Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

<   2006年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧

おお、定時制高校!

おめでとう!!
trackbackですが、まずはお母様の定時制高校卒業おめでとうございます。

実はさきほど都立高校の入学についてINETでみていたら、「定時制高校の授業料は30,000円」と書いてあってびっくりしました。少子高齢化の更なる進展やかつての常識をはるかにしのぐ高学歴社会の到来に際して、考えてみるといろいろなことができないか、と思いコメントをアップします。(あくまで、教育問題について浅学な私の思いつきなので「ふざけんな!定時制高校の現実に何も知らないくせに」と憤りを感じる方がいらっしゃったら誤解ないように私の認識についてのご理解をまずお願いします。決して、「わかったふりして能書きたれる」わけではなく。「こういう風な考え方はできないか」という小さな、素朴すぎるほど素朴なアイデアでしかありません。

1.校舎・教師の有効利用
なんといっても定時制が開かれる場所があるならば、これからの高齢化社会で高校レベル以上などの受講生、そして教師共々豊富な需要があるはずです。定時制高校開催場所は逆に本来の目的を阻害してしまいますが、それだったら他の校舎は使えないのでしょうか?校舎をまちの中の盲点にしないためにも、コミュニティの知的発信の場あるいは生涯教育の場として有効利用の検討は必要ではないでしょうか?楽観的過ぎるかもしれませんが、そうすれば小学校児童などとの交流や逆に監視もゆきとどくことになりませんか?ひょっとして障害とされるのは、まさか組合だとか、教育委員会の範疇(つまりは権利関係)とかいう「なわばり意識、保守的姿勢」じゃないでしょうね

2.授業料の柔軟な運営
安い、安すぎます。受講される方の経済的な理由である、とするなら当然公的援助があるんでしょうね。しかし、昼間の授業とは違い柔軟なカリキュラムであれば、内容を見直し、例えば定時制高校生と一緒に学ぶ単科コースなどを充実し、リタイアした人には正規の料金を負担してもらい、逆に夜学生には極端に破格な低料金でやるというのはどうでしょう。
あるいは正規料金を負担する単科生を入れて、教師の待遇を上げ、内容を充実をはかるというのはどうでしょう。
実際、大学のオープンカレッジのにぎわいはすごいものです。毎回カリキュラムを変えすぎて不満もあると聞いていますが定時制という環境でできないものでしょうか?

3.社会との接点の必要性
大学でも社会との接点構築を急いでいます。売り手市場のときが前提でしたが最近は変貌しています。確かに現実は昼間働いている方がたいはんとは聞いています。しかし、今日のニュースで80歳で大学を卒業した女性がいたようです

私事でいえば、都内の公立中学校を卒業した際、同期の2人が中学を卒業後すぐに働きはじめました。卒業まで全く知らなかった私は正直に「すごく2人を尊敬」しました。
なぜなら、確かに受験勉強はしんどかったですが、自分のことだけを考えていたので「世の中にでて働く」ということを想像だにしていなかったノンポリだったからです。本人は決して何かをめざして進学しなかったわけではないかもしれませんが、素直に一歩先に社会に飛び立つ彼らに拍手していたのはまぎれもない事実であります。

その1人は勉強の嫌いな男の子でしたが、それ以上に家族が病気で働き手がなかったから自然とそうなったと聞きました。もう1人はごく普通の女の子と思っていたのですが、知的障害があるらしいと聞きました。本当のことかどうかはわかりません。2人とも皆んなが受験勉強しているときの心境を考えると思わず頭が下がります。私だったらグレていたでしょうね
しかし卒業式の時に知って、大人なんだなあ、と、たいへん感動したのを今でも覚えています

その他、何人かが受験に失敗し、2次募集を受けたとか、野球・サッカーで入学したとか、遠い学校にいったとかいましたが、すべてが親がかり先生を頼ってであり、彼ら2人の行動には到底かなわないと思いました。

