Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

<   2006年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧

金融学科

東大に金融学科開設
のニュースが飛び込んできました。しかも、「さすが東大。工学部に開設か」と思いきや、あれれ、経済学部ですと?経済学部自体が、ノンポリの象徴みたいな存在なので、いまさら何を経済学部でといぶかしく思います。

早稲田のファイナンス学科などの新興勢力に対抗するためなら、新部開設か再統合なのにわざわざ経済学部にするという意味はなんなのでしょう?
詳細が気になりますね。
[PR]
by gentas | 2006-07-28 23:44 | Internal Audit

建築士の再試験制度

なんだか残念です。「君、僕は建築家なんだよ」という大学出のおにいちゃんも大勢いる世界で、これだけ職能を見せつけよう、という国のありがたいチャンスに、日本建築士会連合会の反論趣旨は「医師や弁護士が再試験などないのに何故建築家だけやるんだ」と横並び論争をしかけ、自分たちが法曹や医療と同じ土俵にいることを前提に説明したのにがっかりです。

「僕たちは創造的なことをやっているんだから、残念ながら進歩にあわせて試験していくのになじまない」とか、もっと違う説明はなかったのでしょうか?

あるいは、少子高齢化を上回るスピードで、公共の新規工事高は減少し、ピークに比し半減することがわかっているのだから、新しい職能を勝ち取ってもよかったのではないでしょうか?

医師が近々余剰となる、報道に関して少しコメントしたらお医者さんたちからものすごい反論が来ました。多くは「待遇がよくないのにこんな報道をするとは国の策略だ」とか「もっと苦しい仕事をしていることを理解してほしい」、「これではアメリカ型の医療になり、弱者が医療サービスを得られない」などというものです。しかし、どなたからも「なるほど国のいうことはもっともだ。少なくなっているパイを取り合うことになるので、医師はこうして、保険制度はああしたほうがいい」という意見は皆無でした。なるほど、クリントン夫人が来日した際にも、日本の医療保険制度が素晴らしいとはおっしゃいましたが、単純に比較できることなのでしょうか?公的年金生活者が、更に介護保険や医療保険を徴収されて、どれほどの手元資金が残っているかわかりますか?まじめでおとなしい老人たら搾取している、という認識はあるのでしょうか。

ぜひ、建築士制度についても広い見識の中で、戦略的な論理展開をしていただきたいと願います。
[PR]
by gentas | 2006-07-25 00:33 | Certification
子供の剣道の試合があるというので、一緒に行けないので撮ってもらうために、どうしてもデジカメが必要になり、ひさしぶりに買いました。ええ、家族用にかわいらしい、使いやすいものを探しました。なんとかいう女性歌手が宣伝している奴です。

500万画素、テブレ防止、軽量、ライカレンズ、2.5インチ画面

a0020434_21471353.jpg
もう十分な機能です。メーカーはこれでもか!とモデルチェンジをしていますが、いらないものはいらないのです。普段はIXYの500万画素を持ち歩いていたのですが、重いので段々と仕事用はカメラに付属のもので十分と判断し、持ち歩かなくなったら、家のどこにしまったかわからなくなった、のが購入した理由です。

しかし、家族からは、色がよくない。ピンクがよかった、と散々に不評です。。。厳しいものです、モノを購入するときは注意しましょう!

PS.その後、ピンクのケースを買って、多少は許してもらいました。むむ、これでは男性としては借り難くなりますね。というか、借りませんね。a0020434_039275.jpg
[PR]
by gentas | 2006-07-23 21:51 | Electronics

白旗史郎

あいもかわらず図書館に行きました。なんかざわついていたので写真でもみようとしたら、かの白旗史郎さんの「山岳写真の撮り方」という本を見つけました。

今までの経験ではこの手の本は精神論とか経験論でだいたい落胆することが多いのですが、読んでみて写真家というものを再認識しました。まず始めは歴史的な変遷を述べ、次にアマ写真家への忠告、そして機材などの説明が実にこと細かにかかれています。膨大な機材や手入れ、準備の説明に呆然としている間に、各ページの随所に「これでもか」というように絶対アマチュアが撮影できそうにない素晴らしい写真をなにげなく挿入し、特にコメントもありません。はっきりいえば「圧倒的なプロとアマの違い」を認識させられました

格付け:「」(古い本ですが、もちろん、帰りに本屋で探して買ってきました(そう考えると、図書館は本の営業場所でもあるわけですから、何かビジネスチャンスもありそうですね)。仕事以外で読んだ本で、最近最も感銘した本かと思います。え?単純すぎる?いいじゃないですか。)

