Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

銀座のY

太宰も通ったバー。たしかこの近くに東大で若くしてなくなったYさんのいきつけのバーもありました。なんせバーテンダーの方が60何才かでママがそのお母様!客層もおのずとわかる店です。値段はリーズナブルでしたが、そうカンタンにはいけないですね。最後にいったのは某社会マンガ家の一団がご一緒でした。結論:おそるべきはギンザ
[PR]
by gentas | 2004-10-30 21:15 | Urban Design

出向とは

転職を狙うというのは、まあ、幸せな方なのかもしれません。破産、倒産あるいは早期退職、あるいは「懲戒解雇」などの場合のように選択肢なく「転職せざるをえない」のではなく、将来の不安をもとに活動しているのですから。そうしているうちに、なんと尻がすわっていないのが会社に理解されたのか、いやそうではなく双方に「あいつはいらない」という共通認識ができたのでしょうか、今回「出向」になりました。

「出向」とは何か?これは役所では「転籍を伴う派遣」という理解のようです。民間企業では「籍をおいたまま他の会社で働くこと」で大いに立場が違います。最初の有名な例は「関西空港」です。法外は給料をもらっており、場合によっては役所と出向先とで両方もらっていた人を何人かしってます。しかも迂回出向ですが。後者は一般的です。
今回の「出向」は当然後者なんですが、なぜか「役所」に出向となりました。「さては役所に転職しようとしたのがバレたかな」と思わず思いました。

実は「役所への出向」はこれで2度目ですが、新しい職場はいわゆる「ノンキャリ」が中心の職場で驚くこと、あきれることが多くて、そうカンタンには書ききれません。個人的には「キャリア中心の職場」は知っていたので本当にびっくりなことばかりです。おいおいかいていくことにします。
→ちなみに最初の印象は「これだけ楽なのに、管理職ばかりで、カネがかかってしょうがない。それにしてもあるもんだなあ、『サザエさんの世界』が」ということと、「人が余っているのに、確実に年齢に応じて昇進するんだから、これじゃ、日本の財政が破綻するわけだ」でした。
[PR]
by gentas | 2004-10-23 22:32 | Internal Audit