本人だけが「自分はたいへん優秀なので国立大付属に行く。まあ落ちたら名門都立にいく」と宣言していた子がいましたが、彼はすべての受験に失敗し、結局は都立の定時制にいったらしいと聞きましたが、私個人としてはこのようなケースを含め、定時制高校の活用を考えていくべきかと思います。
[PR]
by gentas | 2006-03-23 23:55 | Research

肥後守

ロビンソンのサバイバルナイフ
「三丁目の夕日」にもあったような気がしますが子供の頃はナイフを当然持っていました。肥後守もありました。映画やマンガで思い出して肥後の守を探すと、なんだか妙に立派です。INETで1,365円となっていました。そんなにしたのかなあ。いくらぐらいだったかわかりませんがプラスチック製にカミソリがついたものが安く売っていましたが、これは「安かろう悪かろう」でよく指や手を切って不評でした。私が持っていたのは、こんなきれいなものではありませんでした。きっと兄のお下がりだったのではないか、と今思い当たります。
a0020434_23204196.jpg

登山では時々刃物が必要となります。ポカラをトレッキングしたときは山賊がでる、と脅かされていたので金物屋で「インチキナイフ(大ナタ)」を購入しました。本当に山賊でてきたら逆に危険ですが、腰からブラつかせていたら誰も寄ってきませんでした

今は五徳というんでしょうか、爪きりだとか一緒になったスイス製の軽くてかわいらしいのをハイキングなどでもっていきますが、ナイフは永遠の男性の憧れではないでしょうか。私も「漠然と欲しい」もののひとつです。ですからこのASの話はすごいですね。

「クロコダイルダンディ」でちんぴらに襲われたダンディが「こりゃなんだい。ナイフっていうのはこれを言うんだ」というシーンがありましたが、刃渡り20cmぐらいのすごいナイフでした。日本国内で持ち歩いていたら、○村一八ばりにすぐ捕まりそうで、実現性はありませんがね。
[PR]
by gentas | 2006-03-22 23:21 | Research

銀座:竹葉亭

友人と待ち合わせて、さっぱりしたものを食べようと竹葉亭に行きました。彼は本当の意味のVIPと行く機会あるため平然としていますが「うなぎだろう?」と不思議に思いながら四丁目の交差点を曲がりました。

偶然にも八重洲竹葉亭は某社に入社するときに連れられていった、「面接会場」でしっかり鰻をいただき、その後に来る非人間的な激務への引導を渡された場所です。つまり私にとっては結界みたいな存在です。つまり、油ぎとぎとのおじさんたちとの葛藤のはじまりです。a0020434_057243.jpg

実際、銀座店に入ると齢60余才と思われるジ^サマたちが何のコースかテーブルの上に鰻の白焼きをはじめとする食材を埋め尽くし、高そうな酒でヘロヘロに酔っ払って、「俺が払うから頼むぞ」となんだか地方中小土建業者か、卸業者間の引き取り(押しきせ合い)を予想されるにぎわいです(あくまで浅学な私の個人的な感想ですので誤解なきよう)。

そこで彼が頼んだのが「鯛茶」です。あーそうだ!丸の内にあった奴か?a0020434_056339.jpgかの篠山紀信さんの好物とかいう奴だ。実際食べると名古屋名物ひつまぶしにも似た味わい、風格がありました。更に、うれしいことに、「ごはんのおかわりもできますよ」と悪魔のささやきです→これから彼が会員であるうさぎちゃんところへ飲みに行こうとしている、米大好きなわれわれにはつらい選択です。隣のジサマたちのテーブル上は食い散らかした後があり、たいはんは残飯となっているます、MOTTAINAI。こころをぐっとこ堪えてお茶をいただき、でてきました
※偶然にも昔某劇団のこけら落とし公演のとき、磯崎新設計の山房を含め写真を撮りたいと思った、当時のカメラ小僧であった私はリバーサルフィルムを持ってせっせと俳優さんや建物を撮っていたんですが、暗闇の中でいつも前に立つ背の低い、頭の毛のもじゃもじゃな人がいて「なんだこいつ邪魔だなあ」と何度目かに頭にきたのでファインダーから目を上げると、アレマ!紀信先生ではありませんか!と異常接近したことがありました。私もプロの目を持っていたんですかね。a0020434_0595718.jpg

