待されます。
信託の法務と実務
三菱信託銀行信託研究会 / 金融財政事情研究会
ISBN : 4322104185
スコア選択:
結論からいえば、不動産証券化協会などの証券化専門講習会などの動きを様子見ている程度の初学者用にまとめられたものといっていいと思います。
図解 不動産証券化のすべて
三菱UFJ信託銀行不動産コンサルティング部 / 東洋経済新報社
ISBN : 4492092463
スコア選択:

まず初めに読まれることをすすめます。
[PR]
by gentas | 2006-09-19 22:39 | Recommendation

蕎麦

年令と共に食物に関する嗜好も変化することを感じます。子供をみていると、親が食事を与え、一緒に食事するので親の影響も多いにあるとは思いますが、やはり人間の成長とともに「個性」が現れ、受け付けなくなるものもあるようです。ところで子供の好きな食べ物の代表に麺類がありますが、スパゲッティやうどん、ラーメンは好きでも蕎麦は苦手のようです。

2007年問題といわれる団塊の世代の一斉退社(リタイヤ)にあわせてか、最近は蕎麦のお店が増えているような気がします。試しに街を歩いても意外なところに「本格派十割蕎麦」などを標榜する店も出店し、本屋をのぞいてみると、あるわあるわ「蕎麦の作り方」から「蕎麦店の経営・マーケティング」までいろいろな本もあります。不動産屋さんに聞くと、やはり小規模店舗を開店する方があるようですが蕎麦屋とは限らないようです。また、蕎麦を作って食べる、ことで会合をしグループを形成している人たちも多いようです。

私自身はやはり40才あたりまでは、うどん派だったような気がします。それを超えてからは、何故か蕎麦を食するようになり、蕎麦屋でひとに会ったりと機会も増えました。独りで食べにいってから更に機会が拡がっていったような気がします。ただし、「通が好む」という冷やしそば(汁と蕎麦が一緒に盛られたもの)は苦手です。蒸篭のようなものでないとどうも蕎麦という感じがしません。a0020434_23251538.jpg

ただし、元来ビンボー症な私は「えっこれっぽっちが一人前で、こんなに高いの?」と名店といわれる暖簾には今ひとつ共感が持てません。神保町のMとかYとか何故人気なのか。少なくとも個人的に誘うような場所ではありません。しかし新宿のW茅場町のTなんかの名店は好きです。立地もいいので時々友人と行きます。

また好きなのは更科系の白くて細い麺です。十割蕎麦の良さを知らないな、と時々通ぶられますが「大きなお世話です」。黒くてボサボサした太い蕎麦を汁にちょんとつけてズルズルとすする人がいますが「勝手にどうぞ」と距離を置いています。

八重洲と虎ノ門に店のあるTはなんと蕎麦玉を注文したときに冷麺の機械みたいなのに入れてギューと押し出し、サッと湯でる「三たて」です。正確にいえば、蕎麦を切ってはいませんが、切れているので?私は好きです。ここではダッタン蕎麦という貴重な蕎麦をよく食べます(蕎麦の実をお湯に入れお茶として飲むのも結構いけます)。夕刻会社に戻るときや、あるいは昼時に時々いきます。

最近は海苔もネギも入れずに汁とワサビで蕎麦ばかりを食べているというエッセイストの林望氏によれば、江戸を代表する食で物である蕎麦も、意外にも製法を記述した古い資料は少ないそうです。17世紀頃の書物にようやく蕎麦の作り方が書かれているそうです。そして、書かれているのは重湯をつなぎにした十割の蕎麦で、暖かくして食べ、汁は濃厚な味噌味で薬味に大根おろし、からし、わさび、あさつき、山椒、梅などを用いたものです。なんだか、現在の冷たくしたせいろ蕎麦が当たり前、と思っているのとは相当イメージが違います。そういえば、私は時代劇ドラマで一人で天秤棒を担いでくる夜泣き蕎麦がでてくるシーンで、火に非常に神経質な江戸でサッとお湯を通して暖かいかけ蕎麦を売っているのを見て不思議だったのですが、あの時代考証は正しいのでしょうか??味噌味の温蕎麦もなんだか合いませんがa0020434_232708.jpg

ちなみに、我が家のそうめんは胡麻と大葉を大量に使った味噌ベースのタレが当たり前で、ネギや梅などを薬味にしますのでなんとなく近いなあ、と関心しました(ミキサーでこの味噌タレを大量に作り始めると夏が来たなあ、といつも思います)。

