Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

東京市場の下落基調

団塊世代の一斉退社による、行き先を失った資金(退職金)が一挙に株式市場になだれ込んでくる

そういうシナリオは数年前から誠しやかに常識化し、従って2006年下期からは上昇基調だ、という機運が投資初心者に共通しているものと思われます。それなのに年末に向けて底固めをめざすはずなのに最近の軟調は何故なのでしょう?

業界紙などによると、どうもファンドオブファンドなどの大量売りによるものです。それらの多くの決算期が年末12月なのでその数ヶ月前から決算に向けた利益確定のため売り浴びせられているもののようです。

しかしそれだけでしょうか?

もうひとつの動きは中小株から大型株への乗り代わり、のようです。日本のGNPが海外輸出などによる上昇であり、実際には内需があいかわらず盛り上がって来ていないため、将来の不安から中小株が嫌気されているのです。

でも退職金の流入はやむをえない動きです。政治的には諸外国に比して安定している日本の株式市場が評価されているのは不変です。そうなると疑問なのは「いつ頃が買いか」ですねa0020434_052935.jpg
[PR]
by gentas | 2006-11-22 01:19 | Internal Audit