格付け:「C+」(自腹でいくときは選択は慎重です。接待で案内するときとは別の緊張感ありますが、堂々と食べましょう。まあ、プライベートで女性といくことは考えにくい場所ですが、たまには会食にいいかもしれません)
[PR]
by gentas | 2006-03-22 01:06 | Recommendation

ううむ

http://hnami.jugem.cc/trackback/213
診断士を取得している都市計画の専門家はずいぶん多いと思いますがずいぶんと壮大なblogを見つけました。
私は残念ながら不勉強(まあ講習会含め100時間程度でしょうか)なのでやはり2次試験で「またコイヤ」といわれましたのでぜひご高配をたまりたいと思います。
[PR]
by gentas | 2006-03-22 00:06 | Research

Assetの組み合え

Excite エキサイト : 経済ニュース

LDのフジTV保有株取得の話は「三方両得」の快打でした。
「「火中の栗を拾う」という表現をする方もありますが、むしろTVでもほぼ同時に報道された保有株売却益との利益相殺、資産の組替えを前提に他の投資と含めた損益通算処理という評価もあるようです。その部分に対するマスコミ報道はあいかわらずなかったようですが真実はどうなのでしょうか?

粉飾決算によって同社の実態はますますもって不可解になり、投資に値する情報を得られるのかおおいに疑問です(今でも周囲の株初心者はLD株買い時ではないか?などと考える方がいるのでびっくりします。こうなると投資ではなく、サイコロの目読みと一緒の「バクチ」としていえませんよね。現在価値も将来価値もわからないんだから)
麻雀放浪記
/ 角川エンタテインメント
ISBN : B00005HXX6
スコア選択:

LD経営層については、INET/IT業界共通か、とでもいいかでに、麻薬の噂はでる、女性問題はでる、粉飾だ、自殺だ、○クザとの関係だ、とネタ切れはありません。週刊誌では触れる話題はあまりにもたくさんあります。
ですがふられていない切り口はひとつだけ;(事実はどうあれ)国籍、人権問題ではないようですね。。。。
だれも書かなかった「部落」
寺園 敦史 / 講談社
ISBN : 4062569299
スコア選択:


格付け:「」(評価しようにもデータなしのため)
[PR]
by gentas | 2006-03-21 22:53 | Research

醒めた大衆意識?

Excite エキサイト : スポーツニュース
今日はWBC決勝戦でした。

しかしながら子供の頃から何故か野球が苦手で「興味」がないのが私です。社会人になったころは、地方に出張するときには、役人や地元の人との話が多かったのでその地方がプロ野球はどこ贔屓か、高校野球はどうなっているかは要チェックでいやでも覚えていましたし、メーカーの人と話をするときも天気と野球は罪ない話でしたので話ていましたが、本人が興味ないので今は全くだめです。

ましてやWBCは松井などの不参加でひとりNTV系列だけが沸いているような気がすると「また○ミウリかあ、△ナベのひとりよがり・老害じゃないの?」と情けない気持ちになっていました。更にイチローの「30年は勝てないと思わせる勝利」などとオーバープレゼンスをしたのでがっかりしました。ビッグマウスはあまり好きになれません。(できないからでしょうか)

私の理解ではオリンピックにせよワールドカップにせよ、これらは「代理戦争」であって、参加することには意義はないし、ヘラヘラすことも、不必要なアピールも意味なしです。
従って、「何をひとり興奮しているのか?あるいは代理戦争に絶対に勝てる『ウラ取引』があるのか?」ましては私のように「確かに素晴らしいスポーツかもしれないけど、たかが野球ではないか」と思うものもたくさんいるはずです。
戦争だったら、勝つための戦略/戦術あるはずですが、全く理解されていません。少なくとも、思いつきのような発言は、例え、それが実現しても文化にはありこそすれ、国民が共有できるかは疑問です。皆がいろいろな価値観で観戦しているのに、一方的に押し付けられるのは困ったものです。