ところで蕎麦というと、夏目漱石の小説を初めて読んだ中学生のころをすぐに思い出します。あれは「坊っちゃん」だったでしょうか、主人公が深夜遅くまで本を読んでいて空腹だったので蕎麦かきを婆やに作ってもらって食べるシーンで「これはなんという食べ物だろう?うまいのだろうか?」と不思議に思ったことを覚えています(まさか蕎麦粉を練っただけのものとは思いもよらなかったですね)。

ああ、なんだか蕎麦が食べたくなったなあ。明日は茅場町駅のTでもいってみましょうかね!
[PR]
by gentas | 2006-09-18 23:31 | Recommendation

MP3プレイヤー

いろいろなMP3を購入してみました。ネが「ビンボー症」なせいか、いろいろな理由をその都度勝手に決めて購入しました。

最初は「もういろいろなものが販売され、値ごろ感もあるだろう」とアキハバラで買い求めました。格安製品でSD256MBの標準設定でしたが、1週間で飽きました。表示部分が小さいのと階層化(ディレクトリー)できないのでなんだかたくさんのファイルがあると検索ができなかったのと、電池使用だったからです。しょっちゅう交換したような気がします。
a0020434_22295697.jpgそういうことを古くからの友人Nさんと話していたら、最新型を購入され不要になったということでIpodを譲っていただきました。a0020434_2243178.jpg早速電源やら備品を購入して使ってみました。初めてPCを買ってから25年たつ我が家には古いPCばかりがごろごろしていますがiTunesにはXPか2Kが必要だ、というのでOSを新しくしました。そしてPCも交換しました(こうやって追加費用が増殖することをアスキーではトホホ現象というようですね。実にうまい表現です)。iTunesはよくできていました。しかし、やはりかなり使用感に個人差があり、また出張するときにはいろいろな資料をもっていく私には筐体も結構大きく、せっかくいただいたものを壊すわけにはいかない、と思い、残念ながら持ち歩くことがあまりなく現実にはPCの脇に鎮座してMP3ファイルのHDとして丁寧に利用させてもらっています(Nさん、いつもありがとうございます)

次にラジオ番組を録音する必要があったので、つい三省堂でTalkmasterⅡa0020434_22352674.jpgというのを購入しました。正直にいってニッチ製品の代表みたいな存在です。システムには先進性があるようには思えませんが何故か独占状態で比較されない製品です。しかも、いろいろなBugがあるようです。私の場合は「タイマー設定がなぜか知らないうちに度々リセットされ機能していない」あるいは「アンテナをつなげてもノイズがひどい」など根本的な問題でややこしい機械です。ましてや、競合製品がないせいか結構高いのに筐体はまるでおもちゃのような安っぽさで、「持ち歩くのに気後れ」します(なんだかんだ言われても、Ipodが人気あるのはブランドとその洒落た造りなのでしょうね)。ましてロック機能がないのでカバンに入れて持ち歩くのにはやや抵抗があります。

そして、この会社の案内では「携帯」用にBemasterがあるということなので追加購入しました。最大512MB、バッテリー式、(モノクロだけど)詳細液晶、階層化も可能ということです。
a0020434_0421249.jpg

私は同社にクレームしているわけではありません。結論からいえば、このBemasterが活躍しています。1週間に1回内容を変える程度にして持ち歩き、仕事の合間、通勤途上などいろいろな内容を聞いています。お気に入りのPodcastや昼間放送番組や音楽などなんでもいきます。落語も円生をはじめ結構入ります。1週間くらいの出張なら大活躍です。設計が古いのかSD512MBまでしか入りませんが「現実的には十分過ぎる容量」です。

そして予想外でしたが、もっとも役立つのが「録音機能」です。いろいろな会議をこれで録音しても結構音を拾ってくれます。バッテリーは心配ですがおかげでPCにはたくさんの会議録を溜めています。10人くらいの会議などは最適です。MP3ですから録音時の作動音も発生せず、小さいから消しゴム程度の存在感であちこちに持ち歩きます。確かにIpodNanoのようなおしゃれ度は限りなくゼロですが実用中心に評価しますa0020434_1174971.jpg先日は品川インターシティホールの大空間で90分ほど音を拾いました。ビットレートを最低の32Kにしてもはっきりと会話がわかりますが、念のため64KBPSで録音しました。ファイルサイズは90分で20MB程度でした。家に帰って聞いてみると臨場感もあり使用には十分です(これで会議での居眠りの時も大丈夫?)。※同社に希望するとしたら軽くて小さな充電器です。あれでは出張には持っていけない重さ/大きさです。感じとしては検索を頻繁にしたり録音すると消耗が早いようです。