P.S.まったく忘れていましたが、日銀の福井総裁が就任されるときの記者会見で、「どっかでみたことある人だなあ。白髪でエリート然とした紳士のような雰囲気だけどなんかちがうなあ」と思っていた疑問が氷解しました。白旗史郎さんと福井さんは瓜二つです。もうびっくり。どこかで見たことあると思ったのは気高い山岳写真家とかぶっていたのですね。ぜひ総裁にも、気高さをもっていただき大所高所から態度をとっていただきたいものです(注:「大所高所」という単語自体、「少し旬をはずしたけど、以前偉かったらしいからつきやってやるよ」という場合によく用いられますね)
白籏史朗の山岳写真撮影テクニック
白籏 史朗 / 山と溪谷社
ISBN : 4635740048
スコア選択:
[PR]
by gentas | 2006-07-17 10:05 | Recommendation

出生率

今の職場は役所からも出向(役所の言葉ではいったん退職してくることで民間の出向というものと少し意味は違うようです)してくる方がいるので、妙な「顔見世」会合が定期的に異動時期にあります。まるで中学生の頃を思い出すように「趣味は○です。家族は△です。仕事は□をやってきました」と自己紹介するのですが、最初はなんだか「子供会」みたいで、こそばゆい感じでしたが一挙に皆さんの顔もわかるので、いまでは結構いい慣習だなあ、と関心しています。

でも半数は既知の方ですし、いい会議とは思っていてもやることもなくそわそわとし始め、暇つぶしに自己申告する子供も数を数え出世率を計算しました。独身がひとり、子供のいない世帯が1つありましたが、大半は結婚し子供のいるごく普通の家庭です。お子さんは4人から1人まででやはり1人が多いですが、単純平均子数は1.7人/世帯と日本の1.25(平成16年)に比べるとかなり優秀でした。

日本の少子化ばかり報道されますが、先進国では少子高齢化は共通の問題です。中でも突出しているのは韓国、日本、イタリアでそれぞれ実情はちがいますので一緒に単純に議論することは難しいようです。

日本での大きな問題は「この数年間で出産可能世代が子供を産まなければ、二度と子供を増やすことはできない」という点ですが、役所の施策や手当ても相変わらず、「検討中」とかいって後回しです。従って、少子高齢化を止めることはできず、あとは対応策や外国からの流入についての議論になるし、今まで無視してきた年金問題や住宅余剰、なによりも経済の停滞が一挙に現実化していくことになります
a0020434_9221879.jpg
[PR]
by gentas | 2006-07-17 09:26 | News

近為

中元シーズンも過ぎようとしているのでしょうが、所要あり中元に悩んでました。
特に、高齢者におくるのは気が重くなります。下手な冗談もできず、経験的には「なんだこんなもん」という意見をされる割合は多くなります。(若い人もあまりかわりないかな)。

私のたいしたことのない育ちが分かってしまいますが、子供の頃は「重くて、大きければいいんだよ」という大人が周囲にいましたが、それはどうも某地方のしかもあまり配慮のない習慣だと大人になってきづきました。(我が家には創立時のメンバーということで出資している設計事務所から配当代わりに中元がきますが、何故かビールです。うーっむ。私がビールをあまり飲まないことを理解していませんねえ。しかも「重くて、大きい」。あれ、この人も同じ地方の商家なのでしょうか?いつの間にかNさんは大学教授になっていそがしいとは思いますが)

そこで今回はぼんやりと「京都の漬物」と定め、同僚が薦める「近為」にしよう、と思ってました。実際、人形町に支店があることはしっていますし、味も多少はわかっています。今日、用事があり人形町に寄り、買おうとして店員に聞きました。「水茄子はありません。あれ、は大阪です。今日のおすすめは水菜と瓜です」。試食しました。あれ?意外と味がしつこくないか?以前のレポートで調理料の摂取量を知ってしまい気になります。そういえば、京都=自然食とは誰も思っていませんね。それに、ひょっとすると漬物なんか送りやがって、あいつは早く死ねと思っているんじゃないか、などとひねた考えしそうな心配も起きてきます。小さいながらも社長をやってきて、いきなり閉じてしまいましたから「皆んなは俺を頼りにしている。時間あったらつき合ってやるから飯を食べにいってやる」と思っている人ですから気遣いします。
近くの「酒悦」にも行きました。ここは子供の頃「重い、でかい」瓶詰め中元として、何故かやたらといただいたなじみがあります。しかも東京が本社です。あれアレ?試食すると予想したより安っぽくない。しかも何故か水茄子もある。ううむ。

片や、期待してがっかりし、一方は望外においしかった。。。結局、鰊とか魚の粕漬けにすることだけ決めて今日の発送は止めました。(写真は、大阪の夏しか食べれない水茄子。おいしんですよ)a0020434_22255071.jpg
[PR]
by gentas | 2006-07-16 22:26 | Recommendation

証券化資格

国土交通省が証券化資格を創設するようです。なるほど。国家資格にして、食い扶持を増やそうとしているのでしょうか。内容的には「公認」として証券化協会などでやればいいのに(あ、そうか協会がすでに食い扶持なのですね)