でも、私は文句をいって毛嫌い全く無視しているわけではありません。やはり実際はどうあれ、WBCという看板をつけたからには愛国心が生まれる普通のイッパンピープルです。
韓国戦に2敗するとやはり感心が高まり黙って見過ごすわけにはいきません。やっぱり、はったりだったのかと思うと非常に残念です。イチローという人は非常に冷静沈着な人だと思っていましたし、愛国心も湧きます。そのため、韓国戦で勝って決勝戦に進めたときは同国民として単純にうれしくなりました。うおー、決勝戦だぞう

。。冷静に考えると兵役免除を勝ち取った段階で韓国の勝利は終わったのでないか。これからのMLBに参加していくためにペースダウンしたのではないか、と疑心暗鬼になりました。そして、わくわくして試合を見ると初回で4点!あれ?どうしたの。日本がすごいの?世界のトップのキューバってそんなにもろいの??。。。

そして、その後外出したのですが、やはり野球には興味ないとはいううものの気になり、INETアクセスし、どうやら優勝したらしいことはわかりました。

しかしどうも街中の様子はとても「代理戦争」に勝った、「世界一だぞう、すごいだろう、ばんざい!」という雰囲気はありませんでした。終始落ち着いた雰囲気でした。あらら。。。a0020434_2223468.jpg
※写真はWBCサイトから転載(問題ありましたらご指摘下さい。ただちに削除します。他も同様
まだ、イナバウアーのときの銀座のほうが街中が盛り上がっていました。今年がはじめての開催で、来年からは中南米で開催されるのではないか、という噂も聞こえてきましたが、ひょっとするとまたもや○TVグループなど野球の利権に絡んだ話に大衆が巻き込まれたのでしょうか?
どうも単純に喜んでいいのか、あくまで野球好きなファンの間のごく一部の話題だったのでしょうか?

しかしながら、素直にいえることもあります。王監督以下コーチ、選手の方、本当におめでとうございます。特にピッチャーの玉足が妙に速く見えて、なかなかやるじゃない、ということはよーくわかりました。きっと内容の質はどうあれ、WBCという世界レベルの企画で、しかも野球の本拠地で優勝した経験は今後大きな影響を多方面に広げていくんでしょうね。

上原くん、君いけるんじゃないの?それに他の方も十分MLBにアピールしたんじゃないの。この調子で国内戦もだらけずにやってよね、見ないけど。

私は素直に緊張した試合に夢中になったことはお伝えし、同時に感謝します。
[PR]
by gentas | 2006-03-21 22:26 | Town Walking
以前「マンションを100年もたせる」(オーム社)の著者を囲む勉強会にでたことがあります。私はマンションに住んだことはもちろんあります。
紙と木でできた在来構法の家より、快適であり、エレベータで移動したる複数で住むことにはアコガレもあります。マルセーユのユニテダビタシアンを見たときも、労働者住宅とさせるそれが「日本に比べ立派なこと」にびっくりしました。実家の近くに都営の母子寮というものがあり、今思えば労働者住宅と公営住宅とのちがいをあまり考えない無知による思い込みでした。

しかし仕事で大規模開発や区分所有法の問題点を知し、阪神大震災に遭遇すると、区分建物を購入し住むことがいいのだろうか、と問題点を抱き、マンションを購入し住んだり運用したりした経験がありません。

勉強会で、著者の勢い込んだ発言と法整備も、コモンセンスの概念もないコミュニティ意識の、老害自治会(勘違いかもしれませんが)で、本当に100年持たせていいのか、「どうやって壊すか」という視点でも議論されてもいいのではないかなどなど、といろいろな考えがうかんでばかりいて、著者の意識を十分に理解しなかったことを思い出しました。

マンションを100年もたせる―ストック時代のハウジング
日本マンション学会マンションストック評価研究会 マンション管理センター / オーム社
ISBN : 427410298X
スコア選択:

ましてや最近の建物構造性能の評価(実態把握)の問題もあり、区分建物をうんぬんするまえに検討することがあるのではないかと再認識しました(厳しい言い方をすれば「甘すぎる」と思いました)少し辛口で厳しい言い方ですがあわせて紹介します。