MP3プレーヤーに欠点があるとしたら、1杯やった帰りの電車でバロック室内楽などを聞いてはだめ、ということでしょうか。何度か気持ちよくぐっすりと寝入ってしまい、遠くの方まで連れていかれたことがあります。テレマンなんかは「最低」です(最高にリラックスするという意味です)。すでにタクシー代で同じものがいくつか、ipodも数台買えたかもしれません(トホホ)。テレマン:室内楽作品集
ヨーロッパ・バロック・ソロイスツ テレマン / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B000BU6P58
スコア選択:

くれぐれも皆さん!用途にあわせて使用し、乱用誤用には用心し「もっているから使っちゃ」といったダラダラ使用には注意して下さい。
[PR]
by gentas | 2006-09-17 00:50 | Electronics

デジカメの時代

写真は子供の頃からの趣味といえるのかもしれません。撮るのも趣味や機会が異なり、まして時間やお金などかかりますから結構手間のかかる、家人には相当嫌がられた趣味だったのかもしれません。
今思うとほとんどおもちゃのようでしたが、はじめてブローニー版のフジペットカメラを親に買って貰ったときは一枚一枚惜しみつつシャッターを押していたような気がします。a0020434_11141512.jpg
いろいろなカメラを買ったり貰ったりしています。多分いままで20台は買ったのではないでしょうか。変わったところでは、やはりブローニー版のカメラです。学生になって登山にブローニー版の重いマミヤプレスカメラを担いでいって、しかも6×9センチだから1本で8枚撮りの写真を撮ったときも興奮しました。確か中古のカメラだったと思います。本当は大きな建築模型写真を撮るためにアオリ機能がついているカメラが必要だったのでこれを買いました。今思うとお金がなかった頃の話ですから、どうやっていったカメラを購入したりしたのかはよく覚えていませんが。a0020434_11164878.jpg

2年ほど前に知人のA女史の写真展に立ち寄り、写真展っていいものだなあと思いました。学生時代には写真雑誌に投稿したりして入選金を貰ったりしたことはありますが写真展なんかは考えもつきませんでした。そこで、旧知のラケットボール仲間であるNさんに「二人展」をやりましょう、と提案しました。お互いサラリーマンですからテーマを決め、溜め撮りし2年後くらいでやりましょう、とウサギ?と一緒においしいお酒をいただきながら話をはずませました。しかしながら、Nさんはその後バイオリンやサックスにのめり込み、私もすっかり写真を撮るような生活ではなくなりウヤムヤになっています。

さらに、デジカメの定着です。

CDが現れた時と非常に似ているような気がします。つまり、「あんなものは驚異でもなんでもない。LP音の幅の広さや豊かな音の膨らみがCDなんかにないだろう。。。」といって相手にしなかったころ、驕りや偏見で「驚異」に思わなかったことと妙に印象がだぶります。デジカメも「精彩な再現は銀板フィルムと違い圧倒的に発現力が違う。まして画素を細かくしていけばデータを増えすぎるからコストが高くつき、そしてデータ転送に時間がかかるだろうから実用性なんかない。。。。」といった発言が多数ありましたが、今やフィルムはまったく売れず、DPEはどんどん閉鎖されカメラメーカーも次々と姿を消していっています。
カメラなんか興味なくても携帯電話で写すのは当たり前になっています。(それにしてもTV越しに見ていても、芸能人が現れると携帯電話を取り出して写真を写すのはなんだか異常な光景です。有名人に出会って、そこらへんの広告の裏側にサインを求めるのに似ているような気がします。あるいは飲食店に掲げられている油でベトベトになったサインにも似ているような感じがします)

もはや、カメラといったらデジカメです。我が家にも携帯電話以外のデジカメが6台になりました。↓Nさん、買いましたか?何だか欲しいですねえa0020434_21463069.jpg
[PR]
by gentas | 2006-09-16 21:46 | Recommendation

新会社法

エンタープライズリスクについてはあずさ監査法人の資料が比較的アメリカ直輸入型かと思っていましたが、この本もよくまとめられ初学者にわかりやすくできていると関心しました
図解 ひとめでわかる内部統制
仁木 一彦 久保 惠一 / 東洋経済新報社
ISBN : 4492092498
スコア選択:
[PR]
by gentas | 2006-09-16 12:33 | Internal Audit