また、証券化を標榜することで所有と運営を分離すれば、以後の開発や震災にも対応できるかもしれませんね。
[PR]
by gentas | 2006-07-16 07:45 | Certification

普通金利は0.2%へ

ゼロ金利解除を受けて、普通預金金利が一斉にあがりました。新聞によると、金融政策会合決定前に先行してあげたのは城南信金だけで0.1%。他メガバンクは決定を受け、0.1%、住友信託は気が狂ったのか0.2%。今まで、0.001%だったものが200倍になった、と各社書いていますが、これは同社広報の表現とおりなのでしょう。

それにしても、25ベーシス上がって0.25%なのにどうして大半が0.1%なのでしょう?需要は力なく続かないと見ているのでしょうか。住友信託は他社からみれば倍ですから、民需を相当強く見たのでしょうが、過去の横並び体質を考えれば金利決定をした調査部などは大バカ者として左遷されるか、資金誘導に貢献したとして大評価されるかのいずれかなのでしょう。

さて、一方郵便貯金の通常預金金利は0.005%で、今までは民間銀行の5倍です。(しかも名寄せもいい加減で借名、仮名預金がわんさかといまだにあります。地方の信用組合や信用金庫、第二地銀でも大半は名寄せをしていませんがメガバンクはだいたい終わっているはずです。)従って、①通常預金金利が5倍もあった、②口座作成やかんりがズサン、③各種の公的な援助を受けていたための優遇があった、なので、いままでは競争力があり、相当の資金が集中していたようです。

しかしながら、郵貯民営化ですのでこれからは預金保険の適用となり、近々は①大規模な日銀、金融庁、預金保険機構、国税庁などの考査、監査、検査があり、民間金融機関並にチェックされる、②資金の出所が違うため金利が上げられない、③預金保険料が金利から控除され金利が大幅に下がる、④郵便の集配車は駐車違反の対象外だったがこれも除外されるなど民間並に費用発生が増大する、などの理由で、大量の資金流出が予想されます。現在、システム上の制約で郵貯への振込みもできず不便をきたしていますが、大きなプラス要素がなければ簡保以外は疲弊・毀損していくものと思われます。

金融機関の破綻はいままでに180社ありましたが、今は危険な時期は終わったと金融庁は判断しているようです。つまり平常化しています。しかし、「金融機能」としての様々な変化はむしろこれからが本番といえます。電子マネー、口座管理の認証化(生体認証など)様々な問題が疑問されており、新しくできる郵貯銀行がどのような影響を受けるのか、あるいは他の金融機関が影響を受けるのか、解決されていない中小金融機関(組合、金庫)の効率化は図られるのか??

むしろこれからが金融改革の本番かもしれません。
[PR]
by gentas | 2006-07-15 08:21 | News

20:00現在、銀座31度!

いやあ、暑かったですね。今日はあちこちと出歩きましたが、たいへんな汗でした。そして会社の歓迎会が夕刻ありましたが、なんと20:00現在銀座の気温は31度でした。

これはやなりクーラーがいります。ないと本も読めませんね。ところでクーラー商戦も公務員のボーナス以降ピークを迎え、工事は1週間待ち(有楽町ビックカメラ)のようです。
[PR]
by gentas | 2006-07-14 22:42 | News

携帯電話

留守番電話(アイホン:遠隔操作で伝言チェック)→PHS(ASTEL:仕事ではまったく使わず)→PHS(NTT:家族の病気のため緊急連絡用)→携帯電話(KDDI:何故か今は仕事で必須)と無線を除けば通信手段も様変わりしニーズも変化しています。

すでに携帯電話だけでも3台目ですが主として電池が使えなくなる、ことが買い換えの理由です。(某知人は自分の転勤にあわせて新規に買い換えるといってました。すなわち前の職場からの電話を避ける目的だそうです、なるほど)パンフレットの説明によれば、1年ぐらいで買い換えろ、とあります。

子供は、緊急性のないのにファッションらしく、去年買い換えても「あーこれいいよね」と飽くなき欲望です(理解を超えています)。芸能人のコマーシャルがあれば、わくわくするようです。a0020434_042449.jpg

電話をする機能は全然かわっていませんが、これらの進歩とはなんでしょう?要りもしないMP3再生機能とかナビ機能とかTVとかなて何が役立つのでしょうか?それよりもマウスにも使える、とか肩凝りをほぐすバイブレータ機能、とかアンテナをのばすと耳かきになるとかお箸がでてくる、とか一歩はじけた機能もほしいですね。しかも今日聞いたお店の説明では「機能が増え、電池の寿命はどんどん短くなっていて、半年から1年だと思ってほしい」だということです!
[PR]
by gentas | 2006-07-14 00:01 | Electronics