格付け:「C-」(複数の専門家の知恵を含めた冷静な判断が必要である、としてワンノッチ下げました)。
[PR]
by gentas | 2006-03-21 12:53 | Recommendation
たまに寄る居酒屋のカウンターに置いてあった本を読み始めました。こういう貴重な場所で漫然と飲むのも寂しいのでつい本などを読むくせがあります。

少し前はお酒を飲むときはBarなどを探して行きました。しかし大半は分散しており落ち着いた場所も閉店となったり移ったりと減ってきました。最近はやむをえず、寿司屋や蕎麦屋、カウンターバー、居酒屋、屋台などを探していきます。最近発見したのは銀座みゆき通と自由が丘のBarです。蕎麦屋はだいたい名店ならやっていますが、ひとりで行って常連と思われるのはまだ年齢的に早いと思い遠慮しています。でもそれらで本を読む、のはなかなか憚れるので居酒屋とはいえ、読むことができることは(まあ自分の育ちがバレてしまいますが)たいへん嬉しいのです。

さて、そのカウンター前の食器棚の上と思われる書棚の数冊です。
1冊は「山の本」(白山書房)という雑誌です。なんといってもタイトルがシンプルで特集記事は「私の遭難顛末記」!です。すごいです。書いている人は当然帰ってこれた方です。したがって内容は自分の失敗記です。まじめに書いていれば自らの失敗を冷静にまとめ周囲の謗りをかうことになります。ただし、内容は春夏期のもので比較的軽いものでした。さすがに冬山で仲間が何人か死んだ、という思い内容はありませんでしたが、精読させていただきました。失敗とわかってから、かろうじて帰還されるという内容はたいへん参考になりますのでマスター(おやじさん)に頼んでずうずうしくも自宅に借りてきました。
失敗学のすすめ
畑村 洋太郎 / 講談社
ISBN : 4062747596
スコア選択:

もう1冊は「最驚!ガッツ伝説」(光文社)です。この手の芸能人の企画本はまず読みません。それ故にキワモノと思いながらページをめくりましたが抱腹絶倒でした。
ライターの方が親子を取材してまとめたようです。ライターの腕も素晴らしいですがガッツ家の事実もものすごいです。「飼っているネコの名は?ネコ」「歯が痛いので今日休みます、と歯医者に連絡した」などなど。。。イライラしているときに読むとスッキリする、かもしれませんよ。
最驚!ガッツ伝説
ガッツ石松&鈴木佑季 EXCITING編集部 / 光文社
ISBN : 4334974562
スコア選択:

格付け:「C+」(最近家族から名探偵コナンのマンガをもらい、机の脇においています。本を読んで煮詰まったときにこれを読むとすっきりします。ガッツ~も買ってこようかなあ。リラックスの最適!ということでワンノッチ上げます)
[PR]
by gentas | 2006-03-21 11:18 | Recommendation

Podcast

Ipodを知人に譲ってもらってから、ラジオ放送に目覚めました。念のためにいえば、聞くほうですが。
a0020434_1833663.jpg
Podcastラジオが主ですが、最初はライター大の携帯機を別に買ってバンバンCDなんかをMP3にしていたのです。ですがすぐに飽きてきました。なんせだいたいは一度以上聞いたことがあります。

次にしたのが、更にPCをいじったり、専用のラジオ番組をMP3やWAVEファイル化することです。最初はこれも感動的でした。毎日早朝に起きてタイマー録音したものを転送して通勤途上で聞いていました。うんうん、そうだったの。。。。。でもこれも飽きます。なんといっても面倒です。語学勉強や仕事などモチベーション高くなければ、効率化追求の現代社会ではすぐに疲弊します。

結局、Podcast。そしてIpodの登場です。すなわちiTunesです。なお、Ipodは飲み代のかわりに譲り受けただけの理由があって、彼は新しいNanoを購入し代わりにいただいたものが、第三世代とちょい古ですが機能は十分でなんら問題ありません。少し重いので毎日持ち歩いてはいませんが。

はじめてのiPod & iTunes―WindowsXP SP2対応
小原 裕太 / 秀和システム
ISBN : 4798011614
スコア選択:


ところでやはり内容的にはニフ亭のような落語番組やサイエンストークなどの科学対談番組がおもしろいです。また、深夜番組ですが、雑学的な情報しか入ってこないのでどうしても緩くて、出張帰りなどでに利用が出番になりがちです。(飲んだ帰りの電車ですわってIpodなどをするのを薦めません。少なくとも私は気持ち良く聴きすぎて、居眠りしたり、聴き入ったりして、数度電車を乗り過ごし、そのタクシー代はとっくの昔にIpod数台分になっています=とても家人にはいえないヒミツのひとつです)

いずれもバンバン持っていけますのでいいんですが、早送り機能ないので1時間超を最初から聞きなおすのはつらい作業です。

どなたかおすすめの利用法などありました教授下さい。
[PR]
by gentas | 2006-03-20 11:33 | Recommendation

トホホな話題(PC編)

販売開始した春モデルのDynabookを買いました。モバイルとかいうのをやりたくなったからですが、今まで使ってきた機械の弔いが必要かと思い、いい機会なので過去を振り返りたいと思います。a0020434_18121017.jpgどんどん乗り換えないと混乱しますからね。今後、彼らは今後引退・廃棄をよぎなくされます。今まで自宅に買ったり、使ってきたPCたちは以下のとおりです。

DEC Rainbow(DOS 廃棄済 英文ワープロ利用 高かった)
ASCII MSX(DOS 廃棄済 Basicの学習とGameだけ)
EPSON PC286L(DOS 廃棄済:日本初のLaptop 英文ワープロとして活躍
     日本語変換はFD上のDICを利用しており非実用的でした 結構高かった)
NEC PC9801NS(DOS 廃棄済:日本語ワープロとして大活躍)
NEC PC100(DOS 廃棄済 高かった)
NEC PC9821Na9(windows95 廃棄済 音源はいいのでステレオとして使用)
Toshiba DYNABook(DOS 廃棄済 あれなんていいましたっけ、プラズマディスプレイ?)
Apple Powerbook140(Mac初のLaptop 高かった
     モノクロレトロゲームが動くのを最近確認しました。)
Proside 300AB(Win98 廃棄済 PCは自己責任で買いましょうね)
DELL Optplex GS110改(Linux 98SE;システムダウンのため休眠中 中古で購入)
DELL Optplex GX150改(Win2K 私用 中古で購入)
HITACHI Prius20R(家族共通のINET用 ME)
VAIO PCGA F70/BP(家人の仕事用 ME)
HITACHI Persona(図書館用 WinCE 
     画面が粗く、重量バランス悪いため実用性しんどい)
     ※太字は現役、ないしは存在しているもの

私は決してPC専門の仕事をしていることはありません。Gameもほとんどしません。まあわかる人がみれば「たいしたことないわな」とはご理解の通りです。今はかろうじて動いている、だけど不満なレベルの利用(動画など)には使っていない、必要十分なところです。エンドユーザなんてそんなもんです。現在はDELLにHDやらDVDやら、ごたごたついてますが、これらを一斉に付け替えるつもりです。そうしないと、文章や計算をどこまで直したか、どこのしまったか時々わからなくなっているためです。これらにprinter、手間をかけた時間、修理代を足したら。。。。。まあカローラ2台分ぐらいa0020434_23373222.jpgでしょうね(こわくて家人にはいえません)

すくなくともこれからは棄て忘れたPC廃棄を急ぐことと、新しく購入したPC(PenM1.2Ghz;ね、たいしたことないでしょう)の償却を急いで「せっせと働く」ようにしたいと思います。
まさにマータイさんのMOTTAINAI思想!のつもりです。

格付け:「C+」(買ったばかりで何ですが「モバイルって本当に必要なのか」と怯んでいます。「出張中の車中でDVD見ることですよ」と達観した意見もありますが、自分で使わないとコメントできませんからね。一般的な話題ですが、自分をほめてワンノッチあげて+としました)
[PR]
by gentas | 2006-03-19 23:40 | Research